ワンコに元気な乳酸菌シュシュ

2013年4月14日 (日曜日)

ワンコに元気な乳酸菌「豆乳ヨーグルト」

ワンコに豆乳ヨーグルト!

時代はワンコも食べる時代

牛乳のヨーグルトではダメなのか?

ダメだということではなくて牛乳の質の問題による不自然な飲み物・・

006

牛さんが悪いのではなく、

牛乳ヨーグルトがダメというわけではないのです。

本来は、牛乳は子牛が成長するある一定の時期に飲むだけのもの

人間も母乳はずっと飲まない・・

牛さんが健康的な環境で育っているのであればいいのですが、

密飼い、工場でのオートメーションのように無理やり絞りだす牛乳や、

成長ホルモンや抗生物質投与、飼料に入っている薬物、

過酷な環境下で短命で、ひたすら乳を摂取され続ける

なかには、子供を産んでいない牛さんが牛乳を絞りだすこともあるらしい・・

不自然な不健康な管理下での生産現場での白い液体は、

必ずしも健康に良いとは言えない場合もあるようです。

ただ、牛乳に恩恵を受けてきたことも事実です。

なんたって私は、牛乳が大好きですし、給食だシチュー、アイスクリーム

たくさんの美味しい食べ物となっているのでありがたいです。

少しは、控えた方がいいと言ったところです。

生産する側や、経済や政治と結びつきの強い産業であることに違いは無い。

なので、人間の遺伝子にも近い豆乳

日本人は牛乳の乳糖が上手く消化されないなどもあり

植物性豆乳でヨーグルトを作っています。

でも、これは個人の自由です。

             「豆乳ヨーグルトの作り方」

001

008_2 

カクタハウスのバックスくん&ジロくんは、

簡単にできるヨーグルトメーカーでパクパクです。

飼い主様も、もちろんお召し上がりです。

021

022

なかなか初めは上手くいきませんが・・・

固まるまでトライしてみて下さいね~

お腹の中で乳酸菌が大活躍しますよ! 

乳酸菌を摂取して、乳酸菌の分泌する酵素で細胞を若返り

発酵や酵素は全てのワンコに不足しています。

豆乳ヨーグルトを食べないワンコもいます

フードに混ぜ込んだり、飲み水に乳酸菌を加えたり工夫が必要。

お試しあれ!

005_2

2013年4月11日 (木曜日)

ワンコに元気な乳酸菌シュシュ②

ワンコの健康を守る!

018_2

病気に負けない強いカラダを作る!

免疫力をアップしてワンコの健康管理をする

免疫細胞を活性化し、腸を発酵環境にして皮膚も守る

元気で健康でアトピーのしつこい痒みの無いカラダへ回帰

飼い主のお役目

発酵環境を見直す時に起きるのが病でありアトピーでもあります。

ライフスタイルに合わせた発酵スローライフの実践

発酵は心・体・食の三位一体によるバランスが大事

その1つが「ワンコに元気な乳酸菌シュッシュ」なのです。

003

あくまでも、私の実体験によるもので全てに当てはまる訳ではありません。

ご興味があり、共鳴できる人やワンコへのご案内です。

くれぐれも自己責任での判断でお願い致します。

011

       「ワンコに元気な乳酸菌シュシュのヨモギ効能」

1、ワンコに元気な乳酸菌シュッシュは、私が自家培養をしている。.

.  九州産ヨモギ漬物を使って培養をしているものです。

  昔ながらの野草健康法のひとつで、今でも使われている酵素風呂と

  同様かと思われます。

2、その中でも、ヨモギは昔から皮膚の病や傷や怪我を治してくれていた

  摩訶不思議な野草です。野草は地域によって豊富に存在しますので

  有害物質の検査を済ませていれば大丈夫かと思います。

3、ヨモギは、ハーブの女王と言われ、薬草で万能薬とされています。

  東洋医学では評価が高く効果は絶大とされている野草です。

  キク科の植物で、ひまわり・コスモス・たんぽぽ・ごぼう・レタスなど

4、ヨモギは飲んでよし、付けてよし、塗ってよし、食べてよし、浸してよし、

  嗅いでよし、燃やしてよしとされているのです。

  食物繊維が豊富で整腸作用がある。

5、浄血作用・炎症改善作用・血中コレステロールを低下

  癌細胞やウイルスを阻止・染色体異常を抑える・

  デトックス作用で有害物質・残留農薬・ダイオキシン・放射性物質など

  癌化する活性酸素を抑える。

6、クロロフィル(葉緑素)・食物繊維・ビタミン・ミネラル・カロテン・コリン・

  シオネール・フラポノイド・カリオフィレンなどの成分が血行を良くして、

  毒素を排泄することから病に効果があるといわれています。

7、様々な病気の予防。免疫アップによる改善。

007

 

          「ワンコに元気な乳酸菌シュシュ」

1、ワンコに元気な乳酸菌シュシュのヨモギは、夜が明ける直前に摘みます。

  日の出前の早朝の一時間ほどでの朝摘みとなり、日中にかけてくると

  乳酸菌が減り、光合成細菌が増えていき乳酸菌が少なくなるために

  早朝に摂取しする。あくまでも乳酸菌の培養を目的とする為。

2、ヨモギ葉の乳酸菌が多く棲息するのが、発芽点、成長点と呼ばれる部分で

  上から15センチ位を摘む。

  水洗いをしないで発酵菌群(乳酸菌・酵母菌・光合成細菌など)を洗い流さない。

3、その後に、黒糖(黒蜜)天然塩・にがり・醸造酢(入れなくてもOK)で漬けこむ。

  それで出来たものがヨモギ漬けです。

  そのヨモギ漬けを種菌として培養したのが「ワンコに元気な乳酸菌シュシュ」です。

4、原液の培養済で一週間発酵させると、乳酸菌は酸性値PHが高くなり

  酸味の強い酸っぱい液体となります。

  アトピーの人やワンコが使用する場合は、原液はNGです。

  絶対に希釈しないとかえって悪化すことがありますので、希釈する水加減こそ

  一番重要なことであります。

5、お風呂に入れたりすることで酵素風呂としても最高ですが、アトピーの症状に

  よっても入れすぎると痒みが発生します。敏感で繊細なお肌には使用量を

  自分にあった加減にする工夫が求められます。

  乳酸菌がお風呂に入ると血行がよくなり、湯冷めしにくくなります。

  乳酸菌が皮膚の赤や老廃物を食べてくれて、アトピーなどの繊細なお肌は

  ごしごしと洗ってはいけません。手洗いで十分です。

6、「ワンコに元気な乳酸菌シュッシュ」は10~30倍と希釈されています。

  季節によって発酵加減も違い、発酵は常に変化していて個性豊かです。

7、「ワンコに元気な乳酸菌シュッシュ」は商品ではありません。

  あくまでも個人的に効果があって、自分で培養が出来ない飼い主様に

  おすそ分けしているだけです。

  使用は飼い主様の自己責任で判断していただくので責任は持てないのです。

8、乳酸菌は生き物です。できるだけ新鮮なうちでのご利用が理想です。

  一週間くらいが目途で使いきって下さい。

  希釈されているので乳酸菌が薄まっているので長期保存は避けた方がいいです。

008_3

                               「ご利用方法例」

1、基本は消臭と腸内発酵です。

2、ワンコの飲み水やフードにシュッシュ

3、ワンコの口臭や体臭を軽減にシュッシュ

4、アトピーワンコには、ガーゼや脱脂綿に含んで優しく塗る

  嫌がる様子があれば、希釈(塩素入り水道水はNG)する。

  ワンコが嫌がらない程度の濃度にする。

  一日2回程度で十分です。過剰の利用はかえって肌を痛める。

5、ワンコの衣類や、ゲージ、玩具、食器、マットにシュッシュ

6、部屋干しした洗濯物にシュッシュ(ヨモギ色素に注意下さい)

  白い布やカーペットやシーツや衣類などは色がつく場合があります。

7、ワンコの排泄物に直接シュッシュ(原液に近い方が効果があります)

8、ワンコのお風呂やグルーミング時にシュッシュ

9、お家の観葉植物にシュシュで元気になります。

上記がご利用方法の一部です。

ご興味があればお試しください。

上級編は、自家培養がお勧めです。

手間がかかるな~

そんな人には、販売をしているところもございますのでお考えください。

考えなくても構いませんよ。

013

              「期待できる効果」

1、下痢や便秘のワンコの便が正常に戻っていく整腸作用。

2、便の臭いが軽減する。

3、毛ツヤがよくなる。

4、口臭や体臭が軽減する。

5、整腸作用によって活力が出て元気になる。

6、血流が良くなり筋力もアップする

7、消化や吸収がよくなり疲れにくくなる

8、アトピーやアレルギーの改善にゆっくりと向かう

9、飲んだり、食べたり、薄めて塗ったり、スプレーしたりして

  体中を乳酸菌でカラダを守り、ウイルスや病原菌や癌細胞から守る。

10、食すことで脂肪の燃焼させメタボや肥満や生活習慣病の予防となる。

など期待が出来ます。

個人差はあるにせよ、乳酸菌は素晴らし働きをしてくれる。

あくまでも、個人的な見解です。

  

2013年4月 7日 (日曜日)

ワンコに元気な乳酸菌シュシュ始めに①

ワンコにも乳酸菌!?

今やペットにも不足している乳酸菌

今大注目の酵素も、乳酸菌が分泌します。

新鮮な酵素と乳酸菌で腸内を改善するとアトピーは治っていきます。

すべての病は、腸内の免疫をアップさせることです。

003_2

ようは発酵環境の不足によりワンコも免疫を落としている・・

乳酸菌群は強力な発酵菌の微生物さん達の働きで

お腹も皮膚もお家も、目に見えない私達を悪玉菌から守っている

本来は悪玉菌・善玉菌・日和見菌だとかの位置づけすら自然界にはない・・

人間の都合でつけられた悪者や正義の味方?

菌さんも困惑しているかもしれない・・

日本は気候風土が発酵に適している世界でも類がない

天然酵母菌・日本の国菌の麹菌・乳酸菌・納豆菌・放線菌・酢酸菌

光合成細菌・シアノバクテリア・・・

002

発酵善玉菌が現代では、

悪玉菌(ウエルシュ菌・大腸菌・ブドウ球菌・サルモレラ菌・・)

などとごちゃ混ぜになり殺菌・滅菌・除菌のオンパレード

これでは私達のカラダは守れないし、同じような環境で暮らすワンコ達も一緒。

デタラメな食生活や発酵不足で起きる免疫の低下は深刻

一昔前は、お家で手前味噌・ぬか漬け・漬物類などで自然と発酵されていた

環境下であり、建材の化学物質や水道水の塩素消毒や添加物や不自然な食品

おまけに、漬物まで塩素消毒を強化している時代(大汗)

味噌も加熱殺菌で発酵菌を死滅させた大豆のペーストになっている・・・

行き過ぎた殺菌の保健所の対応に疑問だらけ・・・

一般人の認識不足による誤解

そこで現代日本が注目しているのが有害物質をも駆逐し

NK細胞やマクロファージ細胞を活性化して免疫力をアップする!

腸に届け、癌細胞をパクパクと食べて行ってくれる

病気に負けない!

放射性物質にも負けない!

ウイルスや病原菌にも負けない!

アトピーの症状にも負けない!

ワンコに元気な乳酸菌シュッシュとは?

アトピー改善に必要な重要な柱の一つ

ミラクル乳酸菌

先人の叡智

摩訶不思議な乳酸菌群ワールド

004_2

地球を宇宙の有害光線や物質から守ってくれている微生物さん

感謝をして菌さんと響き合い、共鳴し合い、調和する発酵ライフ

発酵は、心・体・食の三位一体のバランスがとれて発酵環境となり

ワンコも人間も自然界も健康になっていく

これまでの常識や掟の大転換期

菌食の時代

発酵菌でカラダを守る!

お金をかけなくても健康で幸せにワンコやペットとの共生

ゆるゆる発酵スローライフの時代

それがワンコに元気な乳酸菌シュッシュの始まりです。

消臭効果&腸内発酵

人もワンコも健康を取り戻す

自分なりの発酵をお試ししてみてください

効果は絶大!

ただ、微生物さんも生命体です。

響き合わなかったり、調和しなかったりすると腐敗もしくは発酵しません・・

菌さんを愛して接する

021 

ワンコと同じように接してあげて下さいね!

ありがとうございます。

菌曜日

つづく