まるまる元気「発芽玄米シリアル」

2013年4月 4日 (木曜日)

玄米食の注意事項

玄米の素晴らしさ

栄養バランスが優れた完全食とも言われています

しかし、全てではありません。

バランスよく、そのワンコに合った食事法を見つけることです。

010_2

発芽玄米のさらなる栄養価の素晴らしさ

玄米は生きてますが種の状態

発芽させることで生命の活性化で栄養価もアップ

水に2~3日浸漬しておくと発芽します。

玄米の固いヌカ層を突き抜け目が出てくることで

消化もよくなります

消化吸収が出来ないと体内で消化不良となって大腸で停滞

それが毒素となって血液に溶け込み体調不良や病気となるのです。

消化良くするためによく噛むのですが

ワンコは呑み込むだけなので、食べた時点で消化のいい

状態が理想です。

簡単ワンコの手作りごはんでは、ハンドミキサーで粉砕しています

消化よくし、消化酵素の消費を抑え

代謝酵素にしっかりと使われなくては病気となります。

002

玄米信仰!?ではありません・・・

玄米は最高

自然界の中で最もバランスがとれた食品といわれ

一粒完全

生命が宿るエネルギーの高い生きたお米

玄米を蒔けば発芽する命の源

私の勧める発芽玄米シリアル「まるまる元気」

028

無農薬発芽玄米の全粒粉で焙煎された風味豊かな発芽玄米粉

そして、無農薬玄米を柔らかく炊き上げたうえでブレンド配合した

メルシーフード研究所のオリジナル製法

竹炭粉を練り込んだ無添加保存食。

お湯をかけて5分でほぐれて食べやすくなります。

158

歯の悪いワンコや高齢や幼少や胃腸が弱っている時は最適。

その玄米の素晴らしさは誰もが知っている

しかし、一方でよく耳にする言葉が、

「玄米を食べ始めてから具合が悪くなった・・・」

そんなお話を聞くことがあります(汗)

その原因は、現代日本人は固い栄養価の高い糠層を排除し、

柔らかく、もちもち食感に慣れたことや

お肉やハンバーグにしろ柔らかいこそ美味しい!

固い食品を食べなくなった現代日本人の消化能力が落ちた?

そんな気もします・・・

玄米ごはんが健康にいい!

そう信じて始めた玄米食がかえって消化不良を起こし

腸内で不良消化となり栄養価が消化吸収されていないことで

調子が悪い!

それか、胃腸が一生懸命消化吸収しようと頑張ってはいるものの

慣れない固い糠層におおわれた玄米が消化不良を起こす?

よく噛まないも原因

特に子供さんは無理に食べない方がいいかもしれません。

ある程度の年齢から玄米にシフトすることが理想です。

先日も玄米は食べない方がいい!!と言われたのですが

それは、正しい認識がされていないか?、

正しい炊き方が出来ていないか?

夏場などに弱った胃腸に負荷がかかり消化不良を起こしたか?

なんだかの理由があるはずです。

玄米をより体にしっかりと吸収する食し方や炊き方のご案内です。

もちろんワンコはハンドミキサーで撹拌すりつぶして消化吸収良くします。

では、私の個人的な案です

           <玄米の炊き方・食べ方>

その前に、簡単な食べ方例です

①「白米+炒り糠トッピングや小麦ふすま」

094        

 白米に慣れた日本人には、玄米が美味しく感じないし香りや

 味が苦手の人には・・・

 現在食べている もちもち白米ごはんに炒り糠をトッピングする!

 白米だけでは大切なミネラルやビタミンや食物繊維が激減するので

 炒った糠をふりかけにすることで酸化した白米でなく丸ごと栄養に近ずく。

 飼い主が日頃食べているお好みの産地の白米を食べながら、

 ワンコに与える場合は、炒り糠をトッピングする(アトピー改善中)

027_2

093

027

小麦アレルギーがあればNGです。

②「胚芽米のごはん」

 白米が美味しい!でも炒り糠は抵抗があるしパサツクしワンコが食べてくれない?

 そんな場合は、胚芽米ごはんで与えてみる。

 少し雑穀を入れてハンドミキサーで撹拌しすり潰す。

 「五分つき、七分つき」に入り糠をトッピング・・・

③「土鍋で炊く」

 033

045  

 玄米を食すには一番のベストが土鍋で炊くことかも知れません。

 ただ時間がかかるし、面倒くさい・・・なんてこともありますので人それぞれ

 消化不良を起こす原因は土鍋で炊いていない!こともあげられます。

 土鍋の炊き方もお勧めは、ビックリ炊き

 http://benstars.fc2web.com/genmai/

  http://ameblo.jp/sujiya-maiko1234/entry-11401826612.html

 秋田県に伝わる二度炊き

 途中で冷水を加え、ビックリされて時間はかかりますが、

 玄米の固さがなくなり水分が多い分、増量となり経済的でお腹に優しい

 土鍋で炊いてから炊飯器の保温で保管

 私は、この方法で現在は玄米ごはんを食しています。

 びっくり炊きは浸漬させないですが、より消化がよくするには、

 12時間浸漬させると柔らかさがアップ!

 好みはあるでしょうが硬い糠層がほぐれます。

 浸漬させることで、酵素抑制物質の「アブジシン酸」が取り除かれ

 種の毒素が消えるようです。

 発芽モードになり眠りから覚めた状態となるのでお勧めです。

 

④「酵素玄米」または「酵素玄米風ごはん」

 酵素玄米を正確に炊くほ法は手間がかかるし、毎日は辛く続かない・・・

 酵素玄米に近い「酵素玄米風ごはん」を炊く特別な炊飯器も存在

 私は、約2年位はこの方法で簡単に発芽玄米酵素ごはん風でした。

 酵素玄米風のご飯を食べ始めてから冷えがなくなりました。

 電磁波を軽減させているとか・・

ワンコに与えるアトピー改善ごはん!

「まるまる元気プレーン」で簡単に与えてもOK

一方で、家庭の事情やライフスタイルなどや好みによって上記のような

玄米ごはんの食べ方もあります。

ご自分の食生活や経済的なことやライフスタイルにあった食事法を

確立することをお勧めいたします。

もっと素晴らし玄米の食し方もあるはずです。

夏場の食欲の無い時には返って胃腸に負担がかかることもあります

飼い主の適正な判断が必要です

玄米信仰!?

柔軟になることも必要かもしれません。

玄米だけでアトピーがよくなるということではありません。

そのワンコに合ったバランスを見つけ出すことです。

酵素や乳酸菌などは重要です。

洋犬はお米を食べ慣れていないので無理に取る必要はありません。

お米の消化酵素を持ち合わせていない場合もあるし、

米のアレルギーもあれば避けるべきです。

食物負荷試験での検査を受けたりすることで、どの程度量を食せるか

知ることも必要かもしれません。

まるまる~

ゆるゆる~

アトピーがよくなればいいのです。

シンプル

 

2013年3月27日 (水曜日)

女性パティシエ手作り「まるまる元気」作り方 

「まるまる元気プレーン」の作り方公開!

005_5

楽しく作る~

今回は、我がアイドルパテシエによる母性の手作りをご紹介

何故だか?

女性パティシエの手加減がいいようです

不思議と美味しく仕上がるのが手作りの面白くて楽しいのです。

もちろん誰が作ってもGOOD!ですけどね~

004_4

     <発芽玄米シリアル「まるまる元気プレーン」工程>

 1:原材料を準備します。

 ①風味豊かな無農薬発芽玄米全粒粉(焙煎)・・・・・・・・・・・・・・・・・右手前・奥

 ②竹炭粉&ひじき&大麦若葉粉「無農薬玄米を炊いた玄米ごはん」・・左手前

 ③竹炭粉入り「もち米パフ」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・真ん中

 ④天然醸造のお味噌と美味しい水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・左奥

 ⑤酵素玄米粉(ビタミン・ミネラル生きた玄米焙煎粉)ダイエット・ブラウン配合

001

 2:女性パテシィェがこの手で美味しく楽しく作りま~す「まるまる」。

  020

 3:竹炭粉・大麦若葉粉・ひじき&炊いた玄米ごはん(消化吸収にいい)

004

 4:もち米パフにもミネラル宝庫!黒い宝石「竹炭粉」を加えます

005

007_2

 5:発芽玄米全粒粉に溶かした天然醸造の味噌を加えます

009

 6:混ぜ混ぜ~010

 011_2 

 7:全部を混ぜ合わせてコネコネ開始~けっこう大変!でも笑顔

015

013

018

 9:グイグイ麺棒で延ばし 固めの生地でふ~

023

 

10:伸ばせたら均等にカット

027  036

 11:鉄板にきちんと並べます

038      

 12:オーブンでこんがり焼き~

    

040

 そして完成

 素敵な女性パテシエの手作り!

 ワンコも幸せポリポリ・カリカリなのです。

 人向け焼き菓子(小麦粉・卵・牛乳・バター・砂糖は使っていません)

 消化吸収によいオリジナル製法

 噛まないワンコも安心

 胃腸の弱い現代ワンコには、お湯で柔らかくして下さい。

 高齢ワンコにもです。

 肉食系のワンコには、良質の脂肪の少ない赤身肉や地鶏

 や鮮度のいい養殖でない魚がいいかもしれません。

 飼い主様の判断で、ワンコに合った食事を見つけることです。

 

 飼い主も安心できる手作り

 ワンコも飼い主も心が通じ合うコミニュケーションフード

 自然の恵みに感謝いたします。

 素敵な女性パティシェにも感謝です

 まるまる

2013年3月11日 (月曜日)

デトックス植物性食品で構成「まるまる元気」

「まるまる元気」プレーン&フルーツ

035 

どちらも完全に植物性食品だけで設計した食品

その設計は、植物性食品によるデトックス!

お腹の中に溜まった毒素を排泄し排出しキレイにデトックスする

ワンコのお腹が腐敗環境になると活性酸素が活性化

病の発症

アトピーや糖尿病や心臓病や癌

血液の汚れ

腐敗環境に落ちいた腸は、免疫が下がり免疫細胞の働きが鈍る

負のスパイラルに陥る

口に入れる食はワンコの血となり肉となり骨となり

細胞に染みわたる

食の偏り、ばっかり食べ、バランスが崩れると悪玉菌が増殖

悪玉菌が優位な環境を作り出すことを未然に防ぐ

そのためには、食こそ全て

飼い主の責任であり、正しい知識を学び

人もワンコも基本は同じ・・・

018

「まるまる元気」の食材使用の意味は、デトックスであるのです。

デトックス効果は、食物繊維やミネラルが重要

腸内に溜まった毒素を排泄する食物繊維

新鮮な野菜や果物など酵素を含んだ食材や発酵食品など

ドライフードでありながらデトックス効果

その食材の効果を検証です。

001_2

    「まるまる元気プレーン」の場合

          <原材料>

①無農薬発芽玄米全粒粉(焙煎)

②無農薬玄米での炊いたごはん

③もち米でできたパフ

④天然醸造味噌

⑤ひじき

⑥大麦若葉粉

⑦竹炭粉

⑧酵素玄米粉炭を配合(玄米黒焼き)

 がん予防に効果

上記が、デトックスのために設計した植物性食品

       ①発芽玄米全粒粉や玄米ごはん

045

 そのデトックス効果は、食物繊維が豊富で、便通をよくする

 腸内に存在する有害物質、環境ホルモン、発癌物質、腐敗菌、

 病原菌、放射性物質を体外へ排出する働きがある。

 フィチン酸やイノシトールの成分はデトックス効果あり。

 ただ、消化吸収が悪い玄米を胃腸の疲労を軽減する為に

 全粒粉にし、玄米のごはんを炊いてブレンド配合したオリジナル

 製法で解決。噛まないワンコのお腹に優しい。

 玄米に生息する発酵菌(麹菌・酵母菌・乳酸菌・光合成細菌他)

 を摂取することで、加熱していても善玉菌が腸内でエサとなり

 有効な働きをしてくれる。

                ②天然醸造味噌

013

   味噌は、天然醸造でないと意味がない・・・

 加熱殺菌され、添加物や人工アルコール入りは味噌でない。

 味噌風の大豆のペーストとしかいえない。

 味噌は世界が認めた旨味

 ワンコに味噌?

 塩分は大丈夫?

 そんな思いの中で、植物性で構成する食品は、ナトリウムが不足

 お肉には自然と含まれるナトリウムがあり、鶏肉が一番多い

 味噌は発酵で腸にも優しい

 塩分は極めて微量であり、生命活動では必要

 取り過ぎは問題となりますが、味噌=塩ではありません。

 味噌の塩分濃度は味噌の種類にもよりますが

 10%ほど

 まるまる元気の味噌の含有量は全体の1、5%

 そのうちの塩分は全体の0、15%くらいで微量です。

 ワンコも必要なナトリウム、汗もかきますし、心臓を動かすのは

 ナトリウムとカリウムの働きが必要です。

 塩分で注意が必要なのは、精製された塩です。

 天然の塩はミネラル分が豊富で、

 必要以上のナトリウムを体外へ排出してくれます。

 取りすぎはいけないですが、動物性たんぱくを使用しない場合は

 微量の塩分も大丈夫です。

 天然醸造味噌でないといけません。

 大切なミネラル減であり、味噌はデトックス効果の高い発酵食品

            ③ひじき

004

 日本の土地はミネラル分が欧米に比べて少ない

 食物繊維とならんでミネラル不足が蔓延しています。

 ワンコも同様に、どうやってミネラルを摂取するかが日本の課題

 そこで海の野菜の海藻類は必要不可欠

 ミネラルが豊富。カルシウム、鉄、亜鉛、カリウム、マグネシウム

 抗酸化さようのあるフコイダンのヌルヌルが癌を制御する。

 体内に溜まった有害物質や放射性物質ヨウ素を、安全な海藻の

 ヨウ素が体外へ排泄する。

 猛毒のストロンチウムも排泄する働きがある優れもの。

           ④大麦若葉粉

001

 イネ科の植物で青汁では有名。

 驚異の食物繊維、ミネラルが豊富でカリウム、かるしうむ、

 ビタミンC、マグネシウム、クロロフィル(葉緑素)

 血をキレイにしてくれ、メタボや生活習慣病や精神安定効果。

 ワンコが散歩でムシャムシャ食べている野草は、イネ科の植物

 胃腸が弱ったり、吐き気がある時などに食す。

 ワンコの毒出しは、本能で知っているのです。

             ⑤竹炭粉

002_2

 竹炭はミネラルの宝庫です。

 意外と思うかもしれませんが、竹炭の効果は絶大です。

 竹炭は地球を救うとまで言われている食品のひとつです。

 「東洋の毒出し」といわれチェルノブイリ事故でも毒出し効果が

 味噌と同様に発揮したようです。

 その浄化力や利用方法は多方面で活躍しています。

 寺田本家の酒蔵には発酵を促進させるために炭を麹室や

 敷地に大量の炭を埋蔵しています。

 007

 酸化防止、保存性、便秘や下痢止め、美肌効果、リラックス効果

 消臭効果、カビ防止、水質向上、塩素吸着、有害物質を吸着分解

 保湿、疲労回復、安眠、磁場を整えイヤシロチに変える。発酵促進

 美味しくご飯が炊ける・・・

     <竹炭は摩訶不思議な結果を産み出した・・>

 以前に、まるまる元気にイワシを丸ごと入れた「まるまる元気」を

 販売していたころに摩訶不思議な検査結果が出ました。

021

 作りたてと、半年前の脂肪の酸化を食品分析センターで酸化具合の

 チェックをして、賞味期限を設定する準備での結果・・・

 常識では、半年前の脂の乗ったイワシの方が脂肪酸化が進む。

 当然その結果は分かっていたのですが、検査結果が摩訶不思議

 半年前よりも、作りたての方が過酸化物価が多かったデータとなり

 私は、食品分析センターに説明を分析担当者に確認・・・

 すると、「私は間違いなく検体は間違えることなく検査しました!」

 「常識では考えられないですが、事実です・・・」

 古い検体と新しい検体との取り違えを否定

 古い検体の方が10分の1の過酸化物価の数値結果

 ならばなぜ?

 その疑問を解決して頂いたのが、医学博士で竹炭の研究や

 水の研究もされている瀬田仁一博士と1ヶ月後に出会い、

 その摩訶不思議検査結果を報告すると、

 「それはこの竹炭の効果だよ!」

 「竹炭の効果で脂肪の酸化が改善されている!」

 「間違いない」

 本当にビックリ!!

 瀬田博士の言葉を全面的に信用し納得・・・

012

 常識を覆す掟破りの竹炭粉

 そんなエピソードがありました。

⑥酵素玄米粉炭の配合

 聞き慣れない「酵素玄米粉炭」とは?

 昔ながらの癌の特効薬と知られる玄米の炭化させたものです。

001

 その優れもの効果とは?

 ・石臼原理を用いたトルネード式粉砕機で、熱発生を極限に抑え、

  不可能と言われていた玄米の高いエネルギーを失活少ない。   

 ・抗酸化に優れていて極めて酸化をしない玄米焙煎されている。

  活性酸素を除去するフェルラ酸の働きで酸化しにくい

  (一年間は酸化がほとんどない)

 ・毒素を吸着する効果が高い。超微粉末で25ミクロン

 ・優れた消化のよい、玄米のデンプンがα化している。(糊化)

  腸の吸収が極めていい。

 ・食物繊維が白米の28倍で、善玉菌のエサとなり造血作用があり

  腸内が発酵環境になる。

 ・加熱しているにも関わらずビタミン・ミネラルが豊富。

 ・胃腸や臓器の細胞活性化。体を暖め、免疫力が上る。

  代謝がよくなる。

上記が「まるまる元気プレーン」のデトックス効果の由縁です。

          ※過酸化物価とは?

 ・油脂の変質の指標となる数値のひとつ。

 ・新鮮な油脂では過酸化物はほとんどない

 ・長期間放置された油脂や、空気にさらされていた油脂製品は、

  油脂が自動酸化して「ヒドロペルオキシド」が生成される。

 ・空気中の酸素、湿気、熱、光、金属イオン、微生物が不快な

  臭いを発し、味が劣化し酸化が進み毒性を示す。

 

2013年2月11日 (月曜日)

まるまる元気とは?②

「まるまる元気とは?

005_3

①ではコンセプトと考え方を説明致しました。

②では、特徴をまとめました。

010

       <まるまる元気とは?>

1、ワンコの手作り「発芽玄米シリアル」

2、人と同じ最高のクオリティで作ったワンコフード

3、ワンコの元気と健康を運ぶ幸せ自然派フード

4、3大アレルゲン(小麦・乳・卵)を使用せず、植物性食材だけで

  構成したカラダに優しい

5、アトピーは腸をキレイにすること。腸内環境を改善整えることです。

  腸をキレイにする食物繊維、ミネラル、ビタミンが玄米に豊富。

6、注目しているのは、ギャバ(r-アミノ酸)・フィチン酸(デトックス作用)

  フィターゼ酵素(フィチン酸のデトックスで流出する栄養を止める働き)

7、消化吸収をよくするオリジナル製法です。

  柔らかく炊いた玄米ごはんと焙煎された風味豊かな発芽玄米全粒粉を

  ブレンド配合し、オーブンでこんがり焼き上げたシリアルです。

  噛まずに飲み込むワンコの消化吸収を考えた製法です。

8、「黒」はカラダにいい!!黒は竹炭粉を使用しています。

  竹炭粉はミネラルの宝庫!黒い宝石、東洋の毒出しと言われている。

  血液を浄化、整腸作用、デトックス毒出し、便秘や下痢予防、酸化防止、

  美肌、リラックス効果、有害物質を吸着し排泄、保存性、脱臭、水質向上、

  カビ防止、疲労回復、安眠、磁場を整え生命力をアップ、発酵促進など。

9、「おやつ」「毎日ごはんの主品」「常備食」幅広く利用できます。

10、ワンコのアトピー改善に必要な発芽玄米シリアル「まるまる元気」

  フルーツタイプは、おやつとしてのみご利用です。「携帯タイプ」

  大袋はプレーンのみです。

001_4

Dsc_0052

使用原材料

            「まるまる元気プレーン」

・無農薬発芽玄米全粒粉(焙煎)・無農薬玄米ごはん・もち米パフ

・天然醸造味噌・ひじき・大麦若葉粉・竹炭粉

※原材料の一部に大豆が含まれています(味噌)

004_3

            「まるまる元気フルーツ」携帯サイズのみ

・無農薬発芽玄米全粒粉(焙煎)・無農薬玄米ごはん・もち米パフ

・干しぶどう・干しリンゴ・天然醸造味噌・ひじき・大麦若葉・竹炭粉

 砂糖を使用していないドライフルーツ。

 あくまでもおやつ程度で与えるくらい。

 ワンコもフルーツは大好きです。

 飼い主の判断で構いません。

009_2

※原材料の一部に大豆とリンゴを使用

※「まるまる元気」の生産場においては、下記のアレルギー食品が使われています。

小麦・乳・卵・落花生・ゼラチン・大豆・くるみ・ピーナッツ・もも・オレンジ・キウイ

・バナナ・リンゴ

 

035_2

お米を食べ慣れていないワンコは注意して下さい。

デンプン類を消化する消化酵素を持ち合わせていない

ワンコもいます。

雑穀も食すワンコなら安心です。  

2013年2月 7日 (木曜日)

まるまる元気!とは?①

ワンコの手作り発芽玄米シリアル「まるまる元気」

体質改善目指すフード

アレルギー症状を和らげるお手伝いが出来れば嬉しい・・・

3大アレルゲンを使用していない植物性シリアルです。

007_3 

「まるまる元気プレーン」&「まるまる元気フルーツ」の2つのタイプ

035

携帯サイズと大袋

大袋は「まるまる元気プレーン」のみ

001_3

基本的に「まるまる元気」は人向けにできた手作りシリアル

全て、パティシエの手作りで作っています。

考え方としては、人向けシリアルを「おすそ分け」な感じ・・

人が食べるにも最高のクオリティの食材で作り上げた商品です。

発芽玄米と炊いた玄米が主です。

玄米は、固い糠層によって調理の仕方や噛む回数がが少ないと

返って消化不良となる可能性があります。

「まるまる元気」はその消化吸収を高めるためにオリジナル製法で

加工し生産しています。(数に限りがありますが・・・)

焙煎された無農薬発芽玄米全粒粉と、無農薬玄米のごはんを

ブレンド配合しています。

抗酸化の酵素玄米粉化されたものを配合

先人の叡智である「玄米黒焼き」のようなもの

ガンの特効薬とも言われていて、

体内の毒素を吸着する効果に優れています。

そして、微量の天然醸造味噌を加えています。

味噌=塩分ではありません。

味噌は全体の1,4%

塩分はその10%くらいなので0,14%です。

動物性のお肉を使っていないので発酵食である味噌を

微量加えています。

味噌は世界が認めたデトックス食品です。

チェルノブイリの放射能対策で食され効果あった話は

有名です。

犬も汗をかきますし、心臓を動かすためにはナトリウム

カリウムが不可欠です。

ナトリウム不足は生命力が落ちます。

鶏肉はナトリウムが一番多く含まれています。

生肉のナトリウム含有の比較

鶏もも・・・・・60mg

鶏胸・・・・・・38mg

鶏ササミ・・・33mg

鶏ミンチ・・・60mg

鶏レバー・ハツ・・・85mg

豚もも・・・・47mg

豚ヒレ・・・・44mg

豚ロース・・39mg

豚ミンチ・・58mg

牛もも・・・・45mg

牛ヒレ・・・・45mg

牛ロース・・39mg

牛ミンチ・・49mg

部位にもよりますがナトリウムは鶏肉が多い。

成形してオーブンでこんがりと風味豊かに楽しめる食感仕上がり。

小麦粉とは違った甘い米の風味が特徴です。

お湯で戻すと歯の弱い高齢犬も食せます。

食べ方のバリエーションは幅が広くお好みでお試しください。

飼い主とワンコが一緒にポリポリ食べられるコミニュケーションフード

かも知れません。

飼い主が安心して与えられる食として

「おやつ」「毎日ごはん」「常備食」

一般でいわれている「総合栄養食」ではありません。

一年通して、「まるまる元気」だけを食べ続ける、与え続けるという

考えではありませんん。

栄養価のバランスが大切なので、

「まるまる元気プレーン」を軸として、野菜・豆・肉・魚・きのこ・海草など

適正に配合して与えることが大切です。

1つの食品で全ての栄養がまかなえるような食べ物が存在すれば

食の革命かも知れません。

012 013_2

玄米は自然界でもっともバランスがとれた食品です。

しかし、玄米だけを食べることは苦痛ですし、

地球は自然の恵みによって、四季によって様々な植物や果物

木の実に恵まれ共存しています。

その命に感謝して、お互いが生きる

そこに価値と楽しみと命への感謝が湧いてくるのかも知れません。

ワンコも同様に、食べるは何より楽しみなことで、

「ばっかり食べ」だけでなく、自然の恵みから頂く多くの食材を

万遍なくバランスよく食べることが自然であると感じています。

飼い主のライフスタイルに合わせた負担のかからない食し方や

与え方が必要です。

ワンコは基本は何でも食べますから与え過ぎると肥満やメタボや

糖尿病、そして癌へと悪化していきます。

癌という字は病誰に口が3つで山と書くので、

品を山ほど食べると癌になるということかもしれません。

おやつの与え過ぎ、

多品種のおやつを与え過ぎる

飼い主の管理コントロールは重要です。

作ることが面倒くさい・・・

確かにそうですが、毎日ではなくても2日に一度

3日に一度でも愛のひと手間があってもいいのでは?

そう感じています。

愛する我が子

ワンコにとって最高に楽しみはごはんやお散歩

飼い主との適正な関係によるふれあい

多忙を極める!?

余裕の無い日常生活の中で

可愛い我が子と食を通じて心の理解を深めていく

食は健康と密接に繋がっています

飼い主の残り物を与えていた歴史

師従の関係がワンコにとって心地よく楽

愛がんではなく

1つの別の生命との関係は、人と同様に溺愛でなく

凛としたお互いを尊重した関係であることが必要かもしれません。

寂しさを紛らわせてくれる

私を分かってくれる

嘘をつかない

ワンコとの関わり

食は大切な健康を創り出す大きな柱

まるまる元気は少しでもお役に立てられるとありがたいです。

ワンコの食

アトピーの改善に欠かせない玄米食

「まるまる元気プレーン」「まるまる元気フルーツ」で

そのお役に立てられることを確信しています。

犬種による違いはあるので全てではありません。

私の主観です。

違和感があったり、合わないと感じる場合は避けて下さい。

この玄米を軸とした「まるまる元気」は、日本犬には向いているます。

日本人の食べてきた主食であります。

洋犬など肉食中心のワンコの腸の長さや、消化酵素の違いがあり

穀物のアレルギーが起こることも考えられるからです。

私は、獣医でも医者でもありません。

過去の自分の壮絶なアトピーゼンソク体験を通じて学んだ

個人的な食の提案です。

肉食中心のワンコ向けではありません。

動物性タンパクと上手く組み合わせもお試しください。

消化不良を起こす場合は与えないでください。

与える飼い主様の適正なご判断でお試しくださいね!

まるまる

004_2

つづく