« 「幸せわんこの健康ごはん」著者からの伝言 | トップページ | 日本のワンコの歴史①(汗) »

2013年5月 8日 (水曜日)

地獄の毒出し!漢方医からの伝言

過去に私が体験した地獄のアトピー体験

10年以上前にご縁があった漢方医さん

当時は、すがるような想いと、それから始まる地獄の一丁目が

待っていようとは・・・

二度同じことをやるとなったら出来ない(大汗)

これは体験談で、勧めるものではありません・・・

驚愕のデトックス!

アトピーで30年間に渡りゼンソクやアトピー治療薬のステロイドを使用

食生活の偏食がたたり、高度成長時代の負の遺産がカラダを覆う・・・

全身から噴き出す膿は得体の知れない黒い血の塊

割れていく顔面の皮膚

手先指先に固まってくる赤黒いドロドロ師血・・・

指先で顔面の皮膚を引っ掻くと崩落する自分の皮膚

真っ赤になる顔面

耳からは出続ける膿・・・

鏡で見る恐怖の自分の化のの変容は、これが自分なのか??

激減する体重

寝ていた布団が一ヶ月でドロドロ

真っ暗闇での生活

心の悲鳴をあげた元妻・・・

「お願いだから一度抱きしめて・・・」

お店をやっていた私は、離れていくお客様・・・

ジッと出来ない自分の行動は自虐に向かう

自分の顔を両掌でバンバン叩き続ける

叩くと落ち着くほんの僅かの落ち着き

同時に赤く傷つく皮膚

いつしか、顔を叩く衝撃と薬物の副作用により目が見えなくなっていく

異変はあっという間に目が白く濁り、慌てて病院に駆け込む

幸い駆け込んだ病院の先生が日本でも最先端の眼下医

即入院で、両目を手術

目は開けたままでメスが入る

目を開けたままで行う恐怖の手術・・・

幸い網膜剥離出なくてよかった

私のベッドの前のアトピー患者は、麻酔が効かず

カラダを抑えつけてメスを入れたという・・・

私はツテている・・・・

左右2回に渡り手術で成功

人工レンズを挿入し終了!!

しかし、その後に再発したものの簡単なレーザー治療でした。

壮絶な時期が特に半年

お店も休み休み

そんな時に心の支えとなった漢方医

今では、その治療は行っていない

その毒出し治療に耐えられない本人と周囲の声

その漢方医は、相当なバッシングを受け傷つきその方法は封印

私のように乗り越えた人が皆無だという・・・

その先生は、現代の日本人の精神力が弱っている

周囲の理解も得られない

治すには毒を出すしかない

人にもペットにも効果があるという・・・

10年後に連絡取ると、その話に触れない

その漢方医が深く傷ついた様子で、よほど嫌なことがあったに違いない

アトピー治療

人それぞれのご縁の中でおこるトラブルや摩擦

家族に病人が出ると、ネガティブになっていく

生活の見直し

食生活、仕事の仕方、生き方、家族、経済など

いろんな出来事が学びとなって起きる

愛する家族の一員のワンコやペット

できるだけ、辛くない治療があればいい・・・

ただ、アトピーはとにかく体から膿出し、毒出しが必要

何度も波を越え、いつしか健康を取り戻す

傷つくのは本人だけでなく、家族や仲間や、この漢方医もそう・・

その漢方医は「二度と毒出し治療はやらない・・・」

それ以上は、何も言えない

私は、今でもこの漢方医に感謝しています。

「私を信じて下さい!頑張って下さい」から始まった試練でした

そうなる前に、早めのアトピー改善が必要です。

人もワンコも

176

異物が体内に入ることで起きるアレルギー反応

体が一生懸命に排除しようとする働きであります。

免疫細胞が必死で毒出し

排泄能力の落ちた腸を改善することが重要です。

食べているものを見直すことが大切であります。

ワンコも人も腸内環境を整え、口に入れる食に意識を向け

辛い辛い痒みや毒出しをしなくても済むように願っています。

ご縁で始まった私の毒出し

私は、今でもこの漢方医に感謝をしています。

« 「幸せわんこの健康ごはん」著者からの伝言 | トップページ | 日本のワンコの歴史①(汗) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1813265/48743626

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄の毒出し!漢方医からの伝言:

« 「幸せわんこの健康ごはん」著者からの伝言 | トップページ | 日本のワンコの歴史①(汗) »