« ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト④ | トップページ | まるまる元気とは?② »

2013年2月 7日 (木曜日)

まるまる元気!とは?①

ワンコの手作り発芽玄米シリアル「まるまる元気」

体質改善目指すフード

アレルギー症状を和らげるお手伝いが出来れば嬉しい・・・

3大アレルゲンを使用していない植物性シリアルです。

007_3 

「まるまる元気プレーン」&「まるまる元気フルーツ」の2つのタイプ

035

携帯サイズと大袋

大袋は「まるまる元気プレーン」のみ

001_3

基本的に「まるまる元気」は人向けにできた手作りシリアル

全て、パティシエの手作りで作っています。

考え方としては、人向けシリアルを「おすそ分け」な感じ・・

人が食べるにも最高のクオリティの食材で作り上げた商品です。

発芽玄米と炊いた玄米が主です。

玄米は、固い糠層によって調理の仕方や噛む回数がが少ないと

返って消化不良となる可能性があります。

「まるまる元気」はその消化吸収を高めるためにオリジナル製法で

加工し生産しています。(数に限りがありますが・・・)

焙煎された無農薬発芽玄米全粒粉と、無農薬玄米のごはんを

ブレンド配合しています。

抗酸化の酵素玄米粉化されたものを配合

先人の叡智である「玄米黒焼き」のようなもの

ガンの特効薬とも言われていて、

体内の毒素を吸着する効果に優れています。

そして、微量の天然醸造味噌を加えています。

味噌=塩分ではありません。

味噌は全体の1,4%

塩分はその10%くらいなので0,14%です。

動物性のお肉を使っていないので発酵食である味噌を

微量加えています。

味噌は世界が認めたデトックス食品です。

チェルノブイリの放射能対策で食され効果あった話は

有名です。

犬も汗をかきますし、心臓を動かすためにはナトリウム

カリウムが不可欠です。

ナトリウム不足は生命力が落ちます。

鶏肉はナトリウムが一番多く含まれています。

生肉のナトリウム含有の比較

鶏もも・・・・・60mg

鶏胸・・・・・・38mg

鶏ササミ・・・33mg

鶏ミンチ・・・60mg

鶏レバー・ハツ・・・85mg

豚もも・・・・47mg

豚ヒレ・・・・44mg

豚ロース・・39mg

豚ミンチ・・58mg

牛もも・・・・45mg

牛ヒレ・・・・45mg

牛ロース・・39mg

牛ミンチ・・49mg

部位にもよりますがナトリウムは鶏肉が多い。

成形してオーブンでこんがりと風味豊かに楽しめる食感仕上がり。

小麦粉とは違った甘い米の風味が特徴です。

お湯で戻すと歯の弱い高齢犬も食せます。

食べ方のバリエーションは幅が広くお好みでお試しください。

飼い主とワンコが一緒にポリポリ食べられるコミニュケーションフード

かも知れません。

飼い主が安心して与えられる食として

「おやつ」「毎日ごはん」「常備食」

一般でいわれている「総合栄養食」ではありません。

一年通して、「まるまる元気」だけを食べ続ける、与え続けるという

考えではありませんん。

栄養価のバランスが大切なので、

「まるまる元気プレーン」を軸として、野菜・豆・肉・魚・きのこ・海草など

適正に配合して与えることが大切です。

1つの食品で全ての栄養がまかなえるような食べ物が存在すれば

食の革命かも知れません。

012 013_2

玄米は自然界でもっともバランスがとれた食品です。

しかし、玄米だけを食べることは苦痛ですし、

地球は自然の恵みによって、四季によって様々な植物や果物

木の実に恵まれ共存しています。

その命に感謝して、お互いが生きる

そこに価値と楽しみと命への感謝が湧いてくるのかも知れません。

ワンコも同様に、食べるは何より楽しみなことで、

「ばっかり食べ」だけでなく、自然の恵みから頂く多くの食材を

万遍なくバランスよく食べることが自然であると感じています。

飼い主のライフスタイルに合わせた負担のかからない食し方や

与え方が必要です。

ワンコは基本は何でも食べますから与え過ぎると肥満やメタボや

糖尿病、そして癌へと悪化していきます。

癌という字は病誰に口が3つで山と書くので、

品を山ほど食べると癌になるということかもしれません。

おやつの与え過ぎ、

多品種のおやつを与え過ぎる

飼い主の管理コントロールは重要です。

作ることが面倒くさい・・・

確かにそうですが、毎日ではなくても2日に一度

3日に一度でも愛のひと手間があってもいいのでは?

そう感じています。

愛する我が子

ワンコにとって最高に楽しみはごはんやお散歩

飼い主との適正な関係によるふれあい

多忙を極める!?

余裕の無い日常生活の中で

可愛い我が子と食を通じて心の理解を深めていく

食は健康と密接に繋がっています

飼い主の残り物を与えていた歴史

師従の関係がワンコにとって心地よく楽

愛がんではなく

1つの別の生命との関係は、人と同様に溺愛でなく

凛としたお互いを尊重した関係であることが必要かもしれません。

寂しさを紛らわせてくれる

私を分かってくれる

嘘をつかない

ワンコとの関わり

食は大切な健康を創り出す大きな柱

まるまる元気は少しでもお役に立てられるとありがたいです。

ワンコの食

アトピーの改善に欠かせない玄米食

「まるまる元気プレーン」「まるまる元気フルーツ」で

そのお役に立てられることを確信しています。

犬種による違いはあるので全てではありません。

私の主観です。

違和感があったり、合わないと感じる場合は避けて下さい。

この玄米を軸とした「まるまる元気」は、日本犬には向いているます。

日本人の食べてきた主食であります。

洋犬など肉食中心のワンコの腸の長さや、消化酵素の違いがあり

穀物のアレルギーが起こることも考えられるからです。

私は、獣医でも医者でもありません。

過去の自分の壮絶なアトピーゼンソク体験を通じて学んだ

個人的な食の提案です。

肉食中心のワンコ向けではありません。

動物性タンパクと上手く組み合わせもお試しください。

消化不良を起こす場合は与えないでください。

与える飼い主様の適正なご判断でお試しくださいね!

まるまる

004_2

つづく

« ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト④ | トップページ | まるまる元気とは?② »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1813265/48694998

この記事へのトラックバック一覧です: まるまる元気!とは?①:

« ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト④ | トップページ | まるまる元気とは?② »