« ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト② | トップページ | ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト③ »

2013年1月24日 (木曜日)

私のアトピー人生①

001

ワンコとは関係がない話ですが・・・

私個人的な体験を触れさせていただきます

私は、生まれて赤ちゃんの頃から「よだれ」が出なく母は不思議に

思っていたようです。赤ちゃんにとっての「よだれ」はとっても重要

排泄、排出、毒出しのデトックスです。

内の毒素を吐き出す力が弱いと、毒素が体内を駆け巡り、

あらゆる病の根源となっていきます。

アトピー人生の始まりは生まれた時から始まっていいたようです。

私は、1700gの未熟児で約8カ月の早産。当時の医学では100%

助からないと医者から宣告された若き両親は、せめて名前だけでも

付けようと、愛媛の石鎚山神社で名前を頂き、

健康に生きられるようにと願いを込めたようです。

病弱で弱いカラダは、小学校2年で肺炎をこじらせ喘息となりました。

その後10年間は毎夜に喘息の発作で何度も目を白黒させ、幻覚症状も

起こっていました。田舎の家を一軒建てられるほど様々な民間治療と病院

にかかりました。

高校を卒業し、大阪の調理師学校に通う頃から喘息が収まり、

その代わりにアトピーが発症がはじまりました。

それから今日まで、時折の喘息発作とアトピーとの共同生活となりました。

調理の仕事は水仕事ですが、水が合わず手は荒れ、爪はガダガダに

波を打ち、指先から腕に向かって悪化していました。

夏場に手袋をしたり、毛穴から膿が

出てきたり、大好きな調理を断念し、何度も職場を変えたものです。

しかし、不思議と食に関わる仕事に戻ってくるので、本当に好きな

仕事なんだなと実感しています。手袋をしてよく仕事をしていました。

グアムでの日本食レストランでの調理で働いた時も悪化が起こり、

手のひらが化膿して食材が触れない・・・

帰国を覚悟するもステロイド剤で抑え込んでいました。

医者からも副作用(ムーンフェイス)が出ると警告を受けていました。

グアムでの仕事で、当時の嫁さんに手が使えないのでカラダを洗って

もらうこともありました・・。

その後は、職場に迷惑をかけないには自分でお店をやることしかない

と思いお店を開業しました。しかし、そこで地獄のアトピーの発症が

起こったのです。

今でも思い出すと涙が込み上げてくるのですが、偏食とストレスと

体質とが原因で重度化。大好きな脂っこいステーキを食してから異変

がおこり、首まわりから始まり全身が赤く痒みが起こり、

むくみが出てこれまでに無い異常な酸化が起り、カラダの細胞が

悲鳴をあげた瞬間でした。

今でも大好きお肉(汗)

その治療方法は、漢方での毒出し。

そのデトックスは想像を絶する地獄の始まり。

当時コレステロール値360、

不整脈、脂肪肝もありドロドロの血であったのでした。

信頼できる漢方医のアドバイスでの治療です。

「現在はこの治療はやっていません」その周囲の家族、親族、

本人が耐えられなく、クレームとなっていったようです。

お店を始めて1年目で起こったアトピーとの合併症が発症し、

お客様は激減、従業員も辞め、妹も泣き崩れ、母は、半狂乱。

毒出しは顔面の皮膚が割れ、膿が出て、耳たぶはずっと膿で塗れた状態。

指先はどす黒い血がデコボコ固まり、

全身の毛穴からゆっくりと膿が出てくる状態。

1ヵ月目で布団の裏側が塗れていることに気が付いたら、

どす黒い膿が溜まっていて塗らすほどでした。

当時は昼は明かりを遮断し、

夜はお店で顔が見えないように薄暗くしお客さまに近づかない。

そんなお店は生きたくないですよね!

近所で私の異変が噂になっていました。

約1ヵ月で10キロ体重が落ち、筋肉もそげ落ちてその姿は、

人間はこんなになるんだ・・と(涙)

毒出しの恐怖を和らげるために「顔を叩く」という自虐を

いつしか始め、

叩くことで心が少しばかり落ち着く半年くらいは止められなかったのです。

でもお肌はボロボロ、あげくに眼球に影響がおこり突然目の前が濁り、

見えなくなっていきました。

アレルギー性白内障で、顔を叩く振動で網膜がやられ、

ステロイドの副作用も重なり両目を開けたままメスを入れ手術をしました。

その後も再発し、2回目はレーザー治療で日帰り治療でホットしました。

漢方での膿出しは半年間。

その後は傷んだ皮膚の改善を時間をかけて修復する。

赤ら顔は1年位で回復、約2年位で腕や首周りは正常になりました。

しかし、その10年後に2度目の地獄が襲ってくるとは・・・。

仕事のストレス、食生活、環境の変化、離婚、借金、といくつもの要因があり

2回目は、漢方医、お医者さんも原因が分からない!と言われてから、

自力で治さないといけないと覚悟を決めたのです。       

消毒液で除菌を試したら髪の毛は抜け、悪化し、外出はできない生活が

数カ月・・

買い物も夜に人の少ない時間にまとめ買い。

帽子を深くかぶり顔を見られないことを祈り、ひたすら自己治癒を

徹底的に検証し、4か月は誰とも会わずに改善をめざしました。

食の大切さ、冷えの解消、ストレスの軽減、食べ過ぎ、仕事の取り組み方

血の汚れ、腸ない環境、考え方、様々な要因があることに気が付き始めた

一歩でした。

約半年で回復に向かい、昼までも外出できる喜びをこころから感謝。

この頃から、感謝という気持ちが湧きあがってきました。

この経験を生かし

世の中のためにお役に立てたいと思うようになりました。

しかし、2011年秋ころから、腕の関節当たりからアトピーが悪化。

原因が不明・・・。でもそれは免疫の低下によるもの。

仕事のストレスと人間関係によって起こったアトピーは、

次なるいい学びと経験とによって、さらにアトピー改善に必要な

天然乳酸菌とのご縁によって完成致しました。

よって、自分なりのアトピー治療の礎となる3つの方法が

見つかりました。

過去の地獄の経験を通し、増え続けるアトピーの同志達のお役に

一歩は勇気が必要です。自分のカラダは自分で治す。

他人は治してくれません。

アトピーは食、生活習慣、発酵環境(心と食)をしっかりと見直す

大切なシグナルです。

必ずご自身に合った改善方法があります。自分を知り、

自分と会話し、自分を高めていく必要があります。

決して即効性がある訳ではなく、どちらかといえば遅行性であり

時間がかかります。

焦らず、腐らず、自分と向き合って本来の健康な体とお肌を

取り戻しましょう!

何かひとつでもお役に立てられると幸いです。

改善しても油断すると一日で悪化します。日頃の積み重ねは大切です。

食の大切さ、冷えの解消、ストレスの軽減、食べ過ぎ、仕事の取り組み方

血の汚れ、腸ない環境、考え方、様々な要因があることに気が付き始めた

一歩でした。

油断すると一日で悪化します。日頃の積み重ねは大切です。

アトピー壮絶体験は、自分を知る大切な学びでした。

油断はいけません。

人もぺットの健康を心から願っています。

                                                        ,

018

          

                            感謝

                

                    メルシーフード研究所

« ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト② | トップページ | ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト③ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1813265/48713026

この記事へのトラックバック一覧です: 私のアトピー人生①:

« ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト② | トップページ | ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト③ »