2013年11月11日 (月曜日)

バックス君&ジロ君が亡くなりました。

11月11日に飼い主のカクタハウスのかくたさんから

一本のお電話がありました。

余りにもビックリ
ショック
言葉にならない
私のこのワンコアトピー治す企画の2匹のワンコ
バックス君&ジロー君が今月亡くなったという報告・・・
それも一日違いで二匹のワンコが天国に旅立ったのです。
開いた口が塞がらない
もちろん飼い主はより一層
心のぽっかり空いた穴
さぞ寂しいはず・・・
私の企画のご縁の重度アトピーワンコの死
なので
これをもちまして終わります。
二匹のワンコのご冥福を祈り
これからも天国に旅立ったバックス君&ジロー君を偲び
手を合わせたいと思います。
感謝
ご縁に感謝
アトピーで苦しむワンコに捧げるブログとして
お役に立てられると幸いです。
何か一つでもお役に立てられると有難いです。
ありがとうございます。
さようならバックス君&ジロー君
まるまる元気・・・

2013年6月16日 (日曜日)

バックス君 ジロー君アトピーが・・・

定期的な再会

高齢アトピーワンコのバックス君とジロー君
加久田ハウスの二匹の重度のアトピーワンコ
ヨモギ乳酸菌や玄米シリアルの「まるまる元気」を軸に改善
企画が始まって2か月で劇的に改善に向かい
ワンコの回復力に驚き・・・
しかし
4月の少し暖かくなってきたころから
アトピー症状が出始めてきた報告をいただき
5月16日に訪問
あ~ バックス君の目の周りが痒みで、黒ずんでいる・・・
小さい背骨の曲がっているジロー君の耳の後ろ
毛が抜けている・・・
痒みがあるのでステロイドを使ったとか・・・(汗)
なるほど
アトピーは、治ったように見えても気温や体温によっても
潜在的に溜まった体内の毒素が出てくる。
その症状は、またステロイド剤で抑えようとすると
血液に流れこみ塗ったところ以外からも症状が起こる。
簡単に完治しないのがアトピー
リバウンド症状は決して悪いことではない。
腸内に蓄積した薬物などの有害物質
ステロイド剤が脂肪に沈着して体内に溜め込む
毛細血管を通して全身に駆け巡る毒素や
自然治癒力によって毒素を排泄しようとするカラダ
痒みや、膿は自然なこと
無理やり薬で抑えては負のスパイラルとなる
飼い主は、その意味を理解しないと治ることはない・・・
可哀想と思うために即効性のある強いステロイドを使用し
悪化は留まらなくなるのがアトピーの恐ろしさかも知れません。
体内の毒素を出し切る
なので
食事と乳酸菌の発酵や、酵素を摂りいれる
食事は特に大切
ドライフードは酵素がありません
トッピングにすりおろした新鮮な野菜や、
健康的に育った家畜の生肉など
ヨモギ乳酸菌の発酵食品の酵素
豆乳ヨーグルト
乳酸菌風呂
ドライフードにヨモギ乳酸菌をシュッシュ
お水にシュッシュ
腸内を徹底的に善玉菌を増やして、免疫細胞の
マクロファージやNK細胞やT細胞など白血球を増やし
造血する腸内環境をよくすることです。
その繰り返し
夏場は、体温も上がり血行が良くなり冬場に比べて
症状が出やすい
症状は自然治癒が起きている証拠
正常な体に戻そうとして起きる現象
焦らず、ステロイドに頼らず断つことが必要です。
西洋の薬は、酵素を阻害する物質があり
細胞を活性化や再生を遅らせたり
新陳代謝にまわる代謝酵素が滞り体が酸化する・・・
長年に渡り与えてきた食べたもの
口に入れて聞きた食べ物
ワンコの体を作るのは食べたものが時間をかけて
それが細胞となる。
酵素不足や発酵不足、薬物や栄養バランスの偏り
その長年の蓄積で起きるアレルギーやアトピー
過去の食べてきたものを検証し
手作り食や
酵素や発酵を摂りいれた生きた食べ物を摂取する
人もワンコも同じ
食べたものの大切さ
便利や簡単で済ませてきたバランスを欠いてきた食事
すべてを見直さなくてはいけません。
健康な時は何を食べても大丈夫・・・
バランスを崩し病が発生して慌てる現実
病や症状はいいシグナルともいえます。
薬に頼った考えでなく
日ごろからの食事で予防することは重要です。
アトピーは簡単には治らない
時間をかけて、体質を改善していく
本来は健康なカラダ
食べたものの質やバランスの崩れでおこる病
特にステロイド剤は危険
安易に使用は悪化を招く
添加物や酸化油脂の多い食べ物の摂りすぎ
ドライフードばかりで酵素不足や善玉菌不足
人もワンコも正しい食の在り方を学ぶ
私も学んでいます。
飼い主は、自分の食事と同様に
人間と共に生きてきたワンコにも、食時にひと手間が必要です。
手遅れでは可哀想・・・
人もワンコも学んでいる。
バックス君、ジロー君もじっくり体外へ毒素を出し切る
安易にステロイドは避けるべきです・・・
これまでの常識ではアトピーは治らない
重度のアトピーワンコ
正しい食事
酵素や発酵食を積極的に与え
乳酸菌など善玉菌を腸に送り込む
時間をかけて
食事を中心に毒だしをする。
即効性を求めたがるのは当然ですが
長年食べてきた質の悪い食事でできたカラダは
改善にも時間はかかる
薬物も体内に蓄積して、より複雑になっているといえます。
完治を目指して日々精進
健康は病気になって初めて気が付く
人もワンコも
飼い主のお役割は重要です。
私も人のことは言えませんが・・・

2013年6月 4日 (火曜日)

ワンコの健康ウンチ②

ワンコの健康なウンチ

排泄されるウンチから分かる健康状態

現代ワンコは、人間と同じ病を抱え苦しんでいる時代

ワンコがアトピーやアレルギーになったり、生活習慣病や

心臓疾患・内臓疾患や癌になっていくなんて一昔前には

聞いたことがない?

急増するアトピーやアレルギーや癌

その根本原因は食事が一番の要因。

013

ワンコにとってのストレスの多い環境も大いにあるようです。

ワンコの健康ウンチから診る健康改善

現代ワンコの不足する酵素や発酵を取り入れることで劇的に

変化していく・・・

そのワンコのウンチの変化とは?

       <ワンコの健康ウンチの変化>

 

            (いろいろなウンチ)

 ウンコ(個体・黒色)・・・・腸内で長く留まっていると硬く悪臭がある。

                ウエルシュ菌・大腸菌など増えて有害物質の

               アンモニア・硫化水素・インドール・スカトールが

               発生し活性酸素がガン細胞を増やす。

               危険な腸内環境です。               

 ウンチ(半固体・褐色)・・・健康的な状態で快便で栄養バランスいい。

 ドロドロウンチ(黒ずんだ褐色)・・水分が腸で吸収されていない。

 細いウンチ・・・・・・・・・・・腸の働き弱い・筋力の低下で排便力が低下。

 赤いウンチ・・・・・・・・・・・大腸・肛門ガン、痔など危険な状態。

 緑のウンチ・・・・・・・・・・・食中毒・急性腸炎など。

 白いウンチ・・・・・・・・・・・栄養が足りていない。                    

 ベチャベチャウンチ・・・・吸収がほとんどされていない。

ウンチ以外はすべて改善が必要。

①ドライフードを食べ続けてたワンコのウンチは硬い。

②酵素や乳酸菌群(善玉菌)を摂取をしていくことでウンチに変化が

 起こってきます。

③ウンチが臭いワンコのウンチは黒っぽい。

 腸内環境が腐敗しているのですが、腸内環境が改善されてくると

 水分が含まれた色が薄いウンチに変化します。

④変化があれば改善に向かっていて、臭いも軽減していきます。

⑤次にお腹に溜まっていた古便や宿便が出てくるのでウンチの

 量が増えていきます。

 善玉菌が増殖して腸内細胞が活性化して、腸の蠕動運動が活発に

 なり、体内の毒素を便・尿・汗として排泄します。

⑤腸内がスッキリすると、便の量や臭いも改善され安定していきます。

 正しい食事、酵素や発酵食品をなど乳酸菌群を積極的摂ることです。

⑥約1ヵ月で改善がされていき、3カ月位で健康なウンチに変化する

 ようになります。(個体によって違います)

003

 健康なウンチで、元気で長生き!

 排泄された便から診る健康状態改善!

 酵素食や発酵食品は重要な改善策であります。

メルシーフード研究所のお勧めです。

①「ホウロンポウ」

  蓬乳酸菌液を自社培養した天然乳酸菌液

  世界一の乳酸菌といわれています。

  環協開庸研究所 http://www.new-san.jp/

②「蓬漬け」:九州産の安心安全の蓬漬物。

  飯山一郎氏運営サイトで販売。上級者向け自家培養

  ぽんぽこ笑店 http://iiyamashop.seesaa.net/

③「酵素ペースト」「酵素ドリンク」

  88種機能性発酵食品&植物性発酵飲料

  http://www.biorise.co.jp/index.html

④新鮮野菜や果物のすりおろし(酵素がたっぷり)

⑤新鮮な健康な餌と環境で育った肉や魚など

 

ライフスタイルに合わせた方法で実践することが一番。

健康に役に立つアイテムです。

2013年5月29日 (水曜日)

ワンコの健康ウンチ①

ワンコの健康は排泄されるウンチで診る

食べたものがしっかりと腸で消化されているか?

食べたものが正しければウンチの状態もいい

強烈な悪臭!

明らかに腸内が悪玉菌が優位で腐敗環境にあると言えます。

「悪臭」「色」「硬さ」「形状」などで健康状態がわかるのです。

人間もペットも同じ

正しい食事をしていれば健康なウンチが出ます。

ストレスや環境の他の要因もありますが、まずは食事です。

排泄されるウンチから診る健康を検証です。

        <ワンコの健康ウンチ>

①ワンコの健康はウンチの臭いや状態がカギ!

②排泄されたウンチの臭いが強いと、腸内が腐敗環境といえます。

③健康なウンチは、腸内が善玉菌群が優位で強い臭いはありません。

④ワンコの健康ウンチは食べものによって決まります。

⑤ウンチの臭いがキツイと、寿命も短い傾向があるようです。

⑥その状態での放置は、内臓疾患・ガン・アレルギー・アトピーなど

 原因となります。

⑦ワンコの体調の変化は「ウンチ」「毛ツヤ」「皮膚」「口臭」に

 現われてきます。

⑧すべての病の根源は、腸内環境の悪化にあります。

 腸内腐敗環境で、腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増殖

 活性酸素など毒素が発生して免疫力が低下。

⑨腸内環境の腐敗で、腸内造血で血が汚れ、毒素が血液を通じ

 全身に巡り体内で粘膜や細胞を傷つけます。

 内臓器官で様々な病の原因となります。

⑩ワンコのウンチに含まれ排泄された悪玉菌(ウエルシュ菌・

 大腸菌など)や古い細胞が多いと悪臭を放ちます。

 正しく消化されていないことで、吸収もうまくされていない。

 食べたものが慢性的に不適切であれば、

 臭いウンチが続きます。

 (アンモニア・硫化水素・インドール・スカトールなど悪臭物質)

⑪ウンチを消臭することよりも、食べている食事の内容が問われます。

        <ワンコに必要な酵素や発酵>

①酵素は生命活動をするすべての生命で欠かせないものです。

 体内酵素が失活すると死を向かえます。命の源となります。

②酵素は微生物のような生命体ではなく、プランクトン・植物・昆虫

 ・動物・人間など生体があって活動をし、すべての体内に存在。

 タンパク質に覆われ発見されている種類で5000種以上もあり

 酵素は、なかなか捉えきれないミクロの世界で未だ解明されていない。

 1つの酵素は1つの働きしかしないのが特徴です。

 熱に弱いのが酵素の特徴で、48℃で活動が失活し死滅します。

 中には、48℃を越えても働く酵素もあるようです。

③酵素とは、建物を造る大工さんのような存在です。

 食物に含まれる「食物酵素」や体内で消化目的の「消化酵素」

 体の細胞を修復したり動かしたりする「代謝酵素」の3つがあります。

④酵素が不足することで生体の新陳代謝が鈍くなると、

 体内に毒が発生し溜まっていき、腸内腐敗で有害物質や

 活性酸素(フリーラジカル)が増え体が酸化し癌が進行していきます。

⑤酵素不足は致命的となりワンコのウンチの臭いと密接な関係と

 なるのです。

⑥食べ物に含まれる食物酵素を積極的に摂取を心掛けることが

 大事なことです。新鮮な野菜・果物・生肉・生魚多く含んでいます。

 加熱食は食物酵素が存在しません。

⑦加熱しても酵素がしっかりと存在するのが発酵食品です。

 天然醸造の加熱殺菌されていない発酵食品になります。

⑧ワンコは人間と違って生野菜や果物を多く摂取することは苦手です。

 犬・猫はもともと肉食なので生肉や生魚から酵素を摂ることがベスト

 のようです。

⑨ただ、現代のワンコやネコちゃんは加熱されたドライフード・缶詰め

 レトルトのウエット食がほとんどで、生食にしていく消化酵素が少なく

 下痢やおう吐などが起こるようです。

⑩余り神経質になるのもいけませんが・・・

 体は毒素を排出する作用があるので多少の毒も分解しデトックスを

 してくれます。しかし、限度を越えてしまうと一気に体が酸化します。

 大切な食を意識することが飼い主様の役目です。

 ご自身の健康、ペットの健康はとても密接です。

⑩生肉や生魚中心だと経済的な問題や、近年の放射性物質や

 環境汚染、家畜類の人工ホルモンや抗生物質や飼料の問題も大きい

 ので良質なお肉をチョイスすることが必要です。

 生魚も同様に、水銀・ダイオキシン・放射性物質への注意や、

 養殖の魚のエサに含まれる油脂や抗生物質や化学薬品にも注意

 が必要となります。

つづく

 

 

2013年5月22日 (水曜日)

ある漢方医のお話

私が体験したアトピー治療でお世話になった漢方医さん

信頼できる漢方医との久しぶりに会話

私のコンセプト「まるまる元気」を説明し、近況を報告。

10年振りにせよ、私が当時やった漢方での毒出しは、過酷のあまり

現在は止めたそうです・・・

周囲からの罵倒や過酷過ぎる全身からの膿出しに家族が怯え

結局は、その治療を勇気を持って提供した漢方医に跳ね返ってきたようです。

それは、それとして

ペットにも詳しい漢方医さんで、ワンコのことを教わりました。

044

          <ある漢方医さんのお話>

①ワンコやネコは人間と違う五感である。

②人間との違いは、嗅覚と聴覚が断然優れている。嗅覚は人間の1万倍。

 体温は人間より3度高い。

③言葉が話せないために神経を使っている。

④生きていることがストレスを感じている(人間とのコミニュケーション不足)

⑤大切なのは、飼い主が安心感を与えること。

 飼い主は、飼った以上不安を与えてはいけない。

⑥ペットを飼うときには、旅行や外泊もできない覚悟が必要。

 ペットのホテルや留守にするときは極度の不安となる。

004

⑦トイプードルなどは特に「不安分離」になりやすいので飼い主は、

 家にいてあげること。

⑧犬、猫は子供を嫌がる。無神経に触ったりするのがストレス。

 犬や猫はぬいぐるみではなく、可愛い、寂しいだけで飼ってはいけない。

⑨飼わない勇気が必要。

⑩飼い主に噛みつく行為は極度のストレスがあり、飼い主こそ

 犬や猫の気持ちを学ばないといけない。トレーニングすべき。

⑪ペットショップでの生後間もない犬や猫の販売は止めないといけない。

 大切な離乳期や幼児期に精神不安定になる。

⑫ペットは、自分のカラダに合うものを食べる。

005

⑬ペットフードを獣医が進めている行為は、獣医の命令を聞かせる

 師従の関係を作っていてコントロールしている。業者と癒着。

⑭獣医の売っている薬は人間用で、200~300円のものを10倍くらいで

 売っている。本当のプロでない人もいる。

  ある漢方医から見たペットことです。

2013年5月16日 (木曜日)

日本のワンコの歴史②(汗)

日本のワンコの歴史②

時代と共にどう扱われてきたのか?

人間との関係

歴史書からの参考に簡単にまとめたものです。

010

        <日本のワンコの歴史>

①縄文時代

 貝塚から発見された犬は、埋葬されていた。

 40センチ位の柴犬サイズで骨格は立派。9500年前

 縄文人は犬を大切にしている。

②弥生時代

 鹿や猪狩りに使われていた。

 縄文時代のようには一部を除いて埋葬されていない。

 犬を食していた痕跡がある。

047

③古墳時代の大和朝廷

 組織的に飼っていた。

 犬養部があり、軍事との関係あり。番犬・狩猟

 卑弥呼の側にいた。

④日本書紀や古事記

 「白い犬」は特別な霊力がある神の化身とされ人間に好まれた。

 応神天皇の飼い犬名「麻奈志漏(まなしろ)」を愛し埋葬。

 大和武尊は白い犬に導かれ旅で難を逃れた。

 当時は、犬を贈り物して献上していた。

 大国主命は、猪を追った像が建てられ今も残っている。

 「ムジナ」という山の獣を食い殺した伝説がある。

 火明命(天照)船に犬がいた。

007_2

⑤平安時代

 空海は「白き犬」「黒き犬」と優遇している。

 今昔物語「枕草子」に「翁丸(おきなまる)」という犬が登場。

 紫式部は犬に冷たかった。

005_2

 「三河の犬頭・犬尾社」犬の鼻から白い糸で人を救う伝説。

 ゴミの問題があった時代で、カラスや犬がゴミを食べたり、

 捨て病人、人の死体を処分するのは珍しくなかった。

013

⑥鎌倉時代

 藤原道長は、白い犬を愛し、仏事も行った。

 愛犬が危険を予知して道長の袖を噛んで門を通ることを

 阻止した。その話を安部清明に相談すると、犬は危機を察知

 する神通力があると伝え、それ以来いっそう可愛がった。

  「犬の字は点を大の字の下につければ太となり、

  上につければ天の字となる」

 戦国時代で鎌倉武士は犬を的に「犬追い」で弓で討っていた。

 北条高時は「犬合せ」という闘犬をやった。酷く評判悪かった。

⑦室町時代

 犬追いを規制する配慮があった。

 武将は、犬追物を行っている。

021

⑧安土桃山時代

 秀吉は虎を飼っていて犬をエサとして与えていた。

⑨江戸時代

 五代将軍綱吉時代の「生類憐みの令」で特に犬に手厚かった。

 犬の戸籍、中野に10万匹の犬小屋があった。29万坪

 「お犬様」人間以上の扱いがあった。

 戦国時代に南蛮貿易で洋犬が入って、交雑がすすんだ。

 一般の犬は「町の犬」「村の犬」として縄張りをうろついていた。

 神社やお寺の軒下で生活している。

 食事は、人間の残飯を投げ与えていた。

005

 犬は基本は放し飼い。猟犬や軍用犬は首輪。

 犬は様々に軍事的に活躍していた。

 (スパイ犬、伝令犬、軍事犬、番犬、闘犬、狩猟、贈り物、魔除け)

 狂犬病の発生で冷遇される。

 野良犬を殺傷していった。

 昭和30年ころまで続く。

 狂犬病のワクチンが発明されるまで厳しい扱いされている。

 キリシタンは一部日本人が犬や猿を食すことに驚いている。

 一方で基本は肉食でない日本人も南蛮人の肉食に驚いている。

 地域によって様々

 薩摩では「えのころ飯」という竈焼きの犬料理がある。

 東アジアでは食されていた歴史。

       <切ない思い出白いワンコ>

現代では、ペットとしての飼い方が主流

私の小さい頃は6匹のワンコを飼っていました。

スピッツ・秋田犬・雑種4匹

田舎なので番犬である要素が多きかったです。

野良犬も多く、小さい雑種の犬は放し飼いしていました。

田舎の田んぼを走り回っていました。

切ない思いも記憶にあります・・・

雑種で放し飼いをしていたワンコ2匹は、

私の中学校の頃新聞配達にお伴していてくれました。

配達時間になるとどこからかやってくるのです。

エサは定期的にあげた事がなく、どことなくゴミをあさっていた

ようです。

しかし、ある日突然にいなくなったのでした・・・

その理由は、近所から田畑を荒らす苦情があり、

父がどこか遠くへ移動させた・・・

良い方を変えると捨てたのです。

車で遠方に運んだようです。

離れてから半年

私の住む町で、そのワンコとほんの一瞬バッタリ遭遇

左ほほを腫らしている・・

一瞬の出来事で、その白い捨てられたワンコは、

私と目があったのですが

す~と過ぎ去っていったのです

あの白いワンコは間違いなく捨てられた犬

私の新聞配達についてきていた犬

その目は寂しげ・・

捨てられたことを知っている

一瞬の出来事

その時のワンコの寂しげな表情が30年経っても鮮明に

辛い思いで

私も、胸が苦しい

捨てられたと強く感じている寂しい目

毎日手を合わせるしかありません。

時代は変われど、人間の近い存在であります。

現代は、可愛い!と同時に保健所での殺処分が多い。

命を飼い主の元で全うできずに殺されていく時代

人間次第でその生命が生かされたり殺されたり・・・

「犬は人類にとって最も古い友」

そういいたいのですが・・・

まだまだ現実は厳しい

飼う人間の心の在り方

やもうえず手放さないといけない

多くの事情があるのですが

生き物を飼う前の「飼わない勇気」も必要です。

犬を知って、しつけをする

食べ物も勉強する

人間と犬の真なる友になるために

人間は心を正さないといけない。

犬は全て分かっている

犬は私達が気がつくまで訴えている

日本の歴史から見る犬史でした。

「忠犬ハチ公」「名犬ラッシー」「花咲かじいさん」「桃太郎」

024

ワンコは欠かせない存在

私達をサポートしてくれている。

011

素直で従順なワンコ

ありがとうございます。

 

  

2013年5月12日 (日曜日)

日本のワンコの歴史①(汗)

日本のワンコの歴史

いつ頃から誕生して人間と関わってきたのか?

現代で解明できるところを探ってみました。

最古の貝塚からワンコの化石が発見されています。

9500年前の縄文時代とされる「神奈川県・夏島貝塚」

8500年前の「愛媛県・上黒岩洞窟」

023

どちらとも柴犬位のサイズで40センチ程度で骨格は太い。

縄文時代の特徴は、ワンコを大事にしていて埋葬をしている。

002

国内最古のワンコの化石。

世界では、アラスカで2万年前、イランで1万2千年前、

パレスチナ、ドイツで1万年前に発見されているようです。

そのワンコは、狼からの進化なのか?

それとも別の起源なのか?

いろいろと論じられています。

いずれにしろ、肉食で集団で狩りをしたり秩序がハッキリしている。

日本では、狼と犬は別ものであるようにも言われていたり・・・

人間と近い存在のワンコ

人間と一線をおいている狼

008

狼はこの地球上でバランスがとれた生命だともいわれ

イルカ、クジラ、ゴリラ、ペンギンなどもそうだとか・・・

縄文時代の以前からの歴史のある狼は人間と融合しない

生き方をして、ワンコは人間に従順で忠誠がある生き方で

時代によってや飼い主によっては千差万別にしろ、

深い関係性はあるようです。

「犬は人類の最も古い友」と言われているのもうなずけます。

一方で、現代は可愛いといって衝動飼いして捨てられている

ワンコやネコちゃんが10数万匹存在する。

054

身勝手な人間の判断で物扱いなのも現実を知らないといけない。

縄文時代からの関わりから起源とした人間

時代に翻弄されるワンコの歴史

現代では1300種以上のワンコ

雑種を入れると6000種は存在するようです。

013_2

2011年東日本大震災で注目された被災犬

現在も飼い主と離れ離れ

時代や災害や人間の都合で生きることを選んだワンコ

ただ可愛いだけでは済ませれない現実

命を飼う

飼うことで核家族が進む中で学ばせて頂いている命

死を目にする機会が減った現代社会

1人暮らしの多い都会の中で、私達と暮らすワンコ

飼い主の感情を読み取る能力

飼い主と同じような病を起こす現代ワンコの食環境

犬は大切な人間の友であることに違いない。

時代によって変化する関係を検証です。

つづく

2013年5月 8日 (水曜日)

地獄の毒出し!漢方医からの伝言

過去に私が体験した地獄のアトピー体験

10年以上前にご縁があった漢方医さん

当時は、すがるような想いと、それから始まる地獄の一丁目が

待っていようとは・・・

二度同じことをやるとなったら出来ない(大汗)

これは体験談で、勧めるものではありません・・・

驚愕のデトックス!

アトピーで30年間に渡りゼンソクやアトピー治療薬のステロイドを使用

食生活の偏食がたたり、高度成長時代の負の遺産がカラダを覆う・・・

全身から噴き出す膿は得体の知れない黒い血の塊

割れていく顔面の皮膚

手先指先に固まってくる赤黒いドロドロ師血・・・

指先で顔面の皮膚を引っ掻くと崩落する自分の皮膚

真っ赤になる顔面

耳からは出続ける膿・・・

鏡で見る恐怖の自分の化のの変容は、これが自分なのか??

激減する体重

寝ていた布団が一ヶ月でドロドロ

真っ暗闇での生活

心の悲鳴をあげた元妻・・・

「お願いだから一度抱きしめて・・・」

お店をやっていた私は、離れていくお客様・・・

ジッと出来ない自分の行動は自虐に向かう

自分の顔を両掌でバンバン叩き続ける

叩くと落ち着くほんの僅かの落ち着き

同時に赤く傷つく皮膚

いつしか、顔を叩く衝撃と薬物の副作用により目が見えなくなっていく

異変はあっという間に目が白く濁り、慌てて病院に駆け込む

幸い駆け込んだ病院の先生が日本でも最先端の眼下医

即入院で、両目を手術

目は開けたままでメスが入る

目を開けたままで行う恐怖の手術・・・

幸い網膜剥離出なくてよかった

私のベッドの前のアトピー患者は、麻酔が効かず

カラダを抑えつけてメスを入れたという・・・

私はツテている・・・・

左右2回に渡り手術で成功

人工レンズを挿入し終了!!

しかし、その後に再発したものの簡単なレーザー治療でした。

壮絶な時期が特に半年

お店も休み休み

そんな時に心の支えとなった漢方医

今では、その治療は行っていない

その毒出し治療に耐えられない本人と周囲の声

その漢方医は、相当なバッシングを受け傷つきその方法は封印

私のように乗り越えた人が皆無だという・・・

その先生は、現代の日本人の精神力が弱っている

周囲の理解も得られない

治すには毒を出すしかない

人にもペットにも効果があるという・・・

10年後に連絡取ると、その話に触れない

その漢方医が深く傷ついた様子で、よほど嫌なことがあったに違いない

アトピー治療

人それぞれのご縁の中でおこるトラブルや摩擦

家族に病人が出ると、ネガティブになっていく

生活の見直し

食生活、仕事の仕方、生き方、家族、経済など

いろんな出来事が学びとなって起きる

愛する家族の一員のワンコやペット

できるだけ、辛くない治療があればいい・・・

ただ、アトピーはとにかく体から膿出し、毒出しが必要

何度も波を越え、いつしか健康を取り戻す

傷つくのは本人だけでなく、家族や仲間や、この漢方医もそう・・

その漢方医は「二度と毒出し治療はやらない・・・」

それ以上は、何も言えない

私は、今でもこの漢方医に感謝しています。

「私を信じて下さい!頑張って下さい」から始まった試練でした

そうなる前に、早めのアトピー改善が必要です。

人もワンコも

176

異物が体内に入ることで起きるアレルギー反応

体が一生懸命に排除しようとする働きであります。

免疫細胞が必死で毒出し

排泄能力の落ちた腸を改善することが重要です。

食べているものを見直すことが大切であります。

ワンコも人も腸内環境を整え、口に入れる食に意識を向け

辛い辛い痒みや毒出しをしなくても済むように願っています。

ご縁で始まった私の毒出し

私は、今でもこの漢方医に感謝をしています。

2013年5月 4日 (土曜日)

「幸せわんこの健康ごはん」著者からの伝言

私の大好きな理想のワンコ「モカちゃん」

そのワンコの飼い主

そして、モカちゃんの手作りごはんの本の著者

「幸せわんこの健康ごはん」

Photo

蒲田でマクロビ教室を主宰し、

銀座で「キレイ料理レストランG&V]を2011年10月に開業

バイタリティあふれる素敵な女性「はりまや佳子さん」

001

そのマクロビ手作りごはんで元気で健康な柴犬を育てた実績

「愛する我が子」と呼ぶ

ただ溺愛するのではなく

ワンコにとって幸せな接し方

家族でワンコが一番扱いではなくではなく

お犬様扱いではなく、人間がリーダーであり

師従の関係の方がワンコにとって生きやすい

家族の一員ではあるのですが間違った接し方は双方が悲劇

その基本的な関係の歴史を踏まえ

わんこごはんの大切な伝言を頂きました。

     「はりまや佳子さんからの伝言」

①幸せわんこごはんは、基本は飼い主と同じ食材で作る。

②飼い主が食べていた残り物をあげる。

 クズ野菜や、前日の残り物の味を洗い落として与える。

③わんこは、地球に優しいゴミを出さない食べてお掃除してくれる。

④飼い主が食べているもののバランスが大事。

 日頃の偏食や、バランスを欠いた食事をしていないか?

 同じ食事ばかり与えていないか?

⑤わんこも食べることが楽しみなので、同じものだけでなく

 ローテーションを組んで与えること

 可愛い我が子に同じものばかり食べさせられないでしょ?

⑥大切なことは、あげてはいけない食べ物を知ること

 甘やかして、少しだけと与えると病を引き起こす。

 乳製品・ネギ類・甲殻類・カカオ・刺激物・ナッツ・卵・・・

⑦病気の原因は、食べ過ぎ!

 生活習慣病や癌。癌という字は病だれに口が3つで山と書く

 食べ過ぎると癌になるという字

 与え過ぎに注意。

 食事は引き算で考えると健康になる。

⑧簡単な手作り食をお勧め。

 ただ手作り食が合わないわんこもいる。

 大切なのは、続けること・・

 面倒くさい?それは生きるのが面倒だ!といっているようなもの。

 生き物を飼っているのです。

⑨簡単調理は、茹でが一番

 蒸したり、焼いたり時間がかかるごはん作りは大変になる。

⑩飼い主が頭でっかちにならない事

 勉強し過ぎて知識だけ詰め込むのではなく、

 わんこの毎日の様子を見ていれば分かる

 太ったり、痩せたり、便の状態で健康管理するだけ

 太れば減らす

 栄養バランス崩れるとなんだかの病になる

 ちょっと愛情かけてごはんを作る・・・

⑪その人のライフスタイルに合ったごはん作りをする。

⑫生き物を飼う限り覚悟と、飼う資格がある飼い主でなくては

 わんこが可哀そうである。

⑬わんこは宝物 愛する我が子 

 人間と同じ食材を食べて心を通じ合わせること

 過保護は止めて下さいね~

 飼い主がちゃんと見てあげてほしい・・・

 飼う責任があるのです。

                        以上

とっても勉強になる伝言でした

理想のわんこの飼い主「はりまや佳子」さん(旧姓佳子ヴォス)

ありがとうございます。

私はマクロビでなく「なんちゃって自分流(笑)」

ローフードやナチュラルハイジーンも有り

ファストフード大好き!

美味しいが一番

健康感謝

ワンコも健康元気!

 

2013年4月28日 (日曜日)

ワンコの大切な離乳食

可愛い産まれた子犬

愛らしく、まるまるして、よちよち、ふさふさ

この世に産まれてきてくれてありがとう

003

ぬいぐるみのような

無垢なその眼差し

その命の誕生に感謝

幸せを運んでくれる子犬

健康で元気でスクスク育ってほしいと願う飼い主

スクスク健康元気に生きていくための大事な食

それが離乳食

離乳期に質のいい食べ物をを食すことで成犬になって影響する

骨格・筋肉・皮膚・内臓すべて。

現代のワンコは、産まれた時の離乳期にペットショップで売られ

親元を離れ、精神的不安定と離乳期の食事の質の低下で招く

体や心の病を抱えていく・・・

004

ペットショップのワンコ達はショウウインドウからみると可愛い

たまらない!触りたい!飼いたい!

そう思わせていますが

小犬からすると不安定そのもの

親の愛情をたっぷりと受けないといけない時期に隔離され

常に視線にさらされ、勝手に触られ、商品のひとつ

産まれて骨格異常でも分からず販売

すべてでは二にしろ、心あるブリーダーやビジネスとしている

販売ショップは、心と体のケアが必要。

ヨーロッパや

ワンコの先進国では日本のようなペットショップなどない

かえって虐待行為とみなされる

ワンコの大切な離乳期・・・

ワンコの離乳食の一例です。

006

         <ワンコの離乳食>

①産まれた子犬は約2週間しか乳を飲まないので、

 産まれて10日過ぎて目が開き歯が生えて来るころから

 1ヵ月くらいが離乳期。

②離乳期の食事こそ最も大事な食事期間です。

 骨格・筋肉・内臓・皮膚やすべての細胞作りの基礎の時期。

 母乳の期間は短く、産まれてまもなく離乳食となっていく。

③母乳から離乳食に移行するときには、できるだけ腸に負担が

 少ない消化吸収をスムーズに行うために必要なフード

 それが、生肉のたたきのようなもの

④生の良質の赤身肉を二度挽きミンチにして、さらに包丁で

 トントンと細かく叩き、消化のしやすいようにペーストにし、

 筒状に細長く丸めてから子犬口に入れてあげる。

⑤大切なのは、良質の赤身肉

 良質とは?

 できるだけ国産で、鮮度がよくて自然の牧草を食べた牛さん

 脂身のない肉質のもの。

  牛・豚モモ肉や鶏ササミや胸肉が良いかもしれません。

 健康的に育った家畜類

 人工的な化学薬品を使用していない牛・豚・鶏さん

 抗生物質、人工成長ホルモン、化学薬品の入っていない飼料

 を食べている家畜や、遺伝子組み換えの穀物を使っていないなど

 できるだけ自然の環境でストレスの少ない環境で育った

 牛さんや馬などいいかもしれません。

⑥与え方

 初日・・・・・1回与える

 2日目・・・・2回与える

 3日目・・・・3回与える

 4日目・・・・親の食べているごはん(手作りごはんをペーストする)と

        離乳食に混ぜて与える。

        そうするとスムーズに離乳が出来る。

※ドライフードも質の良い酸化していない脂のフードであること。

 できる限り、手作り食がいいです。

 (炊いたご飯+野菜+海藻+動物性タンパクなど)

 約1ヶ月くらいが離乳食を続ける。

 回数は1日4回~5回と多い。

 手を抜かない大切な離乳期です。

飼い主のライフスタイルから出来ない場合もあるのですが、

家族で協力して大切な時期の食事を過ごすことです。

この方法は、犬をこよなく愛し犬小屋で寝起きをしていた

ベテラン訓練士「ごしまれいこ」さんゴッシーの方法です。

011

一例であります。

それぞれのご縁のある方法があると思います。

酵素をたっぷりと含んだ新鮮な生肉を使う

ワンコの食の歴史からみても、内臓構造からいっても

ベストかもしれません。

様々な離乳食もあるのでそれでよし

ワンコが健康に育つ大事な離乳期

飼い主様の手作り愛情フード

犬種や個体に合った食事でOKです。

 

2013年4月25日 (木曜日)

ワンコが食べている草

ワンコが時折ムシャムシャとたべている草

美味しそうに食べている

草って美味しいのか?

その草はなぜ食べているのか?

何のために食べているのか?

それは、ワンコに聞かないと分からない・・・

なので聞いてみて下さい(笑)

一般的に云われている理由やワンコの先進国ドイツ

ペットグラスとして、ホームセンターで売っているアレ!

007

犬草

猫草

基本は、イネ科の植物

シバムギ・ヒメカモジグサ・カウチグラス・メヒシバ・オヒシバ

大麦若葉・小麦若葉・エンバク・エノコログサ・・・

そのワンコやネコの体調によって草を選択している

好みもあり、食べたり食べなかったり

お散歩で自分でチョイスして本能で嗅ぎ分けている

嗅覚が人間の1万倍といわれているので人間より野性的・・・

001_2

             <食べる理由>

①胃酸過多で、胃のむかつきに、胃を刺激しておう吐する為に食す。

②偏食や、体調不良で、ミネラル不足や、食物繊維不足など

 消化酵素の不足の時など。

③特に若草が柔らかく栄養が豊富で食すことが多い。

④毒素を排泄する為に食す。

⑤口中内の味覚が異常な時

⑥ネコちゃんは毛玉を絡めて吐きだす。

 寄生虫が多いと食べる。胃腸のよくない時・・・

そんな理由からと言われています。

具合が悪いと食すのかな?

イネ科の植物は豊富にある日本

009

なんだか草が食べたくなりますね~(笑)

七草粥!?

ヨモギまんじゅう!?

つくし

野草は生命力がある

011

ムシャムシャ

パクパク

健康元気!

2013年4月21日 (日曜日)

ワンコの歯

犬の歴史は、オオカミのように獲物を捕らえて食べている。

007

強力なアゴで小動物やの内臓、肉、骨を噛み砕き食べている。

肉食であり、人間との暮らしと共有する中で雑食化していった。

日本の都会で暮らす現代の犬と、地方で番犬として暮らす犬とでも

違いがある食事。

002

牧羊犬や、狩猟犬、犬そり、ペット、介護、警察犬、災害犬

008

011

更に、昭和、大正、明治、江戸、鎌倉、平安、弥生、縄文時代

その生活環境は様々

その中で、野生でなく人と暮らすことで変化していく食事や環境。

現代の都会で暮らす犬は、人間化している・・・

そんな暮らしの中でワンコが生きてきた歴史

シンプルに犬の歯から分かる食

その構造は、人間とは違うということ

人間と同じ病を抱える時代は、犬にとって幸せとは言えない

しかし、人間との深い絆や関わりの中で大切な存在

核家族化で不足する命の尊さ

ペットが身代わりになって、移し鏡となり知らせてくれるペット

人間とは違う!

ただ、食は人間の残り物を与えてきたのが飼い犬の食事

少しなりとも犬を知る

同化でなく違い

消化酵素も、歯の種類も人間と違う

その犬の歯とは?

           <ワンコの歯>

013

①歯の種類:「門歯」「犬歯」「臼歯」

②歯の数

  「永久歯」42本(上20本、下22本)生後3~6ヶ月で生える

  「乳歯」28本(上14本、下14本)生後3~4週間で生える

③鋭い犬歯や上部の歯はノコギリ状になっていて、小動物など

  内臓や肉を裂く。

  上下に歯で人間の何十倍の咀嚼力がある。

④臼歯は人間と違って平らくなく、食物をすりつぶす構造はしていない。

 中途半端な堅さのものを食べるようにできていない。

⑤骨や、硬いスジを奥歯で噛むのが特徴。

014

⑥食事は、柔らかくて舌で舐め取る物を食べる。

⑦本来は、内臓や肉を大きく引き裂き丸のみして、

 大量の唾液を分泌して消化酵素と一緒に胃に送り込み

 消化酵素で生肉や内臓を消化し腸に届ける。

 生肉や内臓は消火吸収が早く腸が短いのが犬の特徴です。

 日本人は特に腸が長く穀物を時間をかけて消化吸収する。

⑧現代の犬のフードは、穀物が中心のドライフードなので

 消化吸収に時間がかかり、さらに加熱されているために

 食物酵素が含まれておらず慢性的な酵素不足です。

 人間も同様に加熱や加工食品、添加物、化学薬品などが

 酵素を阻害しています。

⑨食事の変化と共に、犬も飼い主と同じような病気が蔓延

 今一度、食事を見直す時代であります。

⑩一昔前の犬は、生肉を片足で抑え、引き裂きながらパクパク

 食べて健康でした。

 海外の洋犬は現在も酵素たっぷりの生肉を食し、適度の野菜

 穀物で健康です。

⑪ただ、現代の日本の犬は、加熱した穀物に茹でた野菜や海藻

 茹でた肉を食べることが減って、ドライフードだけになっています。

 偏った栄養であり、同じものばかり食べていると食べる楽しみも

 減ってきます。

⑫食べることは、生きていく上で重要な行為であり命です。

 生きた食べものを摂る!自然の摂理の中での命を頂く

 エネルギーあふれる健康的な食事で健康で元気で生きる

 犬も人間も新鮮な酵素を含んだ食事が何より大事です。

005  

犬の歯からみた食のこと。

現代ワンコの抱える病は、飼い主の意識変換からしか変われない。

純粋で健気なワンコの命を預かる飼い主様

めんどくさい!だけではいけません・・・

命を預かる

共に健康的に生きる!

歯から見たワンコでした。

007_2

2013年4月17日 (水曜日)

桜満開!「バックス」「ジロ」くん訪問

3月28日久しぶりの再会

最高のお天気に恵まれた良き日!

カクタハウス近くの満開の桜を満喫で幸せ~

018

2カ月ぶりのアトピーワンコの「バックスくん」「ジロくん」

前回の訪問で劇的に改善された重度のアトピー

バックスくんの目の周りや足や指の間の引っ掻き黒ずみ・・

4年間治らなかったアトピーが2カ月で改善

011

繊細で小さいジロくんは、1月末の訪問時は体が冷えていたので

飼い主様のカクタさんに何だかの対策が必要ですね!

そうお伝えして、早速改善・・・

ジロくん用の段ボールハウスが完成していました。

005

保温力に優れているので暖になる!!

素晴らしい!

お金をかけずにアイデアは素晴らしい~

自分の居場所が確保できていて、ジロくんは心が安定している・・

飼い主様の愛情を感じました。

寒い冬場、ちょっと冷えるカクタハウス

2匹のワンコに「湯たんぽ」

015

寒さを凌げたようです。

「バックスくん」「ジロくん」良かったね!

なんだか嬉しくなりました。

ワンコは小屋があることで安心感が増しているようでした。

ほとんど寝ている2匹の高齢アトピーワンコ(笑)

006

ワンコごはんはドライの「まるまる元気プレーン」に

残り野菜を洗ってハンドミキサーで消化吸収良く与えています。

001

002 

お湯戻しばかりより、噛む大切さもあるので最近は

「まるまる元気プレーン」にトッピングしているようです。

最近のジロくんのお尻の毛はまだ生えてきていないのですが

痒みはあまりないようです。

痒みでアゴを床にこすりつける行動は無くなったようです。

ヨモギ乳酸菌液を薄めて直接ぬりぬりと、

ヨモギ乳酸菌を飲み水にシュッシュは欠かさず続けています。

003

ヨモギ乳酸菌豆乳ヨーグルトは食べないようです・・・

いずれにしろ改善は歴然!

後は、これから温かくなる夏場がどうなるのか?

アトピーワンコにとって如何に?

この夏の様子は重要です。

019

2013年4月14日 (日曜日)

ワンコに元気な乳酸菌「豆乳ヨーグルト」

ワンコに豆乳ヨーグルト!

時代はワンコも食べる時代

牛乳のヨーグルトではダメなのか?

ダメだということではなくて牛乳の質の問題による不自然な飲み物・・

006

牛さんが悪いのではなく、

牛乳ヨーグルトがダメというわけではないのです。

本来は、牛乳は子牛が成長するある一定の時期に飲むだけのもの

人間も母乳はずっと飲まない・・

牛さんが健康的な環境で育っているのであればいいのですが、

密飼い、工場でのオートメーションのように無理やり絞りだす牛乳や、

成長ホルモンや抗生物質投与、飼料に入っている薬物、

過酷な環境下で短命で、ひたすら乳を摂取され続ける

なかには、子供を産んでいない牛さんが牛乳を絞りだすこともあるらしい・・

不自然な不健康な管理下での生産現場での白い液体は、

必ずしも健康に良いとは言えない場合もあるようです。

ただ、牛乳に恩恵を受けてきたことも事実です。

なんたって私は、牛乳が大好きですし、給食だシチュー、アイスクリーム

たくさんの美味しい食べ物となっているのでありがたいです。

少しは、控えた方がいいと言ったところです。

生産する側や、経済や政治と結びつきの強い産業であることに違いは無い。

なので、人間の遺伝子にも近い豆乳

日本人は牛乳の乳糖が上手く消化されないなどもあり

植物性豆乳でヨーグルトを作っています。

でも、これは個人の自由です。

             「豆乳ヨーグルトの作り方」

001

008_2 

カクタハウスのバックスくん&ジロくんは、

簡単にできるヨーグルトメーカーでパクパクです。

飼い主様も、もちろんお召し上がりです。

021

022

なかなか初めは上手くいきませんが・・・

固まるまでトライしてみて下さいね~

お腹の中で乳酸菌が大活躍しますよ! 

乳酸菌を摂取して、乳酸菌の分泌する酵素で細胞を若返り

発酵や酵素は全てのワンコに不足しています。

豆乳ヨーグルトを食べないワンコもいます

フードに混ぜ込んだり、飲み水に乳酸菌を加えたり工夫が必要。

お試しあれ!

005_2

2013年4月12日 (金曜日)

免疫アップ ジロくん乳酸菌風呂でホッカホカ~

幸せワンコのヨモギ乳酸菌風呂~

これぞお勧め

ヨモギ乳酸菌さんのお陰で湯冷めしにくい効果

温泉より効果があると言われているほど・・・

超弱酸性水風呂

Dsc_0033 

ただ、アトピーのワンコは肌が敏感なので少量でお試し

20cc~50ccくらい

ヒリヒリしたり、痒がったり、嫌がらない程度に希釈

大切な量

同時に天然由来の入浴剤を少しいれてもOK

又は、粉末のビタミンCを入れて水道水の塩素を軽減させる

007

塩素は、善玉菌の乳酸菌を死滅させてしまうので注意

塩素除去は大切です。

人もワンコも同じなのです。

飼い主様の残り湯を使って入浴

なんといってもお風呂は一番

アトピーは、体を温めることが何よりも大切

痒みや、腫れで冷やす人やワンコもいますが

痒みは、体外へ排出しようとする本来の姿

自然治癒が高まっている証拠です。

体内に蓄積したステロイド剤が血液を通して全身に巡り

炎症のあるところ以外にも広がって痒みや炎症となります。

アトピーのワンコは、ステロイド剤によって低体温となり

免疫力が低下

更にカラダを冷やしたり、冷たいものを飲み過ぎると

血管が収縮し、血行が悪化すると、毒素となって皮下脂肪や

血管壁に蓄積している酸化コレステロールが排泄されなくなる・・

毒出しが出来ないでいるといつまでも症状は改善しない

酸化物質を出しきる

カラダを温め、発汗することは大切な治癒です。

Dsc_0035

カクタハウスのジロくんのアトピー回復が早まっているのも

飼い主様の愛です。

Dsc_0030_2

もっと良くなれ~

健康で元気で長生き

20歳以上は幸せに健康に生きられることを願います。

ジロくん バックスくん

ありがとう

風呂はあまり好きでないみたい(笑)

005

2013年4月11日 (木曜日)

ワンコに元気な乳酸菌シュシュ②

ワンコの健康を守る!

018_2

病気に負けない強いカラダを作る!

免疫力をアップしてワンコの健康管理をする

免疫細胞を活性化し、腸を発酵環境にして皮膚も守る

元気で健康でアトピーのしつこい痒みの無いカラダへ回帰

飼い主のお役目

発酵環境を見直す時に起きるのが病でありアトピーでもあります。

ライフスタイルに合わせた発酵スローライフの実践

発酵は心・体・食の三位一体によるバランスが大事

その1つが「ワンコに元気な乳酸菌シュッシュ」なのです。

003

あくまでも、私の実体験によるもので全てに当てはまる訳ではありません。

ご興味があり、共鳴できる人やワンコへのご案内です。

くれぐれも自己責任での判断でお願い致します。

011

       「ワンコに元気な乳酸菌シュシュのヨモギ効能」

1、ワンコに元気な乳酸菌シュッシュは、私が自家培養をしている。.

.  九州産ヨモギ漬物を使って培養をしているものです。

  昔ながらの野草健康法のひとつで、今でも使われている酵素風呂と

  同様かと思われます。

2、その中でも、ヨモギは昔から皮膚の病や傷や怪我を治してくれていた

  摩訶不思議な野草です。野草は地域によって豊富に存在しますので

  有害物質の検査を済ませていれば大丈夫かと思います。

3、ヨモギは、ハーブの女王と言われ、薬草で万能薬とされています。

  東洋医学では評価が高く効果は絶大とされている野草です。

  キク科の植物で、ひまわり・コスモス・たんぽぽ・ごぼう・レタスなど

4、ヨモギは飲んでよし、付けてよし、塗ってよし、食べてよし、浸してよし、

  嗅いでよし、燃やしてよしとされているのです。

  食物繊維が豊富で整腸作用がある。

5、浄血作用・炎症改善作用・血中コレステロールを低下

  癌細胞やウイルスを阻止・染色体異常を抑える・

  デトックス作用で有害物質・残留農薬・ダイオキシン・放射性物質など

  癌化する活性酸素を抑える。

6、クロロフィル(葉緑素)・食物繊維・ビタミン・ミネラル・カロテン・コリン・

  シオネール・フラポノイド・カリオフィレンなどの成分が血行を良くして、

  毒素を排泄することから病に効果があるといわれています。

7、様々な病気の予防。免疫アップによる改善。

007

 

          「ワンコに元気な乳酸菌シュシュ」

1、ワンコに元気な乳酸菌シュシュのヨモギは、夜が明ける直前に摘みます。

  日の出前の早朝の一時間ほどでの朝摘みとなり、日中にかけてくると

  乳酸菌が減り、光合成細菌が増えていき乳酸菌が少なくなるために

  早朝に摂取しする。あくまでも乳酸菌の培養を目的とする為。

2、ヨモギ葉の乳酸菌が多く棲息するのが、発芽点、成長点と呼ばれる部分で

  上から15センチ位を摘む。

  水洗いをしないで発酵菌群(乳酸菌・酵母菌・光合成細菌など)を洗い流さない。

3、その後に、黒糖(黒蜜)天然塩・にがり・醸造酢(入れなくてもOK)で漬けこむ。

  それで出来たものがヨモギ漬けです。

  そのヨモギ漬けを種菌として培養したのが「ワンコに元気な乳酸菌シュシュ」です。

4、原液の培養済で一週間発酵させると、乳酸菌は酸性値PHが高くなり

  酸味の強い酸っぱい液体となります。

  アトピーの人やワンコが使用する場合は、原液はNGです。

  絶対に希釈しないとかえって悪化すことがありますので、希釈する水加減こそ

  一番重要なことであります。

5、お風呂に入れたりすることで酵素風呂としても最高ですが、アトピーの症状に

  よっても入れすぎると痒みが発生します。敏感で繊細なお肌には使用量を

  自分にあった加減にする工夫が求められます。

  乳酸菌がお風呂に入ると血行がよくなり、湯冷めしにくくなります。

  乳酸菌が皮膚の赤や老廃物を食べてくれて、アトピーなどの繊細なお肌は

  ごしごしと洗ってはいけません。手洗いで十分です。

6、「ワンコに元気な乳酸菌シュッシュ」は10~30倍と希釈されています。

  季節によって発酵加減も違い、発酵は常に変化していて個性豊かです。

7、「ワンコに元気な乳酸菌シュッシュ」は商品ではありません。

  あくまでも個人的に効果があって、自分で培養が出来ない飼い主様に

  おすそ分けしているだけです。

  使用は飼い主様の自己責任で判断していただくので責任は持てないのです。

8、乳酸菌は生き物です。できるだけ新鮮なうちでのご利用が理想です。

  一週間くらいが目途で使いきって下さい。

  希釈されているので乳酸菌が薄まっているので長期保存は避けた方がいいです。

008_3

                               「ご利用方法例」

1、基本は消臭と腸内発酵です。

2、ワンコの飲み水やフードにシュッシュ

3、ワンコの口臭や体臭を軽減にシュッシュ

4、アトピーワンコには、ガーゼや脱脂綿に含んで優しく塗る

  嫌がる様子があれば、希釈(塩素入り水道水はNG)する。

  ワンコが嫌がらない程度の濃度にする。

  一日2回程度で十分です。過剰の利用はかえって肌を痛める。

5、ワンコの衣類や、ゲージ、玩具、食器、マットにシュッシュ

6、部屋干しした洗濯物にシュッシュ(ヨモギ色素に注意下さい)

  白い布やカーペットやシーツや衣類などは色がつく場合があります。

7、ワンコの排泄物に直接シュッシュ(原液に近い方が効果があります)

8、ワンコのお風呂やグルーミング時にシュッシュ

9、お家の観葉植物にシュシュで元気になります。

上記がご利用方法の一部です。

ご興味があればお試しください。

上級編は、自家培養がお勧めです。

手間がかかるな~

そんな人には、販売をしているところもございますのでお考えください。

考えなくても構いませんよ。

013

              「期待できる効果」

1、下痢や便秘のワンコの便が正常に戻っていく整腸作用。

2、便の臭いが軽減する。

3、毛ツヤがよくなる。

4、口臭や体臭が軽減する。

5、整腸作用によって活力が出て元気になる。

6、血流が良くなり筋力もアップする

7、消化や吸収がよくなり疲れにくくなる

8、アトピーやアレルギーの改善にゆっくりと向かう

9、飲んだり、食べたり、薄めて塗ったり、スプレーしたりして

  体中を乳酸菌でカラダを守り、ウイルスや病原菌や癌細胞から守る。

10、食すことで脂肪の燃焼させメタボや肥満や生活習慣病の予防となる。

など期待が出来ます。

個人差はあるにせよ、乳酸菌は素晴らし働きをしてくれる。

あくまでも、個人的な見解です。

  

2013年4月 7日 (日曜日)

ワンコに元気な乳酸菌シュシュ始めに①

ワンコにも乳酸菌!?

今やペットにも不足している乳酸菌

今大注目の酵素も、乳酸菌が分泌します。

新鮮な酵素と乳酸菌で腸内を改善するとアトピーは治っていきます。

すべての病は、腸内の免疫をアップさせることです。

003_2

ようは発酵環境の不足によりワンコも免疫を落としている・・

乳酸菌群は強力な発酵菌の微生物さん達の働きで

お腹も皮膚もお家も、目に見えない私達を悪玉菌から守っている

本来は悪玉菌・善玉菌・日和見菌だとかの位置づけすら自然界にはない・・

人間の都合でつけられた悪者や正義の味方?

菌さんも困惑しているかもしれない・・

日本は気候風土が発酵に適している世界でも類がない

天然酵母菌・日本の国菌の麹菌・乳酸菌・納豆菌・放線菌・酢酸菌

光合成細菌・シアノバクテリア・・・

002

発酵善玉菌が現代では、

悪玉菌(ウエルシュ菌・大腸菌・ブドウ球菌・サルモレラ菌・・)

などとごちゃ混ぜになり殺菌・滅菌・除菌のオンパレード

これでは私達のカラダは守れないし、同じような環境で暮らすワンコ達も一緒。

デタラメな食生活や発酵不足で起きる免疫の低下は深刻

一昔前は、お家で手前味噌・ぬか漬け・漬物類などで自然と発酵されていた

環境下であり、建材の化学物質や水道水の塩素消毒や添加物や不自然な食品

おまけに、漬物まで塩素消毒を強化している時代(大汗)

味噌も加熱殺菌で発酵菌を死滅させた大豆のペーストになっている・・・

行き過ぎた殺菌の保健所の対応に疑問だらけ・・・

一般人の認識不足による誤解

そこで現代日本が注目しているのが有害物質をも駆逐し

NK細胞やマクロファージ細胞を活性化して免疫力をアップする!

腸に届け、癌細胞をパクパクと食べて行ってくれる

病気に負けない!

放射性物質にも負けない!

ウイルスや病原菌にも負けない!

アトピーの症状にも負けない!

ワンコに元気な乳酸菌シュッシュとは?

アトピー改善に必要な重要な柱の一つ

ミラクル乳酸菌

先人の叡智

摩訶不思議な乳酸菌群ワールド

004_2

地球を宇宙の有害光線や物質から守ってくれている微生物さん

感謝をして菌さんと響き合い、共鳴し合い、調和する発酵ライフ

発酵は、心・体・食の三位一体のバランスがとれて発酵環境となり

ワンコも人間も自然界も健康になっていく

これまでの常識や掟の大転換期

菌食の時代

発酵菌でカラダを守る!

お金をかけなくても健康で幸せにワンコやペットとの共生

ゆるゆる発酵スローライフの時代

それがワンコに元気な乳酸菌シュッシュの始まりです。

消臭効果&腸内発酵

人もワンコも健康を取り戻す

自分なりの発酵をお試ししてみてください

効果は絶大!

ただ、微生物さんも生命体です。

響き合わなかったり、調和しなかったりすると腐敗もしくは発酵しません・・

菌さんを愛して接する

021 

ワンコと同じように接してあげて下さいね!

ありがとうございます。

菌曜日

つづく

2013年4月 4日 (木曜日)

玄米食の注意事項

玄米の素晴らしさ

栄養バランスが優れた完全食とも言われています

しかし、全てではありません。

バランスよく、そのワンコに合った食事法を見つけることです。

010_2

発芽玄米のさらなる栄養価の素晴らしさ

玄米は生きてますが種の状態

発芽させることで生命の活性化で栄養価もアップ

水に2~3日浸漬しておくと発芽します。

玄米の固いヌカ層を突き抜け目が出てくることで

消化もよくなります

消化吸収が出来ないと体内で消化不良となって大腸で停滞

それが毒素となって血液に溶け込み体調不良や病気となるのです。

消化良くするためによく噛むのですが

ワンコは呑み込むだけなので、食べた時点で消化のいい

状態が理想です。

簡単ワンコの手作りごはんでは、ハンドミキサーで粉砕しています

消化よくし、消化酵素の消費を抑え

代謝酵素にしっかりと使われなくては病気となります。

002

玄米信仰!?ではありません・・・

玄米は最高

自然界の中で最もバランスがとれた食品といわれ

一粒完全

生命が宿るエネルギーの高い生きたお米

玄米を蒔けば発芽する命の源

私の勧める発芽玄米シリアル「まるまる元気」

028

無農薬発芽玄米の全粒粉で焙煎された風味豊かな発芽玄米粉

そして、無農薬玄米を柔らかく炊き上げたうえでブレンド配合した

メルシーフード研究所のオリジナル製法

竹炭粉を練り込んだ無添加保存食。

お湯をかけて5分でほぐれて食べやすくなります。

158

歯の悪いワンコや高齢や幼少や胃腸が弱っている時は最適。

その玄米の素晴らしさは誰もが知っている

しかし、一方でよく耳にする言葉が、

「玄米を食べ始めてから具合が悪くなった・・・」

そんなお話を聞くことがあります(汗)

その原因は、現代日本人は固い栄養価の高い糠層を排除し、

柔らかく、もちもち食感に慣れたことや

お肉やハンバーグにしろ柔らかいこそ美味しい!

固い食品を食べなくなった現代日本人の消化能力が落ちた?

そんな気もします・・・

玄米ごはんが健康にいい!

そう信じて始めた玄米食がかえって消化不良を起こし

腸内で不良消化となり栄養価が消化吸収されていないことで

調子が悪い!

それか、胃腸が一生懸命消化吸収しようと頑張ってはいるものの

慣れない固い糠層におおわれた玄米が消化不良を起こす?

よく噛まないも原因

特に子供さんは無理に食べない方がいいかもしれません。

ある程度の年齢から玄米にシフトすることが理想です。

先日も玄米は食べない方がいい!!と言われたのですが

それは、正しい認識がされていないか?、

正しい炊き方が出来ていないか?

夏場などに弱った胃腸に負荷がかかり消化不良を起こしたか?

なんだかの理由があるはずです。

玄米をより体にしっかりと吸収する食し方や炊き方のご案内です。

もちろんワンコはハンドミキサーで撹拌すりつぶして消化吸収良くします。

では、私の個人的な案です

           <玄米の炊き方・食べ方>

その前に、簡単な食べ方例です

①「白米+炒り糠トッピングや小麦ふすま」

094        

 白米に慣れた日本人には、玄米が美味しく感じないし香りや

 味が苦手の人には・・・

 現在食べている もちもち白米ごはんに炒り糠をトッピングする!

 白米だけでは大切なミネラルやビタミンや食物繊維が激減するので

 炒った糠をふりかけにすることで酸化した白米でなく丸ごと栄養に近ずく。

 飼い主が日頃食べているお好みの産地の白米を食べながら、

 ワンコに与える場合は、炒り糠をトッピングする(アトピー改善中)

027_2

093

027

小麦アレルギーがあればNGです。

②「胚芽米のごはん」

 白米が美味しい!でも炒り糠は抵抗があるしパサツクしワンコが食べてくれない?

 そんな場合は、胚芽米ごはんで与えてみる。

 少し雑穀を入れてハンドミキサーで撹拌しすり潰す。

 「五分つき、七分つき」に入り糠をトッピング・・・

③「土鍋で炊く」

 033

045  

 玄米を食すには一番のベストが土鍋で炊くことかも知れません。

 ただ時間がかかるし、面倒くさい・・・なんてこともありますので人それぞれ

 消化不良を起こす原因は土鍋で炊いていない!こともあげられます。

 土鍋の炊き方もお勧めは、ビックリ炊き

 http://benstars.fc2web.com/genmai/

  http://ameblo.jp/sujiya-maiko1234/entry-11401826612.html

 秋田県に伝わる二度炊き

 途中で冷水を加え、ビックリされて時間はかかりますが、

 玄米の固さがなくなり水分が多い分、増量となり経済的でお腹に優しい

 土鍋で炊いてから炊飯器の保温で保管

 私は、この方法で現在は玄米ごはんを食しています。

 びっくり炊きは浸漬させないですが、より消化がよくするには、

 12時間浸漬させると柔らかさがアップ!

 好みはあるでしょうが硬い糠層がほぐれます。

 浸漬させることで、酵素抑制物質の「アブジシン酸」が取り除かれ

 種の毒素が消えるようです。

 発芽モードになり眠りから覚めた状態となるのでお勧めです。

 

④「酵素玄米」または「酵素玄米風ごはん」

 酵素玄米を正確に炊くほ法は手間がかかるし、毎日は辛く続かない・・・

 酵素玄米に近い「酵素玄米風ごはん」を炊く特別な炊飯器も存在

 私は、約2年位はこの方法で簡単に発芽玄米酵素ごはん風でした。

 酵素玄米風のご飯を食べ始めてから冷えがなくなりました。

 電磁波を軽減させているとか・・

ワンコに与えるアトピー改善ごはん!

「まるまる元気プレーン」で簡単に与えてもOK

一方で、家庭の事情やライフスタイルなどや好みによって上記のような

玄米ごはんの食べ方もあります。

ご自分の食生活や経済的なことやライフスタイルにあった食事法を

確立することをお勧めいたします。

もっと素晴らし玄米の食し方もあるはずです。

夏場の食欲の無い時には返って胃腸に負担がかかることもあります

飼い主の適正な判断が必要です

玄米信仰!?

柔軟になることも必要かもしれません。

玄米だけでアトピーがよくなるということではありません。

そのワンコに合ったバランスを見つけ出すことです。

酵素や乳酸菌などは重要です。

洋犬はお米を食べ慣れていないので無理に取る必要はありません。

お米の消化酵素を持ち合わせていない場合もあるし、

米のアレルギーもあれば避けるべきです。

食物負荷試験での検査を受けたりすることで、どの程度量を食せるか

知ることも必要かもしれません。

まるまる~

ゆるゆる~

アトピーがよくなればいいのです。

シンプル

 

2013年4月 1日 (月曜日)

理想のわんこ「モカちゃん」とのご縁

私の個人的に理想とするわんこが「モカちゃん」

どの飼い主様も自分家のワンコが何より可愛い・・・

あくまでも個人的なご縁でのお話・・・

カクタハウスの2匹のワンコも可愛くペロペロしてくれ大好きです。

002

このモカちゃんは女の子

去勢してからは激太り

柴犬で街で一番の元おデブさんだったらしい・・

マクロビ犬で、動物性タンパクはメタボわんこからの脱出のため・・

そのわんこの飼い主は、蒲田でマクロビ教室を主宰し、

昨年10月に銀座一等地でのレストラン開業!

素晴らしいご縁の中で短期間でオープン

女性が喜ぶオシャレでヘルシーでキレイになれるお料理

「キレイ料理レストラン&スクールG&V銀座」オーナーである

013

はりまや佳子さん

002

http://blog.g-veggie.com/?eid=12343172#

マクロビ教室の業界では有名人

ブログのランキングもいつも上位

そのマクロビ柴犬「モカちゃん」と、佳子さんとの出逢いは2011年末

私もずっと玄米を軸とした「まるまる元気」をやっていたので

コンセプトが同じ・・・

そしてわんこのごはんの本も出されているエネルギッシュで

健康的で感がよくて、

私と同級生だったのでその日からお友達に(笑)

そんな気さくと母性と強さと営業能力とシャープさと愛きょうを兼ね備えた

褒めすぎ?

私は、この一年学ばさせていただき感謝しているお友達です。

それに、ヨモギが、佳子さんにとって一番大切な野草らしく

最近はお逢いするたびにヨモギ乳酸菌をお渡し・・・

なんだか分からないですがご縁ですね~

そんな経営者で、わんこの本も書いて共感する女性

Photo

「幸せわんこの健康ごはん」を出版したのが2011年末

その主役のマクロビ犬のモカちゃんとの出逢い

モカちゃんは避妊手術をしてから激太り・・・

そして、マクロビごはんでダイエット

その結果、いいことだらけ

日本犬の柴犬ということもあるのでしょうがその実践して

健康で元気で毛ツヤがよく姿勢が良く、凛とした大和撫子のわんこ

もう11歳を越えたわんこですが元気ハツラツ!

心と体と食のバランスがいいのでしょう

G-Veggieというマクロビ教室を主催の関係上、食材は素晴らしい

オーガニック・自然栽培・有機・無農薬と野菜のくずも最高の食材

恵まれた食と環境で理想的な目の生き生きとした生命力

こんなお家のわんこになりたい・・・

そう呟きながら来生はお願いします ワン ワンな感じです

私のワンコのアトピーから脱出大作戦!ドキュメントブログの柱

簡単!ワンコのアトピー改善ごはんの基礎

感謝しかありません。

発芽玄米シリアル「まるまる元気プレーン」を使ってもよし、

使わなくても今後の簡単にできる手作りごはんのきっかけに

なって頂くでもありがたい。

アトピーワンコが救われていくことが大切な任務(笑)

まるまるなご縁で広がる輪であり和

まあるい円、皆で囲んで園、楽しく盛り上がり和と宴で笑い

まるまる元気は、そんな意味から由来するネーミング

必要な時に必要な出逢いと学び

その繰り返し

モカちゃん&佳子さんとの出逢い

私が理想とするわんこは、たまたまマクロビ犬だった柴犬

人それぞれのご縁の中での理想

愛する我が子が可愛い

それでOK

お肉やお魚を食べなくても元気で健康なワンコに育つ!

実践されているから嘘がない

アトピー改善の道筋に光明を見た気がします・・・

また、ヨモギ乳酸菌をお持ちしますね~

佳子さんが人生だ大切なのがヨモギだそうで驚きましたよ!

シンクロか?

ありがとうございます

銀座のレストランはこちら

マクロビのお店かと思いきや

お肉もお魚も選べるキレイ料理

佳子さんは、「何でも食べていいのよ~」

「素晴らしい食べ物の命に感謝しましょう~」

そのバランス感覚が大好きです。

「最近の女性は砂糖の摂りすぎですからお肌に注意・・・」

と参加者女性にアドバイス

発倖した甘酒糀カクテルは最高ですね~

http://g-veggie.com/gandv/

そういえば、年末に伺った時に店の前に落ちていた大きな葉っぱ

012

四葉のクローバーのような縁起物

祝福されているお店だ~

私達一行も祝福されたかな?

ご縁を繋げて頂いた木口&真理新婚夫婦に感謝です。

お気に入りの理想のワンコ「モカちゃん」

柴犬にご縁がありますな~

 

2013年3月27日 (水曜日)

女性パティシエ手作り「まるまる元気」作り方 

「まるまる元気プレーン」の作り方公開!

005_5

楽しく作る~

今回は、我がアイドルパテシエによる母性の手作りをご紹介

何故だか?

女性パティシエの手加減がいいようです

不思議と美味しく仕上がるのが手作りの面白くて楽しいのです。

もちろん誰が作ってもGOOD!ですけどね~

004_4

     <発芽玄米シリアル「まるまる元気プレーン」工程>

 1:原材料を準備します。

 ①風味豊かな無農薬発芽玄米全粒粉(焙煎)・・・・・・・・・・・・・・・・・右手前・奥

 ②竹炭粉&ひじき&大麦若葉粉「無農薬玄米を炊いた玄米ごはん」・・左手前

 ③竹炭粉入り「もち米パフ」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・真ん中

 ④天然醸造のお味噌と美味しい水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・左奥

 ⑤酵素玄米粉(ビタミン・ミネラル生きた玄米焙煎粉)ダイエット・ブラウン配合

001

 2:女性パテシィェがこの手で美味しく楽しく作りま~す「まるまる」。

  020

 3:竹炭粉・大麦若葉粉・ひじき&炊いた玄米ごはん(消化吸収にいい)

004

 4:もち米パフにもミネラル宝庫!黒い宝石「竹炭粉」を加えます

005

007_2

 5:発芽玄米全粒粉に溶かした天然醸造の味噌を加えます

009

 6:混ぜ混ぜ~010

 011_2 

 7:全部を混ぜ合わせてコネコネ開始~けっこう大変!でも笑顔

015

013

018

 9:グイグイ麺棒で延ばし 固めの生地でふ~

023

 

10:伸ばせたら均等にカット

027  036

 11:鉄板にきちんと並べます

038      

 12:オーブンでこんがり焼き~

    

040

 そして完成

 素敵な女性パテシエの手作り!

 ワンコも幸せポリポリ・カリカリなのです。

 人向け焼き菓子(小麦粉・卵・牛乳・バター・砂糖は使っていません)

 消化吸収によいオリジナル製法

 噛まないワンコも安心

 胃腸の弱い現代ワンコには、お湯で柔らかくして下さい。

 高齢ワンコにもです。

 肉食系のワンコには、良質の脂肪の少ない赤身肉や地鶏

 や鮮度のいい養殖でない魚がいいかもしれません。

 飼い主様の判断で、ワンコに合った食事を見つけることです。

 

 飼い主も安心できる手作り

 ワンコも飼い主も心が通じ合うコミニュケーションフード

 自然の恵みに感謝いたします。

 素敵な女性パティシェにも感謝です

 まるまる

2013年3月23日 (土曜日)

バックスくん&ジロくん アトピー改善ごはん

簡単!ワンコのアトピー改善ごはん

高齢柴犬バックスくん&ジロくんのごはんの様子

Dsc_0052_2

一日一食

Dsc_0042

高齢犬で、歯も弱っているので、一日一食のようです。

発芽玄米シリアル「まるまる元気プレーン」をお湯戻し、

Dsc_0048

湯切りをして、そんまま与えるか

後は、栄養のバランスを考えた残り野菜2~3種+きのこ+海藻

味噌少しと、ゴマ油(菜種)をちょっぴり入れてハンドミキサーで撹拌

まるまる元気のお湯戻しにトッピングで完成!!

Dsc_0050

これまでのお獣医さんが処方していたドクターフードに比べ

明らかに美味しそうに、喜んで食べているようです。

ワンコも人間と同じ

毎日同じは寂しい・・・

手作りごはんになると数日は、好転反応があったようです。

ちょっぴり吐いたり・・・

なれない手作りごはん

その後は、特に問題なくパクパク

2匹のアトピーワンコの改善ごはん

水分が増えてので便も緩め

ごはんの量もドライだけより多めでよし!

「まるまる元気プレーン」は炊いた玄米ごはん入りで、腹もちがいい

消化吸収もGOOD

バランスよく食すこと

時々、ヨモギ豆乳ヨーグルトをデザートでパクパク

簡単に作れるヨーグルトメーカーを購入

021

飼い主もワンコもたべています。

食べない時もあるようですが・・・

022

飲み水に、ヨモギ乳酸菌液をシュッシュ

腸内にしっかりと元気な乳酸菌をお届け

020

アトピー改善には必須条件

まるまる元気+ヨモギ乳酸菌

カクタハウスの重度のアトピーワンコが、約2カ月で改善に向かう!

腰の曲がったジロくん

お尻から毛が生えてきました

016

目の周りの黒い皮膚が改善のバックスくん

018

嬉しい!

よかった!

飼い主のカクタさんファミリーの愛情に感謝

028

ワンコの痒い痒いが改善し、毛も生えてきている!!

これぞ正解!

素直なワンコと、愛情たっぷりの飼い主様

続けて下さいね~

2013年3月15日 (金曜日)

音で癒す「音叉(おんさ)」でジロくんが・・・

高齢アトピーワンコのジロくんとバックスくんとの再会

初めての出逢いからちょうど2カ月

2012年1月30日での再会

発芽玄米シリアル「まるまる元気プレーン」&ヨモギ乳酸菌で

劇的に回復を見せた2匹のワンコ

017

その吉報が2013年元旦にあって再会を楽しみにしていました。

実際に目視して、アトピーの驚異の回復を確認!

ワンコのお役に立てて本当に喜びを感じた瞬間

さらなる改善は心の部分

なので、わたしのお友達と一緒に訪問

もちろん、アトピー改善に向けての第二の矢!

それが、音叉(おんさ)を奏でる愛の伝道師・・・

愛音さん

http://ameblo.jp/iicocochi/

クリスタルボウル演奏者であり、

音によるハンドリフレや開運手相はお手のもの

その愛音さんにワンコを癒してもらおうということでご参加

そこで起きたミラクル!!??

ワンコにどう伝わるのか??

動物は嘘をつかない・・

芝居ではない・・

ソルフェージュ音階音叉による愛の音

024

奇跡の音であり、変容・奇跡・DNAを修復する周波数の

528Hzを持参いただき

ワンコに活力を与え、憩いを与えオーラを揺らす

現代音楽にない音階で、まったく異なる周波数

現代音楽に抜け落ちていた周波数

脳やカラダに刺激を与え調整するシロモノ・・・

私も初めて目にするこのソルフェージュ音階音叉とは??

今回は、腰が曲がってきたジロくん

オシッポの毛が生えてきたジロくんの気の流れを調整

敏感で、繊細なジロくん

そのジロくんに異変が・・・

028 029 034 033 032 038 030 031

飼い主のカクタハウスのカクタさんと娘さんもビックリ

明らかにジロくんは感じ取っていたのです

お尻のせん骨を刺激

カラダが沈んでいき気持ちよくなってきて寝てしまった・・・

バックスくんは、椅子でずっと寝たまま・・・(笑)

憩いの波動ではカラダが沈み

活力の波動ではカラダが活発になる

愛音さんも想像以上のジロくんの反応に喜び(笑)

寒さにブルブル震え気味でしたこの日のジロくん

カラダが温まり免疫が上がり、心穏やかになり眠った・・・

恐るべし愛音さん

もちろん人間にも・・・

027 036

音叉の振動は心地よく

直接触れなくても感じ取れる音のマジック

ジロくんの曲がった腰

せん骨にはいろんな情報が詰まっているという・・・

ソルフェージュ音叉

古代の音階 恐るべし・・・

次は、クリスタルボウルお願いいたしま~す。

まるまる

2013年3月11日 (月曜日)

デトックス植物性食品で構成「まるまる元気」

「まるまる元気」プレーン&フルーツ

035 

どちらも完全に植物性食品だけで設計した食品

その設計は、植物性食品によるデトックス!

お腹の中に溜まった毒素を排泄し排出しキレイにデトックスする

ワンコのお腹が腐敗環境になると活性酸素が活性化

病の発症

アトピーや糖尿病や心臓病や癌

血液の汚れ

腐敗環境に落ちいた腸は、免疫が下がり免疫細胞の働きが鈍る

負のスパイラルに陥る

口に入れる食はワンコの血となり肉となり骨となり

細胞に染みわたる

食の偏り、ばっかり食べ、バランスが崩れると悪玉菌が増殖

悪玉菌が優位な環境を作り出すことを未然に防ぐ

そのためには、食こそ全て

飼い主の責任であり、正しい知識を学び

人もワンコも基本は同じ・・・

018

「まるまる元気」の食材使用の意味は、デトックスであるのです。

デトックス効果は、食物繊維やミネラルが重要

腸内に溜まった毒素を排泄する食物繊維

新鮮な野菜や果物など酵素を含んだ食材や発酵食品など

ドライフードでありながらデトックス効果

その食材の効果を検証です。

001_2

    「まるまる元気プレーン」の場合

          <原材料>

①無農薬発芽玄米全粒粉(焙煎)

②無農薬玄米での炊いたごはん

③もち米でできたパフ

④天然醸造味噌

⑤ひじき

⑥大麦若葉粉

⑦竹炭粉

⑧酵素玄米粉炭を配合(玄米黒焼き)

 がん予防に効果

上記が、デトックスのために設計した植物性食品

       ①発芽玄米全粒粉や玄米ごはん

045

 そのデトックス効果は、食物繊維が豊富で、便通をよくする

 腸内に存在する有害物質、環境ホルモン、発癌物質、腐敗菌、

 病原菌、放射性物質を体外へ排出する働きがある。

 フィチン酸やイノシトールの成分はデトックス効果あり。

 ただ、消化吸収が悪い玄米を胃腸の疲労を軽減する為に

 全粒粉にし、玄米のごはんを炊いてブレンド配合したオリジナル

 製法で解決。噛まないワンコのお腹に優しい。

 玄米に生息する発酵菌(麹菌・酵母菌・乳酸菌・光合成細菌他)

 を摂取することで、加熱していても善玉菌が腸内でエサとなり

 有効な働きをしてくれる。

                ②天然醸造味噌

013

   味噌は、天然醸造でないと意味がない・・・

 加熱殺菌され、添加物や人工アルコール入りは味噌でない。

 味噌風の大豆のペーストとしかいえない。

 味噌は世界が認めた旨味

 ワンコに味噌?

 塩分は大丈夫?

 そんな思いの中で、植物性で構成する食品は、ナトリウムが不足

 お肉には自然と含まれるナトリウムがあり、鶏肉が一番多い

 味噌は発酵で腸にも優しい

 塩分は極めて微量であり、生命活動では必要

 取り過ぎは問題となりますが、味噌=塩ではありません。

 味噌の塩分濃度は味噌の種類にもよりますが

 10%ほど

 まるまる元気の味噌の含有量は全体の1、5%

 そのうちの塩分は全体の0、15%くらいで微量です。

 ワンコも必要なナトリウム、汗もかきますし、心臓を動かすのは

 ナトリウムとカリウムの働きが必要です。

 塩分で注意が必要なのは、精製された塩です。

 天然の塩はミネラル分が豊富で、

 必要以上のナトリウムを体外へ排出してくれます。

 取りすぎはいけないですが、動物性たんぱくを使用しない場合は

 微量の塩分も大丈夫です。

 天然醸造味噌でないといけません。

 大切なミネラル減であり、味噌はデトックス効果の高い発酵食品

            ③ひじき

004

 日本の土地はミネラル分が欧米に比べて少ない

 食物繊維とならんでミネラル不足が蔓延しています。

 ワンコも同様に、どうやってミネラルを摂取するかが日本の課題

 そこで海の野菜の海藻類は必要不可欠

 ミネラルが豊富。カルシウム、鉄、亜鉛、カリウム、マグネシウム

 抗酸化さようのあるフコイダンのヌルヌルが癌を制御する。

 体内に溜まった有害物質や放射性物質ヨウ素を、安全な海藻の

 ヨウ素が体外へ排泄する。

 猛毒のストロンチウムも排泄する働きがある優れもの。

           ④大麦若葉粉

001

 イネ科の植物で青汁では有名。

 驚異の食物繊維、ミネラルが豊富でカリウム、かるしうむ、

 ビタミンC、マグネシウム、クロロフィル(葉緑素)

 血をキレイにしてくれ、メタボや生活習慣病や精神安定効果。

 ワンコが散歩でムシャムシャ食べている野草は、イネ科の植物

 胃腸が弱ったり、吐き気がある時などに食す。

 ワンコの毒出しは、本能で知っているのです。

             ⑤竹炭粉

002_2

 竹炭はミネラルの宝庫です。

 意外と思うかもしれませんが、竹炭の効果は絶大です。

 竹炭は地球を救うとまで言われている食品のひとつです。

 「東洋の毒出し」といわれチェルノブイリ事故でも毒出し効果が

 味噌と同様に発揮したようです。

 その浄化力や利用方法は多方面で活躍しています。

 寺田本家の酒蔵には発酵を促進させるために炭を麹室や

 敷地に大量の炭を埋蔵しています。

 007

 酸化防止、保存性、便秘や下痢止め、美肌効果、リラックス効果

 消臭効果、カビ防止、水質向上、塩素吸着、有害物質を吸着分解

 保湿、疲労回復、安眠、磁場を整えイヤシロチに変える。発酵促進

 美味しくご飯が炊ける・・・

     <竹炭は摩訶不思議な結果を産み出した・・>

 以前に、まるまる元気にイワシを丸ごと入れた「まるまる元気」を

 販売していたころに摩訶不思議な検査結果が出ました。

021

 作りたてと、半年前の脂肪の酸化を食品分析センターで酸化具合の

 チェックをして、賞味期限を設定する準備での結果・・・

 常識では、半年前の脂の乗ったイワシの方が脂肪酸化が進む。

 当然その結果は分かっていたのですが、検査結果が摩訶不思議

 半年前よりも、作りたての方が過酸化物価が多かったデータとなり

 私は、食品分析センターに説明を分析担当者に確認・・・

 すると、「私は間違いなく検体は間違えることなく検査しました!」

 「常識では考えられないですが、事実です・・・」

 古い検体と新しい検体との取り違えを否定

 古い検体の方が10分の1の過酸化物価の数値結果

 ならばなぜ?

 その疑問を解決して頂いたのが、医学博士で竹炭の研究や

 水の研究もされている瀬田仁一博士と1ヶ月後に出会い、

 その摩訶不思議検査結果を報告すると、

 「それはこの竹炭の効果だよ!」

 「竹炭の効果で脂肪の酸化が改善されている!」

 「間違いない」

 本当にビックリ!!

 瀬田博士の言葉を全面的に信用し納得・・・

012

 常識を覆す掟破りの竹炭粉

 そんなエピソードがありました。

⑥酵素玄米粉炭の配合

 聞き慣れない「酵素玄米粉炭」とは?

 昔ながらの癌の特効薬と知られる玄米の炭化させたものです。

001

 その優れもの効果とは?

 ・石臼原理を用いたトルネード式粉砕機で、熱発生を極限に抑え、

  不可能と言われていた玄米の高いエネルギーを失活少ない。   

 ・抗酸化に優れていて極めて酸化をしない玄米焙煎されている。

  活性酸素を除去するフェルラ酸の働きで酸化しにくい

  (一年間は酸化がほとんどない)

 ・毒素を吸着する効果が高い。超微粉末で25ミクロン

 ・優れた消化のよい、玄米のデンプンがα化している。(糊化)

  腸の吸収が極めていい。

 ・食物繊維が白米の28倍で、善玉菌のエサとなり造血作用があり

  腸内が発酵環境になる。

 ・加熱しているにも関わらずビタミン・ミネラルが豊富。

 ・胃腸や臓器の細胞活性化。体を暖め、免疫力が上る。

  代謝がよくなる。

上記が「まるまる元気プレーン」のデトックス効果の由縁です。

          ※過酸化物価とは?

 ・油脂の変質の指標となる数値のひとつ。

 ・新鮮な油脂では過酸化物はほとんどない

 ・長期間放置された油脂や、空気にさらされていた油脂製品は、

  油脂が自動酸化して「ヒドロペルオキシド」が生成される。

 ・空気中の酸素、湿気、熱、光、金属イオン、微生物が不快な

  臭いを発し、味が劣化し酸化が進み毒性を示す。

 

2013年3月 7日 (木曜日)

メルシーフード研究所とは?①

一体何を研究しているのか?

メルシーフード・・・

176_3

フランス語と英語が混じった日本語英語(笑)

食べ物さんに感謝すること

命を頂くということ

2011年6月に立ちあげた研究所です。

そのきっかけは、シンプル

私自身が、命を何度も落としかけたアトピーとゼンソクの体験がありました。

そこから多くのことを学び、私の偏ったデタラメの食生活や考え方・・・

地獄を何度も味わいながらも改善しないアトピー

2011年後半から再発したアトピーに決着をつけ完治!

油断すると再発するこのアトピーのしつこさは自分の食生活と生活態度が

多きな要因でした。

2012年は徹底的に自分の食べたものとカラダの因果関係を実感

そこで私なりに構築したのが

アトピーを改善・治す法則(メソッド)が完成!

その3つの柱である三位一体を確立

001_2

お医者さんでもなく、獣医さんでもない私ですが

アトピーの地獄の体験と、改善し治したメソッドで

人間と同様に苦しむワンコを救えないだろうか!?

もちろん人向けも別途で進めています・・・

ご縁のありました、お仲間のカクタハウスの重度のアトピーワンコ

バックスくん&ジロくんを通じて

私なりの自己流であり、実体験での法則でもって治す!

そのお役目に使命を感じています。

メルシーフード研究所

世界一予算をかけていない研究所?

発酵・玄米を中心に

日本人に不足している発酵環境

発酵は、心・体・食の3つがバランス取れて発酵環境といえます。

アトピーや生活習慣病や癌など全ての病は、

バランスを崩した腐敗環境で発生すると確信しています。

独自の視点でありますが

ゆるゆるとお付き合い下さいませ

ゆるゆる発酵スローライフ!

ワクワク・楽しい・許す・感謝・笑い・仲間・美味しい・健康・元気・自然の恵み

いたってシンプルに謙虚で誠実で素直な生き方

発酵する!

何があっても笑っちゃう!

私の食の師であります23代目当主寺田本家(千葉県神崎酒蔵)

故寺田啓佐氏(2012年4月没)から学んだ発酵する生き方

005

発酵食も含め多大な影響を頂きました。

初めてであった時に直感したあの日のパーティ!

混迷していた自分のことを分かってくれる人がいる!

人間的魅力にハマってしまったワタシ・・

追っかけの如く付きまとい(汗)

無理やりのご縁・・・

経営や生き方やアドバイスを頂戴したことに感謝

発酵とは腐らないこと

常に変化して常識や掟を破っていく

柔軟に前向きに生きる

ゆるゆると時間をかけて個性豊かに微生物さんはお役目を果たす。

この発酵環境に恵まれた日本の風土

日本人の心意気

この難局?

それを乗り切るのは発酵しかないと感じています。

002_2

人もペットも発酵する

日本も地球も発酵する

まずは自分から・・・

009_2

私のこれまでの食歴を通じて、少しでも皆様のお役に立てられることが

何よりも喜びです。

これまでの体験や経験を生かしたいと思います。

メルシー

2013年3月 3日 (日曜日)

簡単!ワンコのアトピー改善ごはん バリエーション

簡単に作れるワンコのアトピー改善ごはん

基本はご紹介済み

一番大切なのは、ワンコによって消化酵素も違うし、

食べてきた歴史や生活環境や歴史で腸の消化吸収も

様々です。

そのワンコに合う適切な食事法を見つけることが

なによりも大切です。

米を食べ慣れていないワンコに食べろ!ということでなく

あくまでも使用例です。

日本犬、洋犬、雑種犬など食べてきた物の歴史が違います。

ドライフードに偏った日本にいるワンコは、酵素不足です。

新鮮な野菜やお肉や魚、乳酸菌は腸の免疫をアップ!

乳酸菌の醸しだす酵素も重要です。

アトピーワンコは、酵素不足!乳酸菌不足!

そこを意識することが大切

ドライフードの質はもちろん大事です。

加熱食と新鮮な酵素含んだ動物性タンパクや野菜との

バランス加減が大切です。

ワンコフードの基本提案です

006_3

植物性食材で構成した手作りごはん撹拌してつぶした食材

173

ハンドミキサーで潰した食材を「まるまる元気プレーン」にトッピングもOK

日本犬には適していると確信しています。

飼い主で違和感を感じたり、犬種の違いにより効果が現われないと

感じたら中止して下さい。飼い主様の適正な判断をお勧めいたします。

「まるまる元気プレーン」+「旬野菜・きのこ・海草」+「少し味噌・油・すりごま」

全部一緒に5分茹でて湯切りをしてハンドミキサーで撹拌すり潰しもOK

168_2

野菜やきのこはローテーションで変えていくことが必要です。

バランスよく食べることが重要です。

動物性タンパク質を控えて、3大アレルゲン食品も加えていません。

肉類・卵・乳製品・小麦を出来るだけ改善中は減らします。

食べてはいけないのではありません。

おかかや小魚粉末もご愛嬌で・・・

そして、大切な柱の乳酸菌

私は、ヨモギ乳酸菌を自家培養して、豆乳ヨーグルトや、お水に噴霧や

お風呂に入れて効果が抜群でした。

酸性値が高いので量を間違えるとかえって悪化しますので注意が必要です。

ワンコに元気な乳酸菌シュシュで患部に薄めて塗ったりすると

野草の薬草効果でお肌が改善に向かいます。

個人差はあれどヨモギ乳酸菌は、私にとって最も大切です。

食材のバリエーションをご紹介

①残り野菜2~3種・きのこ+豆類+海藻+「少し味噌・油・すりごま」

103_2

105

106

107

 056

玄米ごはんや雑穀ごはんもお勧め

ちょっと美味しく土鍋炊き・・・

045

096

白米ならば足してしい「入り糠」ミネラル・ビタミンの宝庫

092

093

094

アトピーワンコに必要なのは、腸内改善です!

免疫力の低下したワンコのアトピーは腸内環境の悪化

善玉菌優位の発酵した腸内環境が重要です。

豆乳ヨーグルトは最強の発酵食品です。

トッピングや混ぜ込んでもOKです。

豆乳ヨーグルトを食べないワンコには、

フードや飲み水にヨモギ乳酸菌をスプレーしたりする。

乳酸菌が分泌する酵素の働きでワンコの細胞活性化!

代謝を上げるためには欠かせないキーワードになります。

良質の酵素サプリや、乳酸菌もお勧めです。

自家製の「とぎ汁乳酸菌」「ヨモギ乳酸菌」を作って毎日摂取する。

飼い主もワンコも免疫アップで健康維持で長生き!

発酵食は酵素を豊富に含んでいるうえ、消化酵素、代謝酵素

として細胞を活性化!

傷んだワンコの腸内を修復し改善に向かいます。

洋犬など、良質の生肉も少し与えることも酵素が摂取できます。

ドライフードだけでは、酵素不足を招き病気を起こします。

002

洋犬が現代はドライフードや缶詰めなどの加熱食がほとんど

生肉を与えても消化酵素が少なかったり、なかったりすると

下痢を起こしたりします。

新鮮な酵素が取れることはいいのでしょうが、

消化吸収されないと意味がありません。

ただ、ワンコによって少しずつ混ぜて与えることで消化酵素が

働きだし、消化吸収され下痢もなくなることもあります。

ワンコに合った与え方も大切です。

生肉を加えていくならば、理想的なのが生肉を50℃洗いや

50℃つけにすると良いかもしれません。

ヒートショックによって、表面の酸化物質や酸化脂肪を取り除き

ふっくらとジューシな旨味のあるお肉となります。

生肉そのもので与えるよりよいかもしれません。

できるだけ健康な環境で育った肉を与えることです。

ホルモン剤や抗生物質を控えた家畜など

地鶏や牧草食べ放牧して育った牛や馬肉など。

ワンコも大切な食事

生肉食だと高額で経済的にも大変・・・

鮮度も問題や安心安全の問題

安いアメリカ産ビーフも狂牛病や健康状態が心配です。

多くのハードルがあるにせよ、何をチョイスするかは

飼い主様の大事な責任です。

新鮮な乳酸菌はお勧めです。

豆乳ヨーグルトの発酵は酵素の宝庫です。

免疫アップには欠かせれません。

美味しく食べてもらう工夫も必要となります。

作るのが大変であれば、

質のいい酵素サプリメントもお勧めです。

004

2013年2月28日 (木曜日)

アトピー柴犬ジロくん通信「再会」③

アトピーワンコのジロくん

018_2

豆柴くらい小さく、背骨が曲がってるジロくん(奥)

017_2

再会はバックスくん同様に2カ月ぶり

2013年元旦での嬉しいお知らせで新年を向かえ

私も喜ばしい

何より痒みが減り、シッポの毛をむしり取っていた痛々しい2カ月前

015

012

この日のジロくんは、何故か震えがあったのでした・・・

人見知り?神経質?敏感?

そんな性格だと飼い主の カクタハウスのかくた氏

その原因がその後に分かりました・・・

そのジロくんのアトピーが劇的に改善に向かっているのでホットし

人間より早い回復は驚きとしか言えない

私も、食生活を変え、ヨモギ乳酸菌風呂やヨーグルト食べて改善し

最低3カ月以上はワンコもかかると思っていたのでビックリ!

治りが早くなったのは何より・・

ジロくんはアトピーになったのが最近

バックスくんは4年前

ジロくんのアトピーの重度化は短期間で起きたようで

カクタハウスの奥さまの事情で留守があったので精神的なものが

一番影響をしている・・・

バックスくんとジロくんのアトピー発症の理由は違えど重度のアトピー

二匹のワンコのミラクル改善は、

飼い主様の努力が一番

よくぞ実践頂いたものです感謝しています。

「まるまる元気プレーン」&「ヨモギ乳酸菌」

お風呂やヨーグルト

お水にシュシュ

薄めたヨモギ乳酸菌をヌリヌリ

カラダにシュッシュ

発酵菌をカラダに取り入れる環境を徹底したことが幸い

便の状態も「まるまる元気」や手作りごはんで変化

本当に良かった

そして、

ジロくんの震えの原因

バックスくんはそうでないのになぜ?

その答えは冷え・・・

私も、30分以上近くにいて気がついたのが

お家のすき間風、冷風が床の下部にヒンヤリしていて

寒い!

バックスくんは椅子の上に座っているので、それほど寒い空気を浴びていない

ジロくんは、床にベタで寝ているので慢性的に冷えている

毛も短いので寒さがこたえる・・

余計に腰が曲がり

だんだんと歩行が難しくなり足腰がダメになる可能性

お友達の愛音さんがジロくんの曲がった背骨のせん骨を刺激し

癒しと活力を注入

029

せん骨には情報が詰まっているというのです・・

愛の音の周波数で改善

そのお陰でカラダが温まり眠りにつきました・・・

031

カクタハウスの飼い主様とそのことを協議

ジロくんの冷えによる震えは過酷・・・

毎日暮らしていると意外と気がつかない事

そんな発見ができ改善できればジロくんも長生き元気に!!

005

そんなお手伝いができると嬉しい

このご縁に感謝

ジロくん ありがとうございます。

まるまる元気

2013年2月26日 (火曜日)

アトピー柴犬バックスくん通信③再会

重度のアトピーワンコで高齢のバックスくん

016 

もうすぐ16歳でマイペースなワンコ

2013年元旦に吉報!

バックスくん&ジロくんともに劇的な回復を見せたいると・・・

カクタハウスの飼い主様からご連絡に感謝

バックスくんは、目の周りがどす黒く慢性化した痒みが4年間。

ドクターフードも効果なし

そこで発芽玄米シリアル「まるまる元気プレーン」とヨモギ乳酸菌の

ツートップで改善目指す!!

そんな企画

私も、半年から一年くらいかな?

効果がでるのは時間がかかる!

即効性は期待できないと思っていたので嬉しい誤算

楽しみにしていた再会

この吉日 1月30日

2カ月前に初めて会った頃と見た目も変化

笑っている??

013_2

「凄い!!」「ヤッター」「痒がらなくなった!」「お役に立った!」

なんて自画自賛

飼い主様の かくた氏も娘さんも喜び・・・

バックスくんはいつものポジションでほとんど寝てばかり

ご挨拶を済ませ様子をチェック

お写真パチリ

眩しくてゴメン

「もう痒くないかな??」

健康で長生きをしてほしいバックスくんとジロくん

手前の椅子が指定席のバックスくん

017 

嬉しい再会

この日は、ジロくんが主人公となったのでした。

バックスくんはゴロゴロ

また次回ね~

黒ずんでいた指の間や、腕の黒ずみも軽減してよかった。

まるまる元気をふやかして食べたり

まるまる元気の上に手作りごはんをトッピングしたり

いいですね~

やはり手作りごはんは、より美味しそうに食べるようです。

ドライフードだけでは寂しいですね!

ワンコも人間も同じです。

2013年2月23日 (土曜日)

簡単!ワンコのアトピー改善ごはん「基本」

005_4 

簡単に作ることが何よりも大切!

愛する家族の一員のワンコのアトピーを改善し治す!!

飼い主の責任でもあり、症状に心が痛む

家族に病の人がでると連鎖する

その原因を知り、しっかりと見つめる

お薬を使わないで食事と発酵でアトピーを改善し治す

痒みは皮膚からの毒素を排出している状態

大腸にある宿便や老廃物や有害物質(アンモニア、硫化水素、インドールなど)

を排出しようとして引き起こす症状でもあります。

気長に、焦らず、生活を見直す

全ての病が自分のこれまでの生活習慣を総チェックする時です

獣医さんやドクター任せでなく、自分に起きた事であり、

自分次第で解決できることなのです

先人の叡智や医療関係や同苦している人や体験者から学ぶ

自分にあった方法で改善を目指し、再発に注意を払う

特に、口に入れる食べ物が、体で細胞となり結果が出る

原因と結果

とてもシンプルです

簡単!ワンコのアトピー改善ごはん「基本」です。

※犬種によって食べてきたものの違いがあります。

 現在食べ慣れているフードとの関係も有りますので

 最終的には、そのワンコに合った食事でOKです。

 日本犬、洋犬でも消化酵素がかわります。

※アトピーワンコには酵素や乳酸菌など取り入れることを

 お勧めします。

  加熱食ばかりでは体内の消化酵素を大量に使い、

 代謝酵素が不足し、不完全消化に陥ります。

 その不完全栄養素が体内を循環し、肥満や病気となります。

 現代のワンコは、ドライフードに偏り過ぎで、

 新鮮で安心安全な野菜や肉や魚など動物性タンパクなど

 不足しています。

 酵素をたっぷりと、加熱食の組み合わせバランスが大事

 酵素や乳酸菌などを意識することは大切です。

 生肉がうまく消化できるワンコにはトッピングもOKです。

 「まるまる元気プレーン」にすりおろし野菜や、刻み野菜を

 仕上げにトッピングすることもお勧めです。

 発酵や酵素は重要な項目です。

             <基本のごはん①>

①発芽玄米シリアル「まるまる元気プレーン」をそのまま与える。

 001_2 028

ドライフードを常食にしているワンコはそのままでOKです。

※まるまる元気は、総合栄養食ではありません。

たまに手抜きであったり、おやつで与えるのはかまいません。

「ばっかり食べ」は避けて下さい。

バランスよく食べることがアトピーの改善に繋がります。

人間もワンコも同様に同じ食材を食べ続けるのは苦痛です。 

高齢のワンコはお湯で戻してから湯切りして与えてくださいね

「まるまる元気プレーンを」食べ始めて便が変化します。

腸内の改善が始まるからだと思います。

腸内に溜まった老廃物を食物繊維が排泄してくれます。 

                 <基本ごはん2>

②発芽玄米シリアル「まるまる元気プレーン」をお湯で柔らかくして与える

 お湯をザルで切りする。

157 158159 

 (高齢犬や幼犬など固いドライフードが食べられないワンコなど)

 (もしくは、ドライフードを食べ慣れていないワンコの場合)

              <基本ごはん③>

③発芽玄米シリアル「まるまる元気プレーン」と旬野菜、豆、きのこ、海藻

 などをバランスよく与える。

 

 理想的なな食品比率

   ・全粒穀物(まるまる元気)・・・・・・・・・・50%~60%

   ・旬の野菜2~3種+きのこ+海藻・・・25%~30%

   ・豆類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10%~20%

   豆は動物性タンパクの替わりなので大切です。

    086

   肉食で育ったワンコや洋犬などは当てはまらないこともあります。

 ※食べる量は犬種や運動量によって異なるので、ワンコの体重変動や

  便などでチェックが必要です。

  ドライフードの見た目が倍以上が目安かも知れません。

  手作りワンコごはんは水分が多いので量も多く見えます。

  そのために便の量や色や固さも変化します。

  動物性タンパクが多い場合や塩分摂りすぎは、コロコロとした便となります。

 

  野菜は残飯やクズの野菜や鍋の残り野菜です

  鮮度の落ちた野菜は50℃洗いがお勧めです。

    http://ameblo.jp/sujiya-maiko1234/entry-11427624968.html

  ヒートショックを与え野菜の細胞が蘇る!

  野菜のアミラーゼ酵素が活発に働くようです。

049054 078_2 079

味噌汁の具や、煮物の残り物の味付けを洗い落とす。

又は、味抜きでお湯につけ込むなど。

与えてはいけないネギ類などは外す。

050 052

055_2

乾燥野菜も便利

 017068 

 動物性タンパクが入っていないのでナトリウムとして天然醸造の味噌を

 少しと、酸化していない油(菜種・ゴマ・オリーブ・アボカドなど)と、すりごま

 を加える。

061_2

065

トッピングで無添加振りかけも最適です

粉末なら消化吸収が早い

004_2

022 014

 大豆アレルギーがあれば麻の実パウダー(ヘンプ)も代用できます。

069

尿漏れなどに効果がある小豆の粉末 

090

 

                     <基本の工程>

・まるまる元気プレーン・・・・・・・50%~60%

 (玄米ごはんや雑穀類代用もOKです。白米は、炒り糠を加える)

・旬野菜+きのこ+海藻・・・・・・25%~30%

・豆類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10%~20%

・上記の食材を鍋に投し、水をひたひたにまで入れる

 根菜は小さめにカットすると煮上がりが柔らかになります。

・沸騰してからタイマーで5分スイッチオン!

067

142   

・沸騰してザルで湯切りする。

146

・鍋に再度戻し油・味噌・すりごま投入

145 147

ハンドミキサーで撹拌しすり潰す(玄米などの消化吸収がよくなる)

ワンコは噛まないので、流動食や離乳食のようにします。

168  

169

170

仕上がり!!

ワンコにそのまま鍋で与える!

人肌くらいが理想ですね~

この作り方で、2食分を鍋で作り、半分はタッパで冷蔵保管

食べるまえに常温で与える(冷えたご飯はカラダを冷やすので)

※食感が欲しいワンコには、

 まるまる元気プレーンに野菜や豆のすり潰しそのままかけてもOK

 食べない場合は、現在のフードとハーフ&ハーフもOK

 肉食中心のワンコには、豆の代わりに良質の脂肪が少ない肉がベスト。

 加工品や練り製品はNGです。添加物や塩分が多いためです。

 食いつきが悪い場合?

 「まるまる元気」:「野菜、きのこ、海藻」:「肉類」を1:1:1の比率で調整する。

 アトピーの改善に向かわなければ中止する。

 仕上げにすりおろした野菜(大根・きゅうり・人参・かぶなど季節野菜)を

 トッピングすると新鮮な食物酵素が摂れます。

 生命活動に必要な新鮮な旬の野菜を消化吸収よく与えることは

 ひと手間ですが、愛するワンコにはお勧めです。(人も同じ)

153_2   

以上が基本です。

もちろん蒸しもOKです。

蒸す手間があれば、栄養価も逃げにくいのでベストです。

小さく切って熱が均一になるようにしてください。

ワンコのお腹に優しいアトピー改善ごはん

アトピーワンコは腸の働きがよくありません。

腸に優しく消化吸収をよくしたバランス食です。

ハンディミキサーがあると簡単

元気で健康なワンコを取り戻す!

お好みで発酵食もトッピングもお勧めです

塩分の無い、豆乳ヨーグルトや少しの甘酒や味噌もOK

納豆なのトッピングも最高です。

※豆乳ヨーグルトなどの植物性発酵食をトッピングもお勧め。

001_3 004 

 可能であれば、自家製豆乳ヨーグルト作るのも楽しいです。

  豆乳ヨーグルトの乳酸菌は1cc当たり億単位で棲息しているようです。

 最強かも知れません。酸っぱい豆乳ヨーグルトは食べてくれないかも知れません。

 大豆まるごとヨーグルト

 http://ameblo.jp/sujiya-maiko1234/theme5-10050895873.html#main

  ワンコの好みがあるので工夫が必要です。

  ヨーグルトも牛乳でなく豆乳をお勧めします。

 (乳製品のタンパク質が消化に悪く、胃腸に負担がかかりますし、

  アレルギーの原因ともなります。)

※最強の発酵食は、豆乳ヨーグルトです!

 「とぎ汁乳酸菌」「ヨモギ乳酸菌」などでつくる自家製ヨーグルトを

 毎日与えると、アトピーの回復が早いです。

 乳酸菌が分泌する酵素の働きも重要で、酵素不足によって

 アトピーも悪化していきます。

 ドライフードだけでは、改善されません。

洋犬など肉食中心で生きてきた歴史があり、

生肉や生魚などもトッピングもいいと思います。

生肉を与えると獣医が廃業するともいわれています。

ドライフードに食べ慣れたワンコは生肉を消化する酵素が

不足していて下痢をおこしたりすることもあります。

新鮮な良質な生肉がキツイワンコは、50℃漬けや

50℃洗いで表面の酸化物質や酸化脂肪を洗い流したり

半加熱して与えてもいいかもしれません。

028 

ワンコの犬種による食の歴史を学び、飼い主が適正に

与えることをお勧めします。

まるまる元気は、完全栄養食ではありません・・・

そのワンコにあった食事を構築するべきです。

 

※甘酒も飲む点滴として栄養価も多く酵素の宝庫です。

 酒粕で作るタイプは酔っ払うので、麹を発酵させたアルコール0%の

 甘酒を少し与えるのもいいかもしれません。

 寺田本家のマイグルトもいいですね~

018 

※味噌はほんの少量ならOKです。味噌=塩ではありません。

 動物性タンパクの摂取を控えるので、お肉に含まれるナトリウムを補う

 ために摂り、発酵食としての腸への働きと大豆の発酵で体を温めます。

 味噌は天然醸造の味噌に限ります。

061

 加熱殺菌されている大豆のペーストではない発酵したもの

 生きた発酵菌群(乳酸菌・酵母菌・麹菌・納豆菌・放線菌・光合成細菌)など

 食べ酵素を摂取する。

 加熱された発酵食品でもOK

 (第二の脳の腸が判断して、善玉菌のエサとなる)

※お水は大切です。塩素消毒された水道水はNGです。

 塩素は猛毒です、殺菌能力も高いですが腸内の善玉菌も死滅してしまいます。

 アトピーの原因の一つでもあります。

 私の場合は、磁化水(整水)を使用しています。

 http://ameblo.jp/sujiya-maiko1234/entry-11219952885.html

 浄水器や湧水など流れている水にエネルギーがあります。

 ミネラルウオーターもいいのですが、加熱殺菌されているし輸入により

 鮮度が落ちているかもしれません。(神経質になる必要もありません)

 私達の場合は、水にヨモギ乳酸菌液をシュッシュして、乳酸菌水にして

 お腹の中の発酵を促します。

070

 とぎ汁乳酸菌・ぬか汁乳酸菌・ヨモギ乳酸菌・天然乳酸菌達を

 少し入れると腸内環境の改善に繋がります。

 直接にヨモギ乳酸菌液をシュッシュもアイデアです。

 003_2 073

2013年2月19日 (火曜日)

ワンコに与えてはいけない食べ物①

ワンコは人間と近い食事をしてきているのですが

人間ではないし、ネコちゃんでもでもなく

狼でもない・・・

人間との密接な関係でありますが、人間と同じ食材がベストとは限りません。

ワンコのアトピー改善ごはんの前に大切な基本

与えてはいけない食べ物を知る

ただ、

犬種や体調やワンコの生活してきた食の環境によっても異なる

なので、絶対でもない

全ての食に感謝する姿勢は大切

あれダメ!これダメ!は疲れてくる・・・

ただ、病や体調を壊すとそうはいかないのです。

食べてはいけないとされている食べ物でも平気なワンコも存在する

その与える食に関しては、間違っていると病となるし

元気がない、生命力が落ちている

ぐったりしているなど目視でわかる不健康な状態で確認が出来る

アバウトでありますが人間も同様

いくら気をつけて下さいと言われていても問題がなければ食べ続ける

手遅れにならない事を願うのですが・・

医食同源という言葉や食養法など、食こそ妙薬であり

バランスよくたべるという習慣があれば健康であり続ける

心の病も占めるのですが、食は時間をかけてボディブローとなります。

ワンコにあげてはいけない食べ物

一番注意すべきことは、その知識かもしれません。

005_2

      <与えてはいけない食物>

①ネギ類

007_2 008012_3   

②海産物類

010

024 024_2 011

③乳製品

028

019

④卵

010_3

⑤加熱した骨類、魚の骨、鶏の骨

001018 012_2 

⑥刺激物、香辛料

006

011_2

013

⑦砂糖の入ったお菓子

003

015

⑧加工品

009

021

⑨カフェインの入った飲み物

014002

011_3   

⑧カカオの入ったもの

⑪ジャガイモの芽、トマトやナスのヘタやナッツ

017

⑫お餅など喉に詰まりやすい

004

005

⑬精製した砂糖や塩など不自然な食品(人工甘味など)

007_3

015_2

⑭アルコール類

002_2

揚げ物や電子レンジ調理

010_2

インスタント食品

003_2

上記はあくまでも一般的なものです

アレルギーがあるワンコには含まれません。

飼い主の判断が求められます。

※ワンコのアトピー改善食での与えてはいけない食べ物とは?

 与えてはいけないというより控えた方がいい!

 そう捉えて頂く方が苦しくないと思うのです。

 上記のものも平気なワンコもいますので全てではなく一般的な食べ物。

①3大アレルゲンやアレルギーを発症しやすい指定食品

 小麦・卵・乳製品他

②肉類など動物性タンパクの過剰摂取

 酸化した動物性脂肪、油類

③精製した砂糖や塩

肉食を中心で食べてきた先祖のワンコや洋犬は当てはまらない

事もあります。日本犬のワンコには最適かも知れません。

体調管理は、排泄される便で確認すること

大小便の臭いや量

便は大切なバロメーター

手作り食にすると便は当然ゆるくなります。

ドライフードとは明らかに違いが出てきます。

玄米のごはんをそのまま与えると消化されずに排泄されます

ハンドミキサーで撹拌することで人間より短い腸でも吸収する。

今回のワンコのバックスくん&ジロくんは高齢の柴犬

なのでしっかりとペーストにして離乳食のようにして与える

そんな工夫が必要です。

犬種の違いは大きいはずです

人間でも日本人は牛乳の乳糖がうまく消化されなかったり

アルコールの分解する酵素が少なかったり・・・

柴犬は日本の伝統食にあう犬種

ワンコの犬種を知り、食べてきた食や原産国の食文化や

生活習慣を学ぶ必要があります。

基本何でも食べてしまうワンコですから、飼い主がコントロールする

それしかありません。

2013年2月15日 (金曜日)

簡単!ワンコのアトピー改善ごはん「調理具」

ワンコごはんは簡単に作れることが一番!

手作りは大変?

自分のごはんを作るのも面倒だ・・・

苦手だ~

なんて飼い主さんも多い

多いというかほとんどかも知れません(汗)

しかし、愛する家族 我が子のアトピー改善には飼い主の

ひと手間、愛が必要な時

手間をかけづに出来るだけ簡単に作れる調理

簡単に作る!?

なので調理器具も簡単であるべき・・・

シンプル

006_4

         <必要アイテム>

①ハンドミキサー

041 

②まな板&包丁

040   

③ザル

④手鍋

 手鍋は大切な調理器具となり、食事の器となります。

 なので、ワンコにあったサイズをご利用下さい。

 小型犬・・・・・・・・・・幅14センチ 高さ8センチ(トイプードルなど)

 中型犬・・・・・・・・・・幅18センチ 高さ8センチ(柴犬など)

 大型犬・・・・・・・・・・幅22センチ 高さ8センチ(シェパードなど)

039_2

⑤スパチュラ又は木べら

⑥キッチンタイマー

009_3

042_3      

基本が7つ道具!

必需品は、ハンドミキサー

002 

なければミキサーやフードプロセッサー

ミキサーやフードプロセッサーは洗う手間がかかるので

ハンドタイプのミキサーが便利

安く買えば2500円位で中古など販売しています。

・基本の調理は、人の残りごはんや残飯やクズの野菜

・味付きの煮物や鍋の野菜はお湯で洗浄し味を落とす

・その季節の野菜、豆類、きのこ、海藻が中心

・根菜などの野菜は小さめにカットしてから煮る

・煮て柔らかくなった食材を湯切りをザルでする

・動物性タンパクが入っていないので、ナトリウム不足を補う味噌を

 ほんの少し加え、油(菜種・ゴマ・オリーブ・アボカド)など酸化していない

 油とすりごまをいれます。

・そして、ハンドミキサーで撹拌しすりつぶす。

・そのすりつぶしたペースト食材を「まるまる元気プレーン」と混ぜたり

 そのままかけたり、ワンコが食べやすい方法で与える!

・高齢や幼少のワンコは、発芽玄米シリアル「まるまる元気プレーン」を

 野菜や豆と一緒に5分間煮ると食べやすい固さになります。

・それぞれのワンコの好みに合わせて下さい。

・アトピーワンコの改善されるまでの期間は違います。

・基本は動物性タンパクや3大アレルゲンを控えた食事です。

 マクロビごはんのような感じともいえます。

・そしてそこに発酵が必要となります。

・味噌やヨモギ乳酸菌(豆乳ヨーグルト・ヨモギ乳酸菌水やスプレー)

・腸内発酵と皮膚に乳酸菌を塗ったり、薄めて噴霧したり

 飲み水にヨモギ乳酸菌を加え発酵水にするのです。

・それと、

※「まるまる元気プレーン」のご利用方法は毎日の食事としてや

 2回のうちの1回の食事としてや、

 現在食べているフードとのハーフ&ハーフでも構いません。

 ワンコが警戒感なく食べられるような工夫が必要です。

 継続してこそ改善に向かいます。(犬種によって個体によって違う)

2013年2月11日 (月曜日)

まるまる元気とは?②

「まるまる元気とは?

005_3

①ではコンセプトと考え方を説明致しました。

②では、特徴をまとめました。

010

       <まるまる元気とは?>

1、ワンコの手作り「発芽玄米シリアル」

2、人と同じ最高のクオリティで作ったワンコフード

3、ワンコの元気と健康を運ぶ幸せ自然派フード

4、3大アレルゲン(小麦・乳・卵)を使用せず、植物性食材だけで

  構成したカラダに優しい

5、アトピーは腸をキレイにすること。腸内環境を改善整えることです。

  腸をキレイにする食物繊維、ミネラル、ビタミンが玄米に豊富。

6、注目しているのは、ギャバ(r-アミノ酸)・フィチン酸(デトックス作用)

  フィターゼ酵素(フィチン酸のデトックスで流出する栄養を止める働き)

7、消化吸収をよくするオリジナル製法です。

  柔らかく炊いた玄米ごはんと焙煎された風味豊かな発芽玄米全粒粉を

  ブレンド配合し、オーブンでこんがり焼き上げたシリアルです。

  噛まずに飲み込むワンコの消化吸収を考えた製法です。

8、「黒」はカラダにいい!!黒は竹炭粉を使用しています。

  竹炭粉はミネラルの宝庫!黒い宝石、東洋の毒出しと言われている。

  血液を浄化、整腸作用、デトックス毒出し、便秘や下痢予防、酸化防止、

  美肌、リラックス効果、有害物質を吸着し排泄、保存性、脱臭、水質向上、

  カビ防止、疲労回復、安眠、磁場を整え生命力をアップ、発酵促進など。

9、「おやつ」「毎日ごはんの主品」「常備食」幅広く利用できます。

10、ワンコのアトピー改善に必要な発芽玄米シリアル「まるまる元気」

  フルーツタイプは、おやつとしてのみご利用です。「携帯タイプ」

  大袋はプレーンのみです。

001_4

Dsc_0052

使用原材料

            「まるまる元気プレーン」

・無農薬発芽玄米全粒粉(焙煎)・無農薬玄米ごはん・もち米パフ

・天然醸造味噌・ひじき・大麦若葉粉・竹炭粉

※原材料の一部に大豆が含まれています(味噌)

004_3

            「まるまる元気フルーツ」携帯サイズのみ

・無農薬発芽玄米全粒粉(焙煎)・無農薬玄米ごはん・もち米パフ

・干しぶどう・干しリンゴ・天然醸造味噌・ひじき・大麦若葉・竹炭粉

 砂糖を使用していないドライフルーツ。

 あくまでもおやつ程度で与えるくらい。

 ワンコもフルーツは大好きです。

 飼い主の判断で構いません。

009_2

※原材料の一部に大豆とリンゴを使用

※「まるまる元気」の生産場においては、下記のアレルギー食品が使われています。

小麦・乳・卵・落花生・ゼラチン・大豆・くるみ・ピーナッツ・もも・オレンジ・キウイ

・バナナ・リンゴ

 

035_2

お米を食べ慣れていないワンコは注意して下さい。

デンプン類を消化する消化酵素を持ち合わせていない

ワンコもいます。

雑穀も食すワンコなら安心です。  

2013年2月 7日 (木曜日)

まるまる元気!とは?①

ワンコの手作り発芽玄米シリアル「まるまる元気」

体質改善目指すフード

アレルギー症状を和らげるお手伝いが出来れば嬉しい・・・

3大アレルゲンを使用していない植物性シリアルです。

007_3 

「まるまる元気プレーン」&「まるまる元気フルーツ」の2つのタイプ

035

携帯サイズと大袋

大袋は「まるまる元気プレーン」のみ

001_3

基本的に「まるまる元気」は人向けにできた手作りシリアル

全て、パティシエの手作りで作っています。

考え方としては、人向けシリアルを「おすそ分け」な感じ・・

人が食べるにも最高のクオリティの食材で作り上げた商品です。

発芽玄米と炊いた玄米が主です。

玄米は、固い糠層によって調理の仕方や噛む回数がが少ないと

返って消化不良となる可能性があります。

「まるまる元気」はその消化吸収を高めるためにオリジナル製法で

加工し生産しています。(数に限りがありますが・・・)

焙煎された無農薬発芽玄米全粒粉と、無農薬玄米のごはんを

ブレンド配合しています。

抗酸化の酵素玄米粉化されたものを配合

先人の叡智である「玄米黒焼き」のようなもの

ガンの特効薬とも言われていて、

体内の毒素を吸着する効果に優れています。

そして、微量の天然醸造味噌を加えています。

味噌=塩分ではありません。

味噌は全体の1,4%

塩分はその10%くらいなので0,14%です。

動物性のお肉を使っていないので発酵食である味噌を

微量加えています。

味噌は世界が認めたデトックス食品です。

チェルノブイリの放射能対策で食され効果あった話は

有名です。

犬も汗をかきますし、心臓を動かすためにはナトリウム

カリウムが不可欠です。

ナトリウム不足は生命力が落ちます。

鶏肉はナトリウムが一番多く含まれています。

生肉のナトリウム含有の比較

鶏もも・・・・・60mg

鶏胸・・・・・・38mg

鶏ササミ・・・33mg

鶏ミンチ・・・60mg

鶏レバー・ハツ・・・85mg

豚もも・・・・47mg

豚ヒレ・・・・44mg

豚ロース・・39mg

豚ミンチ・・58mg

牛もも・・・・45mg

牛ヒレ・・・・45mg

牛ロース・・39mg

牛ミンチ・・49mg

部位にもよりますがナトリウムは鶏肉が多い。

成形してオーブンでこんがりと風味豊かに楽しめる食感仕上がり。

小麦粉とは違った甘い米の風味が特徴です。

お湯で戻すと歯の弱い高齢犬も食せます。

食べ方のバリエーションは幅が広くお好みでお試しください。

飼い主とワンコが一緒にポリポリ食べられるコミニュケーションフード

かも知れません。

飼い主が安心して与えられる食として

「おやつ」「毎日ごはん」「常備食」

一般でいわれている「総合栄養食」ではありません。

一年通して、「まるまる元気」だけを食べ続ける、与え続けるという

考えではありませんん。

栄養価のバランスが大切なので、

「まるまる元気プレーン」を軸として、野菜・豆・肉・魚・きのこ・海草など

適正に配合して与えることが大切です。

1つの食品で全ての栄養がまかなえるような食べ物が存在すれば

食の革命かも知れません。

012 013_2

玄米は自然界でもっともバランスがとれた食品です。

しかし、玄米だけを食べることは苦痛ですし、

地球は自然の恵みによって、四季によって様々な植物や果物

木の実に恵まれ共存しています。

その命に感謝して、お互いが生きる

そこに価値と楽しみと命への感謝が湧いてくるのかも知れません。

ワンコも同様に、食べるは何より楽しみなことで、

「ばっかり食べ」だけでなく、自然の恵みから頂く多くの食材を

万遍なくバランスよく食べることが自然であると感じています。

飼い主のライフスタイルに合わせた負担のかからない食し方や

与え方が必要です。

ワンコは基本は何でも食べますから与え過ぎると肥満やメタボや

糖尿病、そして癌へと悪化していきます。

癌という字は病誰に口が3つで山と書くので、

品を山ほど食べると癌になるということかもしれません。

おやつの与え過ぎ、

多品種のおやつを与え過ぎる

飼い主の管理コントロールは重要です。

作ることが面倒くさい・・・

確かにそうですが、毎日ではなくても2日に一度

3日に一度でも愛のひと手間があってもいいのでは?

そう感じています。

愛する我が子

ワンコにとって最高に楽しみはごはんやお散歩

飼い主との適正な関係によるふれあい

多忙を極める!?

余裕の無い日常生活の中で

可愛い我が子と食を通じて心の理解を深めていく

食は健康と密接に繋がっています

飼い主の残り物を与えていた歴史

師従の関係がワンコにとって心地よく楽

愛がんではなく

1つの別の生命との関係は、人と同様に溺愛でなく

凛としたお互いを尊重した関係であることが必要かもしれません。

寂しさを紛らわせてくれる

私を分かってくれる

嘘をつかない

ワンコとの関わり

食は大切な健康を創り出す大きな柱

まるまる元気は少しでもお役に立てられるとありがたいです。

ワンコの食

アトピーの改善に欠かせない玄米食

「まるまる元気プレーン」「まるまる元気フルーツ」で

そのお役に立てられることを確信しています。

犬種による違いはあるので全てではありません。

私の主観です。

違和感があったり、合わないと感じる場合は避けて下さい。

この玄米を軸とした「まるまる元気」は、日本犬には向いているます。

日本人の食べてきた主食であります。

洋犬など肉食中心のワンコの腸の長さや、消化酵素の違いがあり

穀物のアレルギーが起こることも考えられるからです。

私は、獣医でも医者でもありません。

過去の自分の壮絶なアトピーゼンソク体験を通じて学んだ

個人的な食の提案です。

肉食中心のワンコ向けではありません。

動物性タンパクと上手く組み合わせもお試しください。

消化不良を起こす場合は与えないでください。

与える飼い主様の適正なご判断でお試しくださいね!

まるまる

004_2

つづく

2013年2月 4日 (月曜日)

ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト④

ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト④

その具体的な項目とは?

アトピーになったワンコに必要な食に関する注意事項!

アレだめ!これはダメ!は好きではないのですが・・・

病になってはある程度の規制や制限やコントロールは仕方がない・・

これまでの食事や生活の見直しが求められているサインです。

007_2

          <その重要な項目>

①動物性タンパクの過剰摂取を控える

②3大アレルゲンの摂取を控える(小麦・乳製品・卵)

 できれば食物負荷試験やアレルギー検査をする。

③脱ステロイド剤、薬は控える。

④バランスよく食事を摂取する(ばっかり食べは避ける)

 (まるまる元気プレーン)+旬野菜2~3種+豆類+きのこ+海藻などが中心

  乾物類野菜もたまにOK(切干大根・干ぴょう・乾燥芋・野菜)

  肉中心のワンコの場合は、植物性タンパクの豆類を多く摂取

 (穀物や豆が体に合わない場合は止めて下さい)

 ・一物全体や丸ごと食べる(皮つき・小魚など)

 ・身土不二や地産地消(自分の住んでいる地域に近い食物)

 ドライフードだけ、動物性タンパクの偏り、偏食、おやつ与え過ぎ

 食べ過ぎに注意

⑤発酵食(豆乳ヨーグルト、ヨモギ乳酸菌、発酵食品)の摂取

  豆乳ヨーグルトは乳酸菌の宝庫だあり、乳酸菌が分泌する酵素

 の働きで、腸内環境整え消化酵素・代謝酵素として必要で重要。

 ワンコも乳酸菌や酵素の不足で腸内の免疫が落ちている。

⑥新鮮で安心食材をできるだけ与える(洋犬など良質の生肉OK)

⑦無農薬の玄米や野菜など自然食品を出来るだけ摂取する。

⑧塩素を含まない水を使用する。水道水はNG 流動する水が理想

 浄水器や湧水や磁化水(磁気による整水)などする

 水は命です。アトピーの赤ちゃんには水道水はNGです。

 発酵菌や善玉菌を殺菌してしまい、腸内や皮膚の常在菌が死滅し

 免疫を落とすことになり、腸内が悪玉菌優位の腐敗環境となります。

             <基本のメニュー構成とは?>

006_2

 ・まるまる元気プレーン(発芽玄米シリアル)・・・・・・・50%~60%

  まるまる元気プレーンはドライタイプで固いので、歯の弱い高齢犬や

  幼少のワンコは、お湯で五分間戻し、ザルで湯切りしてほぐす。

 ・旬の新鮮野菜2~3種+きのこ+海藻類・・・・・・・・25%~30%

  根菜など固めの野菜は、細かく切ってから茹でる

 ・豆類(大豆水煮、豆腐、おから、納豆、こうや豆腐)10%~20%

  (大豆アレルギーがあれば他の豆類を使用する)

※家庭で食べ残しの煮物や鍋や野菜炒めなどの味を洗い流す

 塩分や糖分を出来るだけ取り除くこと、お湯で洗い落してから

 まるまる元気プレーンをひたひたの水を加え沸騰して約5分煮て、

 湯切りをして、ハンドミキサーで撹拌して消化吸収しやすくする

 植物性だけで与える食事には、ナトリウム不足を補うために、

 天然醸造の味噌や油(菜種・ゴマ油・オリーブオイル・アボカドオイルなど)

 すりごまを少し加えてバランスをとります。

 ワンコは基本噛まないので、流動食や離乳食の方が消化吸収がいい。

 若いワンコであれば、おやつで固い骨や、無添加ジャーキー、アキレス、

 牛ひずめでアゴの強化をすればいいと思います。

①基本は、上記の3つの食品を約5分間茹でてからお湯切りをします。

②そして、ハンドミキサーで鍋の中で撹拌し流動食や離乳食のように

 すり潰します。好みによって粉砕は行って下さい。

 高齢ワンコや幼少ワンコや内臓が弱っているワンコは、しっかりと

 撹拌してから消化吸収良くしてあげてください。

③肉だけで育ったワンコには適用できない可能性があります。

 玄米や穀物が合わないワンコも存在するので、飼い主の判断が大切。

 特に、ワイヤー・フォックステリア、ウエルシュ、コーギー、

 ミニチュア・シュナウザーの3犬種は、米やイモ類など糖分の高い

 炭水化物の代謝機能が特殊で、水を大量に飲んで尿量が増えて

 体重が減るなど、糖尿病の症状を起こすことがあるようです。

 穀物アレルギーがあったり、きちんと食べても体重が落ちることが

 あれば、避けた方がいいと思います。

 簡単に出来るワンコのアトピー改善食!

 約5分で毎日作る!

 生活スタイル、ライフスタイルの違いは人それぞれあります。

 食べているものも様々

 基本は、飼い主が食べている食事の残りを与える

 日頃与えているドライフードとまるまる元気のハーフ&ハーフも

 最初は抵抗なく食べてくれるはずです。

※そして、大切な乳酸菌や酵素を取り入れることが必要です。

 ドライフードには酵素が含まれていないので、

 最強の豆乳ヨーグルトを少量(一日20~50g)与えると最高です。

 

コンセプトに違和感がなければお試しくださいね!

けっして強制強要でなく、私の考えに基づくものですから

ありがとうございます。

まるまる元気

 001_2

 

2013年2月 1日 (金曜日)

アトピー柴犬ジロくん通信②「毛が生えてきた」

アトピー柴犬ジロくん

018

ジロくん、バックスくんとの対面が2012年11月30日

高齢ワンコで15歳を越えた2匹のワンコ

ジロくんは目の周りや腕や指の間が痒みでどす黒い・・

ジロくんは、シッポの周りを掻きむしって毛が抜けている

アトピー症状が酷い・・・

ジロくんは、小さい頃から骨格異常

現在は、高齢で腰が曲がっている

ジロくんはちょっぴり敏感で神経質なようです

そのジロくんがアトピーになったのは、ごく最近

飼い主の奥さまが長期不在からストレス?

寂しさ?で2012年10月頃から痒みで毛をむしり取った・・・

ジクジクして、赤みがあり痛々しい・・・

病は気から!

人もワンコも同じ

寂しさからか?それまでなかったアトピーが発症し悪化の一方

そして、バックスくん同様に、発芽玄米シリアル「まるまる元気プレーン」

ヨモギ乳酸菌を薄めてヌリヌリ

豆乳ヨーグルト、飲み水にシュッシュ

ヨモギ乳酸菌風呂に入ったり

私のアドバイスを全て実行頂いたカクタハウスの飼い主様

ジロくんもバックスくん同様に嬉しいご報告写真を送付頂き

2013年元旦

吉報は、驚きです!

2012年11月30日ジロくん(初対面)

015

2013年元旦ジロくん(写真)

Dsc_0023 

ジロくんのシッポの周りのジクジク赤みが消えていて

毛が生えてきていたのでした(驚き)

ジロくんは、「まるまる元気プレーン」を食べ始めて1ヵ月

ヨモギ乳酸菌をヌリヌリも1ヵ月

この短期間で劇的回復

カクタハウスの重度の2匹のワンコの奇跡・・・

恐るべし

まだ油断はできないにしろ新年の超おめでたい

報告に感謝

そして

再会へ・・・

2013年1月31日 (木曜日)

アトピー柴犬バックスくん通信②「驚異の回復」

驚き!!

想像していなかった・・・・

重度のアトピーワンコのバックスくん

目の周りがどす黒く、痒みと薬の副作用で痛々しかったバックスくん

初めての出逢いが2012年11月30日

そして

2012年元旦に、カクタハウスの飼い主からのメールを頂き

その回復の早さに驚き(大汗)

嬉しすぎる誤算でした

これまでのごはんを獣医さんから勧められたフードから

「まるまる元気プレーン」に替えて2カ月ほど・・・

便の状態に変化

そして

ヨモギ乳酸菌の原液を希釈して脱脂綿でヌリヌリ

飲み水に、ヨモギ乳酸菌をシュッシュ

豆乳ヨーグルトを与えたり

ワンコに発酵環境と発芽玄米シリアル「まるまる元気プレーン」の

二本の柱を実践頂きました。

高齢柴犬バックスくんの目の周りの黒ずみがほぼなくなったのです・・・

2012年11月30日

016

2013年元旦の写真(劇的回復)

Dsc_0026

痒がらなくなったバックスくん

ワンコの個体は人間より小さい

効果が早い

飼い主が与えたものでしか食べない

ワンコは素直

回復の早さは、このワンコ企画があっという間にTHE・END(笑)

そんな笑える企画となる

何よりも、バックスくんの4年間悪化を続けたアトピーが2カ月ほどで

治癒に向かっている

その喜びは、2012年元旦から新年のお慶び!!

吉報に歓喜した私と、飼い主さま

さ~

実際にあってみよう・・・

再会が楽しみまるまる元気!

2013年1月28日 (月曜日)

ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト③

ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト③

コンセプトは大切なので何度もすいません。

アトピーが発症すると注意が必要となる重要なこと!?

その三位一体とは?

176_2

<玄米正食>   

         一物全体、完全食、地球上で最もバランスとれた玄米

         中庸食であり、陰陽のバランスがよく日本のソウルフード

         その玄米を丸ごと消化吸収良く食べること。

         玄米は、食物繊維、ミネラル、ビタミン豊富に含まれる

         その玄米は、固い糠層で炊いても消化されにくい

         白米は、大切な栄養分の糠を取り除いた酸化した米

         玄米を丸ごと食すこと「まるまる元気」は、発芽玄米の全粒粉を

         使用し、柔らかく炊きあげた玄米ごはんをブレンド配合した

         ドライフードでありながら消化吸収に優れた特徴があります。

<発酵&酵素>

         発酵&酵素は最近は注目されていることで嬉しいかぎりです。

         発酵は酵素の宝庫であり、微生物が醸しだす分泌物の酵素

         新鮮な生野菜や果物や肉類やお魚

         酵素が無くなると死となり、生命活動が出来なくなります。

         発酵はアトピー改善に必要な項目です。

         毎日のごはんに酵素を積極的にとり込む意識が必要です。

         「まるまる元気プレーン」にすりおろし・刻んだ野菜や生肉を

         トッピングしてあげることで食物から酵素を摂取できます。

         加熱食だけでなく生命活動に必要な食物酵素を摂取して

         細胞の新陳代謝に必要な代謝酵素として重要です。

         発酵や酵素は現代ワンコに一番不足しています。

         この発酵に出会わなければアトピー改善の法則は成り立ちません。

         私達の生活環境は、発酵から遠ざかる一方です。

         殺菌・滅菌・除菌による発酵菌である善玉菌までも殺してしまう

         乳酸菌群を壊滅させ、善玉菌まで殺菌されていく現在

         塩素消毒によるお漬物殺菌!

         水道水を猛毒の塩素で消毒殺菌!

         過剰なうがいや手洗いや洗顔で皮膚常在菌が流されていく・・

         その常識がかえって悪化を招く

         ウイルス、インフルエンザ、病原菌によす感染症が蔓延

         善玉菌による発酵環境を作ることで改善に向かう

         発酵は食の発酵だけでなく、

         心の発酵・体の発酵・食の発酵があり

         発酵環境が整うことで、人もワンコも健康で元気で長生きする

         発酵なくしてアトピーの完治はありえない

         そう信じています。

<小食・空腹>

         現代病の癌は時の如く、病だれに口が三つで山と書く

         ようは食べ過ぎると癌になるという言葉で字

         飽食、過食の日本人

         インドヨガの聖者のことわざであるように

         「腹八分目で医者いらず」

         「腹六分で老い忘れ」

         「腹四分で神近し」

         野生の動物は病にかかると食べずにこもって自然治癒する。

         食べ過ぎ現象は、この30~40年くらい

         世界中の食材が集まり、お金をでせばたらふく食べられる

         暴飲暴食で起きた病の数々

         内臓機能の低下、免疫の低下、消化吸収がうまく出来ていない

         食べ過ぎると腸での消化吸収が鈍くなる・・・

         腸の働きが鈍ると代謝が悪くなり血流も悪くなり冷えが起こる

         ワンコも冷えると免疫が落ちていく

         病の原因は食べ過ぎからによることが大きい。 

         メタボや肥満や生活習慣病

         過剰に摂取する動物性タンパク質

         不自然な食べ物の蔓延による弊害

         ストレス食いや拒食など心の病と直結する食 

         ワンコは、飼い主が与えたものを食べる

         与え過ぎるおやつ

         ついつい甘やかしてしまう・・・

         一日二食のワンコが普通の時代

         さらにおやつを与え過ぎて、運動不足でメタボで生活習慣病

         アトピーや癌を発症

         本来の一日二食ならばクリアーされる小食・空腹

                    ワンコも運動不足や高齢化で一日一食でも健康維持も可能

         一食になるがゆえに質が重要となります。

         与える飼い主が問われる

上記の3つの大切なキーワード「三位一体」でもってアトピーを改善し治す!

001_4

それがメルシーフード研究所の柱であります。

違和感があったり、自分のワンコには合わない?と感じる場合は

辞めて下さいね!

必ず、自分なりのご縁のある解決方法が見つかるはずです。

大切なコンセプトです。

 

 

2013年1月24日 (木曜日)

私のアトピー人生①

001

ワンコとは関係がない話ですが・・・

私個人的な体験を触れさせていただきます

私は、生まれて赤ちゃんの頃から「よだれ」が出なく母は不思議に

思っていたようです。赤ちゃんにとっての「よだれ」はとっても重要

排泄、排出、毒出しのデトックスです。

内の毒素を吐き出す力が弱いと、毒素が体内を駆け巡り、

あらゆる病の根源となっていきます。

アトピー人生の始まりは生まれた時から始まっていいたようです。

私は、1700gの未熟児で約8カ月の早産。当時の医学では100%

助からないと医者から宣告された若き両親は、せめて名前だけでも

付けようと、愛媛の石鎚山神社で名前を頂き、

健康に生きられるようにと願いを込めたようです。

病弱で弱いカラダは、小学校2年で肺炎をこじらせ喘息となりました。

その後10年間は毎夜に喘息の発作で何度も目を白黒させ、幻覚症状も

起こっていました。田舎の家を一軒建てられるほど様々な民間治療と病院

にかかりました。

高校を卒業し、大阪の調理師学校に通う頃から喘息が収まり、

その代わりにアトピーが発症がはじまりました。

それから今日まで、時折の喘息発作とアトピーとの共同生活となりました。

調理の仕事は水仕事ですが、水が合わず手は荒れ、爪はガダガダに

波を打ち、指先から腕に向かって悪化していました。

夏場に手袋をしたり、毛穴から膿が

出てきたり、大好きな調理を断念し、何度も職場を変えたものです。

しかし、不思議と食に関わる仕事に戻ってくるので、本当に好きな

仕事なんだなと実感しています。手袋をしてよく仕事をしていました。

グアムでの日本食レストランでの調理で働いた時も悪化が起こり、

手のひらが化膿して食材が触れない・・・

帰国を覚悟するもステロイド剤で抑え込んでいました。

医者からも副作用(ムーンフェイス)が出ると警告を受けていました。

グアムでの仕事で、当時の嫁さんに手が使えないのでカラダを洗って

もらうこともありました・・。

その後は、職場に迷惑をかけないには自分でお店をやることしかない

と思いお店を開業しました。しかし、そこで地獄のアトピーの発症が

起こったのです。

今でも思い出すと涙が込み上げてくるのですが、偏食とストレスと

体質とが原因で重度化。大好きな脂っこいステーキを食してから異変

がおこり、首まわりから始まり全身が赤く痒みが起こり、

むくみが出てこれまでに無い異常な酸化が起り、カラダの細胞が

悲鳴をあげた瞬間でした。

今でも大好きお肉(汗)

その治療方法は、漢方での毒出し。

そのデトックスは想像を絶する地獄の始まり。

当時コレステロール値360、

不整脈、脂肪肝もありドロドロの血であったのでした。

信頼できる漢方医のアドバイスでの治療です。

「現在はこの治療はやっていません」その周囲の家族、親族、

本人が耐えられなく、クレームとなっていったようです。

お店を始めて1年目で起こったアトピーとの合併症が発症し、

お客様は激減、従業員も辞め、妹も泣き崩れ、母は、半狂乱。

毒出しは顔面の皮膚が割れ、膿が出て、耳たぶはずっと膿で塗れた状態。

指先はどす黒い血がデコボコ固まり、

全身の毛穴からゆっくりと膿が出てくる状態。

1ヵ月目で布団の裏側が塗れていることに気が付いたら、

どす黒い膿が溜まっていて塗らすほどでした。

当時は昼は明かりを遮断し、

夜はお店で顔が見えないように薄暗くしお客さまに近づかない。

そんなお店は生きたくないですよね!

近所で私の異変が噂になっていました。

約1ヵ月で10キロ体重が落ち、筋肉もそげ落ちてその姿は、

人間はこんなになるんだ・・と(涙)

毒出しの恐怖を和らげるために「顔を叩く」という自虐を

いつしか始め、

叩くことで心が少しばかり落ち着く半年くらいは止められなかったのです。

でもお肌はボロボロ、あげくに眼球に影響がおこり突然目の前が濁り、

見えなくなっていきました。

アレルギー性白内障で、顔を叩く振動で網膜がやられ、

ステロイドの副作用も重なり両目を開けたままメスを入れ手術をしました。

その後も再発し、2回目はレーザー治療で日帰り治療でホットしました。

漢方での膿出しは半年間。

その後は傷んだ皮膚の改善を時間をかけて修復する。

赤ら顔は1年位で回復、約2年位で腕や首周りは正常になりました。

しかし、その10年後に2度目の地獄が襲ってくるとは・・・。

仕事のストレス、食生活、環境の変化、離婚、借金、といくつもの要因があり

2回目は、漢方医、お医者さんも原因が分からない!と言われてから、

自力で治さないといけないと覚悟を決めたのです。       

消毒液で除菌を試したら髪の毛は抜け、悪化し、外出はできない生活が

数カ月・・

買い物も夜に人の少ない時間にまとめ買い。

帽子を深くかぶり顔を見られないことを祈り、ひたすら自己治癒を

徹底的に検証し、4か月は誰とも会わずに改善をめざしました。

食の大切さ、冷えの解消、ストレスの軽減、食べ過ぎ、仕事の取り組み方

血の汚れ、腸ない環境、考え方、様々な要因があることに気が付き始めた

一歩でした。

約半年で回復に向かい、昼までも外出できる喜びをこころから感謝。

この頃から、感謝という気持ちが湧きあがってきました。

この経験を生かし

世の中のためにお役に立てたいと思うようになりました。

しかし、2011年秋ころから、腕の関節当たりからアトピーが悪化。

原因が不明・・・。でもそれは免疫の低下によるもの。

仕事のストレスと人間関係によって起こったアトピーは、

次なるいい学びと経験とによって、さらにアトピー改善に必要な

天然乳酸菌とのご縁によって完成致しました。

よって、自分なりのアトピー治療の礎となる3つの方法が

見つかりました。

過去の地獄の経験を通し、増え続けるアトピーの同志達のお役に

一歩は勇気が必要です。自分のカラダは自分で治す。

他人は治してくれません。

アトピーは食、生活習慣、発酵環境(心と食)をしっかりと見直す

大切なシグナルです。

必ずご自身に合った改善方法があります。自分を知り、

自分と会話し、自分を高めていく必要があります。

決して即効性がある訳ではなく、どちらかといえば遅行性であり

時間がかかります。

焦らず、腐らず、自分と向き合って本来の健康な体とお肌を

取り戻しましょう!

何かひとつでもお役に立てられると幸いです。

改善しても油断すると一日で悪化します。日頃の積み重ねは大切です。

食の大切さ、冷えの解消、ストレスの軽減、食べ過ぎ、仕事の取り組み方

血の汚れ、腸ない環境、考え方、様々な要因があることに気が付き始めた

一歩でした。

油断すると一日で悪化します。日頃の積み重ねは大切です。

アトピー壮絶体験は、自分を知る大切な学びでした。

油断はいけません。

人もぺットの健康を心から願っています。

                                                        ,

018

          

                            感謝

                

                    メルシーフード研究所

2013年1月21日 (月曜日)

ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト②

ワンコのアトピー改善ごはんのコンセプト②

基本は三位一体

001_3

玄米正食ー発酵&酵素ー小食・空腹

その意味においては、私の実体験から来る法則

健康なバランスのいい状態であれば何を食べても平気

美味しく感謝してたべているだけで細胞も大喜び!

但し、病の発症となると改善や治療が必要です。

放置すると苦しみが増していきます

とくにアトピーは簡単に治りません・・

デタラメな偏食によって起きるツケは測り知れない辛い

その原因を知り、自分と向き合う時でもあります

放置して完治するのならそれでありがたい

でも、アトピーは痒みと共に皮膚が悲鳴を上げ悪化に向かう

私は、過去の経験で30年も患ったアトピーやゼンソク

その原因のほとんどが毎日食べる食事

自分なりに気をつけていたつもり?

薬に頼ったり、様々な治療を試したりで思考錯誤

10年以上前に起きた重度のアトピー症状はいまでも涙する・・

その後3年前にも再悪化・・・

自分なりの改善を試し回復

でも

2011年秋から再発・・・

部分的でありますが悪化し、焦りと不安とで困惑の日々

そして、2012年には自分が食べている食品と痒みの因果関係

総点検したのです。

そこで見えてきたアトピーを治すメソッドを自分流にまとめました。

それが三位一体

私がペットフード研究開発と関わって3年が過ぎ

行きついた答え

それは、人もペットも同じ

腸の長さや歯の違いや消化酵素の違いはあれど

基本的には同じ

人の残りごはんを食してきたワンコ

国は違い、食べてきた食品は異なるけれども

その食においては基本は人間の食べた残飯整理

ゴミを出さない

地球を汚さない相互関係

人があって、ワンコなどペットがあり

家庭でもワンコが優先では、かえってワンコの立場も辛い

ワンコのアトピー改善ごはんは、全てのワンコに合うものではなく

犬種、洋犬、日本犬、雑種、これまで食べてきた食や環境や

消化酵素の違いによって異なるのです

ワンコの体質改善をサポートのお役にたてられることを願います。

005_3

あくまでも、参考事例は、日本犬で柴犬

昔からお米を中心に穀物や野菜や豆やきのこや海藻を軸に

食事をしてきたワンコにおける食事法です。

004_5

そのことを踏まえてうえで、飼い主が自己責任でもって判断する

全てに当てはまらない

完全はない

100匹100通りの食事法があり

アトピーの改善や治す方法も限りなく存在するはず

008_2

これもご縁です

参考になるだけで幸いです。

003_3

2013年1月16日 (水曜日)

ワンコのアトピー改善ごはんコンセプト① 

ワンコの手作り簡単ごはん作りの前に・・・ 

メルシーフード研究所のコンセプトを知った上でお試しください。

この考え方は、獣医さんや栄養士さんから勧められたものではありません。

私の過去の体験を基に作り上げたコンセプトです。

ご了承願います。

その基本の食材が「まるまる元気プレーン」を使う。

001_7

又は、玄米ごはんを使用しても構いません。

白米であれば、入り糠を振りかけたり、胚芽米で対応も可能です。

まるまる元気は、発芽玄米シリアルです。

028

おやつや、常備食としても最適です。

毎日ごはんにすることも可能です。

一般でいわれる総合栄養食品ではありません。

「まるまる元気プレーン」だけを毎日与えるのはバランスが崩れます。

2食に1回とか、

忙しい日に与えるとかです。

野菜や豆(肉・魚)やきのこや海藻などバランスが必要です。

その利用方法は、飼い主の判断に委ねてゆるゆるな発想です。

手作りごはんに慣れていないワンコはドライフードとして利用することも出来ます。

ワンコの食べる状況によって対応することが重要で

柔軟に、頭でっかちにならずにアトピー改善を目指してください。

ワンコの体質改善のサポートが出来ると幸いです。

3大アレルギーの「小麦」「乳」「卵」は使用していません。

ワンコのアトピーを改善し治すメソッドとは?

その法則は三位一体

私の過去の壮絶な重度のアトピーからの脱出

玄米正食ー発酵&酵素ー小食・空腹

この3つが大事なキーワード

001_8

  001

健康なワンコであればそのままで構わないのですが、

いざアトピーが発症するとそうはいかない・・・

日々実践し、出来るだけ簡単に作るのがテーマ

手間がかかると続かないのが現実。

飼い主のライフスタイルに合わせたワンコごはん作り

自分のごはん作りだけで精一杯な日々の暮らしの飼い主

多忙な生活でいかに簡単に作れる方法が求められる

ちょっとした工夫で、苦手と思っていた手作りワンコごはんが

簡単に出来る方法と愛のひと手間

アトピーで苦しむ愛する我が子のワンコ

ずっと市販のドライフードだけで与えていた毎日ごはん

ドライフードが悪いのではなく、その偏りが問題

粗悪なドライフードは論外ですが、

今やワンコの健康のために作られたドライフードもたくさんあるようです。

簡単で便利で値段も安い・・・

飼い主にとって総合栄養食という願ってもないドライフード

その一方で、増え続けるワンコの病

自分のライフスタイルに合わせたアトピーワンコの改善ごはん作り

人もペットも食事は大切な健康方法

そして、食べることは楽しみ

ワンコだって毎日同じものを食べ続けるのは苦痛かもしれない

人が食べた残飯を掃除してくれるのが本来のワンコの歴史

それだけに飼い主の日頃の食事が問われる

ばっかり食べを続けると確実に栄養バランスを崩す

ワンコも同じ

飼い主の意識の変化が求められる

アトピーになったワンコからのメッセージを受け取る

心を通じ合わせる

人間と同じ食材を食することで分かりあえる心の絆

091

106

偏った食事

バランスを崩した食事を続けていると、いつかは訪れる病

アトピーの場合は、腸の改善が第一

第二の脳といわれる腸のトラブルが大きな原因となる

食べた食事によって血液を汚す

腸で作られる血液が汚れていると全身に巡る

血をキレイにすることは重要

腸と皮膚は繋がっていて、腸内の細胞が痛み傷つき腸内が腐敗環境

になり慢性化するとお肌のトラブルとなり、重症化するとアトピーの

発症に繋がる・・

腸内が発酵環境になることでキレイな血が作られていく。

発酵は大切な免疫アップ効果となり

発酵食や発酵環境は何より重要

008

殺菌・滅菌・除菌で悪者扱いの菌のみなさま

微生物さんは私達を守ってくれている

善玉菌優位の発酵環境を腸に皮膚に必要であります。

004_3

毎日口に入れる食べ物がワンコのカラダを作る

アトピーの痒みで苦しむワンコを救うには、

飼い主の食事法の見直しが必要となる。

病気でなければそのままでいいかもしれないですが・・・

メタボ、生活習慣病、癌、アトピーなど発症してからの改善は大変

お医者さんにかかればお金もかかるし、

お薬や特別なドライフードを与えてもよくならない

飼い主もワンコと同様に苦悩する・・・

人もペットも大事なのは食事

一昔前は、人の残り物を与えていて健康だった

アトピーなんて聞いたこともなかった時代

偏ったバランスの欠いた食事をこの機会に見直すことが重要

なので、

簡単に作れて健康で元気でお肌や毛ツヤのいいワンコに戻る

ほんの少しの時間で出来る

約5分で出来る!

009

私達飼い主が食べている残り物で簡単に作る

168_2

医食同源

人もペットも同じ病を抱える時代

飼い主と同じ病が起きている時代

毎日の食事を大切にすることが求められている

健康で元気なワンコを取り戻しましょうね!

少しでもお役に立てられると幸いです。

まるまる元気

005_3 

簡単!ワンコのアトピー改善ごはん

ご興味があればお試しくださいね~

ゆるゆるでいいのです

続けることが大事です。

人と同じ食材を食べる!

それこそ心が通じ合う大切な一歩かもしれません。

まるまる元気

006

2013年1月 8日 (火曜日)

アトピーワンコ高齢柴犬ジロくん通信①

カクタハウスの2匹の重度のアトピーワンコ

バックスくんはご紹介済み。

023_3

もう一匹の高齢柴犬ジロくんをご紹介

018

ジロくんは豆柴!?

と思いきやそうではなくて、目の周りが黒いバックスくんより小さい・・・

そして骨格が歪んでいる・・・

その原因は、小さいときにあるようです。

ジロくんがカクタハウスに来たのは2年前

飼い主のご主人の両親夫婦のお父様が亡くなってからやってきたジロくん

体が小さい理由は、ご説明によると産まれてから体が弱く、

腸が弱かったようです。

当時の獣医さんによって、指導の基に絶食療法を幼少期に行い

育ち盛りにもかかわらず食べていない事が原因らしい・・・

なので、骨格が出来る前に行った断食療法によって

背骨が曲がり、歯や骨格に影響が出たようです。

立ち姿がぎこちない・・・

骨格のゆがみによるのです。

          <ジロくんの紹介>

①ジロくんも高齢犬で15歳(2012年11月30日現在)

 豆柴ではなく骨格の成長期間に断食療法で歪んだ骨の影響で

 歩き方がぎこちない。

②ジロくんは何でも食べるワンコ

 体は小さくても、バックスくんと同じくらい食欲あるワンコです。

 「まるまる元気プレーン」をお湯で戻して与えています。

 初対面の私にすり寄ってきてくれて人懐こさはバックスくんと同じです。

③アトピーの発症は、2012年10月頃からシッポの周りを痒がり始めた

 その後に毛が抜けはじめてジクジクして赤くなり痒みが悪化・・・

015

④ジロくんは、アトピーの発症はこれまで皆無

 この1ヵ月での変化を私は確認!?

 それは、ちょうどそのころにカクタハウスの奥さまが長期不在と重なる

 心の問題?ストレス?

 日頃はお家にいる奥さまが突然留守になることで孤独感?

 もしくは、置いて行かれた?そんな心の不安定があるのではないか?

 その事を伺うと、ご主人もその可能性がある・・・

 注:離婚したとかではありませんからね~(笑)素敵ななかのよいお二人です。

⑤ジロくんは11月から「まるまる元気プレーン」を食べ始めました。

001

 自家製のヨモギ乳酸菌豆乳ヨーグルトも食べます(バックスくんは飽きたようです)

005

 飲み水に「ヨモギ乳酸菌液」をシュッシュして飲ませています。

004

⑥2週間に1回は、ヨモギ乳酸菌入りのお風呂に入っています。

 人が入った残り湯を利用です。

006

以上が11月30日のジロくんです

アトピー改善に向けて応援お願いいたします。

まるまる

008

«アトピーワンコ高齢柴犬バックスくん通信①